Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 780
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鈴木 傾城]のデリヘル嬢と会う2: 暗部に生きる女たちのカレイドスコープ
Kindle App Ad

デリヘル嬢と会う2: 暗部に生きる女たちのカレイドスコープ Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2018/4/23
¥ 780

最大8.5%ポイントアップキャンペーンに事前エントリー
2018/5/31 18時からポイントアップキャンペーン実施 Amazonのすべての商品が最大で8.5%のポイントアップ。タイムセール商品も対象。(一部除く) 事前エントリーする

商品の説明

内容紹介

 前著『デリヘル嬢と会う(彼女は、あなたのよく知っている人かも知れない)』を出したのは2017年だが、その後も多くのデリヘル嬢と会った。そして、話を聞き続けてきた。
 前回、「デリヘル嬢と言っても、様々なタイプがいる」と書いたが、この日本女性の多様性は本当に万華鏡(カレイドスコープ)をのぞいているような気持ちになる。
 絵に描いたような「社会のどん底」に生きている荒んだ女性もいれば、表社会と裏社会、昼と夜、普通と異質を行き来しながら生きている女性もいる。家庭を持っている女性もいれば、流れ者の女性もいる。自分を見失っている女性もいれば、自分の性的嗜好をきちんと把握して、その「好きな世界」で生きている女性もいる。男に好かれるタイプの女性もいれば、そうでない女性もいる。
 アンダーグラウンドで働く多くのデリヘル嬢と会い続けて見えてくるのはそのめくるめく多彩性だ。彼女たちに会って人生や考え方を聞くたびに驚くしかなかった。同じセックス産業と言っても、東南アジアの売春地帯とはまるで違う世界がそこに広がっていたし、その人生観もひとつではなかった。女性たちはみんな違っていた。それほど日本のアンダーグラウンドの世界は多様だったのだ。
 そんな女たちをさらに掘り下げて書いたのが本書だ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1048 KB
  • 紙の本の長さ: 190 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07CLRWR4Y
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,519位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク