Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,500

¥ 120の割引 (7%)

ポイント : 300pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[矢野 和男]のデータの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

データの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 Kindle版

5つ星のうち 4.3 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1,119

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

人間行動の法則性が、ここまで明らかになった! 時間の使い方・組織運営・経済現象など、人間と社会に関する認識を根底からくつがえす科学的新事実。科学としての確立と現場での応用が同時進行し、世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

日立製作所中央研究所で2006年に開発されたウエアラブルセンサ「ビジネス顕微鏡」による人間行動の研究が、
いま、人間・組織・社会の理解を根本から変えようとしている。
著者自身を含め、これまでのべ100万人日以上の行動を計測、その身体活動、位置情報、
センサを付けている人どうしの面会などを記録した「ヒューマンビッグデータ」が、
人間や社会に普遍的に見られる「法則」や「方程式」を次々と明らかにしているのである。
そのデータから明らかになる「法則」とはいかなるものか。
法則の理解は、私たちの生活や社会をどのように変えるのか。
世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!


《内容より》
人間の活動は、分子の熱運動と同じ法則に従っていた
人間活動の「効率」は、熱力学の「熱効率」の式で記述できる
人間は自由だからこそ、法則に従う
職場の生産性は、会話時の身体活動の活発さに左右される
従業員の幸福感が生産性向上につながることをセンサが証明する
開発遅延の少ない組織の「ソーシャルグラフ」には特徴がある
「知り合いの知り合い」を増やすことで組織統合を成功に導く新技術
購買行動を丸ごと測定する新技術で明らかになった「買いたくさせる要素」
大量のデータを解析し自動的に仮説を構築する人工知能「H」の誕生
「ビッグデータで儲ける3原則」とは何か?
人間の学習能力を人工知能が増幅させる「ヒューマン3.0」の時代へ

内容(「BOOK」データベースより)

人間の行動を支配する隠れた法則を、「方程式」に表す。ヒューマンビッグデータがそれを初めて可能にした!時間の使い方・組織運営・経済現象など、人間と社会に関する認識を根底からくつがえす科学的新事実。科学としての確立と現場での応用が同時進行し、世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5960 KB
  • 出版社: 草思社 (2014/7/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00NV5UJ34
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 2,144位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
人間活動のビックデータがウェアラブルセンサによって
収集され、日立の人工知能機械を使った解析により
人間活動が自然法則に従うことが明らかになった。

今話題のビックデータ、AI、IT、センサ技術を
組み合わせることで、可能になった人間行動の解析。
初めの1章は、人間の行動が指数分布に従うことを
示しており、とても興味深かった。
この章は自分の1日の行動を最適化するのに
とても有用である。

また3章における1/Tの法則も実際に肌感覚に
あっており、うなずきながら読んだ。
ただしこの話はべき乗則と同じで、「自然は
かくのようにある」としか言っていない。
人と会わなければ会わないほどもっと
会いにくくなる。だったらどうすればいいの?

5章の新しい見えざる手はとても面白い。
簡単に言うとスーパーコンピューターが解く解の
因果関係は人間には直観的に理解できないので
コンピューターに任せなさいということだ。
ただしちゃんと従えば幸せになると。

ここまで複雑な計算になると、実は計算が実験をやっていることと
同じことになってしまうので、原因と結果
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本の内容は、
(ある特定の環境下における)社会現象や人間の行動を計測したら、大体は数式(法則)で表せた。その数式は、大体において、異なる環境でも、同じ数式になった。そこで他のことも法則を当てはめて、色々考えてみた。
という感じ。

面白いし役に立つ本。

前半は、実際の実験に基づいていて、後半は考察なのかな。後半は引用が多いかわりに、実証実験の結果っぽい記述が少ない気がする。

筆者の主張を鵜呑みにするのは、ちょっと注意かな。この人、すごいんだろうけど、かなり偏ってそう。

著者の考え方のベースが、数字で表せないものは科学じゃない、という感じ。物理や数字バンザーイみたいな気が。。^_^;
あと、いくつか、それってそういう意味だっけ? とか、前提とか定義が雑で、あれれ?って思う箇所があるのが気になった。思いが先走ったのかな。

だから評価は3にした。面白かったけど。

この手のアプローチは、人文社会科学の分野から見ると、待ち望んでたアプローチを、やっと技術が追いついて、できるようになった、というところだろう。

そういう意味では、発見は新しいし面白い。考え方は独創性はなく普通。そして、改めて明らかにされた事実は面白い
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実に驚くべき本です.
発端は,ウェアラブル加速度センサーで著者自身の左腕の動きを1秒間に数十回,何年にも渡って記録していったこと.それを複数の人,さらに人と人との相互作用の計測に広げていった結果わかってきたこととは?

「人間活動は熱力学の法則にしたがうから,時間を自分で自由には使えない」
「幸せは加速度センサーで測れる」
一見,荒唐無稽にも聞こえるような話が次々と飛び出してきます.そして,このような内容には反射的に反感を覚える人もいるのではないかと思います.しかし,著者は自分の仮説から出発して,それを正当化する都合のいいデータを選んで見せているのではありません.これらは,「データがそう言っているので,そう考えざるを得ない」といった形で帰納的に発見されているのです.それゆえ,私は高い説得力を持っていると感じます.

本書の後半では,これらの知見をもとに,データから仮説を作り出す新種の人工知能を開発し,そのアドバイスをもとに意外な施策で企業の業績改善をもたらした実証例が紹介されています.結局は自社のシステムやサービスの宣伝をしているだけではないかといった見方もありうると思いますし,実際のところ,そういった役割も期待されている本だとは思います.しかし,著者はそういった小さなスケールで物事を考えているのではないらしいと
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これを読むと確かに可能性は感じる。人間の活性度が普遍的な法則を持っていること。
それがハピネスの度合いや業績に関連し更には人に伝播していくことなど意外と多様な関連性がある。

このことから、ならいっそこういった活性をあるひとつの計測指標としてしまえば、いままで計測できなかった(というか言葉にならないから議論も出ない)領域でも計測できるのではないか?ひいては今まで「便宜上正しいもの」として扱ってきた他の指標(つまりは固定観念)から抜け出せるのではないか?そしてそれは制御できるのではないかという可能性が本書最大の意義だと思う。

ほかのレビューでもあるが、筆者の例えや帰納的推論はわかりにくかったり根拠が弱かったりするのでスルー推奨。
もうちょっと現場の実験話やエピソード中心に話をまとめて欲しかった。売場の実験で何故かその場に人がいるだけで売り上げが15%も上がった話(そして誰もその理由を説明できない)とかかなり面白かっただけに残念。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover