中古品
¥ 518
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、きれいな状態の商品です。※破れはなく良好です。商品によっては多少の書き込みや線引きがございます。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

デューデリジェンスのプロが教える 企業分析力養成講座 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/9

5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 260
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「企業の価値」といわれて多くの人の頭に浮かぶのは、「株価=時価総額」だろう。しかし、M&Aの現場では時価総額は参考程度にしかならない。プロが見るのは、組織体系・オペレーション・事業戦略などの「目に見えない」企業の本質である。企業価値の本質を見抜くこの作業を、M&Aの現場では「デューデリジェンス」と呼ぶ。

この本は、デューデリジェンスの実務のエッセンスを、一般のビジネスマンや投資家向けにわかりやすくまとめたものである。

本書では、企業分析の面白さをわかりやすく伝えるために、馴染みのある次の9社をとりあげた。

1 スターバックス
2 三菱地所
3 創通
4 ビックカメラ
5 GABA
6 JR東日本
7 横浜銀行
8 ミクシィ
9 任天堂

これらの企業を、デューデリジェンスの実践において役立つ「9つの視点」から分析している。たとえば、スターバックスであれば同社の「収益構造」という視点であり、JR東日本であれば「社会動向」、任天堂であれば「資本政策」である。

本書を一読すれば、「企業分析」が会計やファイナンスといった分野とはまた別の、独立した哲学と重要性をもつ世界であることがわかるだろう。そしてその知識は、これからのあなたのビジネスや投資のレベルを本質的に高めるものになるはずだ。

著者からのコメント

タイトルは平凡です。
しかし、中身は、濃い。

徹底的に本質を見つめ、誰でもわかるように体系だて、隅々の表現までこだわり、さらに最後の1ページまで楽しんでもらえるよう、文章に工夫を凝らしました。
結果、企画から完成まで3年の月日がかかってしまいましたが、その分、完成度も高い自信作です。
投資家だけでなく、ビジネスパーソンなら誰でも知的満足を得られる内容に仕上がっています。

私は事業開始前の小さなセミナー時代から、約10年、投資教育に関わってきましたが、そこでわかった投資で成功するコツは、たった一つだと思います。

それは、「自分が納得するまで調べること」。

ただそれだけです。

でもそれが普通の人にはできない。
時間がないからではありません。何を調べればいいかを「知らないから」です。
だからこの本では、一体、企業の何をみれば、投資判断ができるのか? を書きました。
普通の人が見過ごしている視点、一見すると良い会社も実は死角があること、一見、悪そうに見えても実は着目すべき点があること、そういった視点・切り口を網羅し、誰にでもわかりやすく咀嚼して説明しています。

そして極めつけのプレゼントとして、この本には、なんと時価10,000円相当の銘柄分析レポートのダウンロード特典が付いてきます!
本に書いてある「キーワード」を入力することで、300社の中から選ばれたある有望企業の詳細な分析レポートが手に入ります。

てんこもりの企画ですが、本当におすすめですので、ぜひお楽しみくださいませ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2008/10/9)
  • ISBN-10: 4534044496
  • ISBN-13: 978-4534044495
  • 発売日: 2008/10/9
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書のタイトルは「企業分析力養成講座」となっているのが、企業分析に必要なスキルを身につけるためのテクニックの関する記載はあまりない。
むしろ、多くの人が興味のありそうな会社について、著者なりの分析を行っているものである。
その分析についても、特段真新しいような視点からの分析はなかったように思える。読み物としては楽しめるかもしれないが、本書で「企業分析力」を身につけるのは厳しいか。
特に私のように普段から企業分析を行っているような人にとっては、本書からはあまり吸収出来るものはなかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最初に企業分析の視点を明示し、各視点ごとにそれぞれ個別の事例(企業)を取り上げているという構成は新鮮味があり面白いと思いました。
ただ、分析の視点そのものは、企業分析や経営戦略等に関する数多の書籍で見受けられるものと大きな相違はないものと感じました(マトリクス化もやや強引かなという印象を受けましたが・・・)。
また、本書の冒頭でデューデリジェンスからバリュエーションへの展開について触れられていたため、M&A実務における両者の関係を個別の事例(体験談)を取り上げながら深堀りしていく内容かなという期待を持っていましたが、あくまで企業分析に関する一般論的な内容であったことが個人的には少し残念でした。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・事業会社の財務企画から、金融機関の調査部門へ転身する者です。
 
 本書はあくまでも、読み物、として書かれています。なので、
 ファイナンスになじみのない人が第1歩として読むのに適していそうです。
 
 ただ、私にとって興味深かったのは・・・、
 各ページで示されるパワーポイントの器用さだと思います。
 分析手法、フレームワーク自体は奇をてらったものではないにせよ、
 複数のフレームを重層的に使って分析を進めてゆきます。
 
 しかし、職人的な分析をやる人は、
 しばしば、「言いたいことだらけでビジーな資料」を作ってしまいます。
 そこに来ると、著者は、図+一行メッセージの原則で、データとシンプルなメッセージの構成で、
 わかりやすく、力強い資料を作ります。作り手がクリアでないとできません。
 (#バリューチェーン分析を財務の観点から見せてみたり、ちょっとした見栄えです)
 
 ちょっと参考にしたい資料の見本に、あと、資料作りで自分が混乱していないか?
 セルフチェックのために目を洗う本としても。

あと、あくまで読み物なので電車の往復2,3日で読みきれます。そこも良い。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前著の「なぜか日本人が知らなかった新しい株の本」もそうだったが、本著も山口氏の独特でわかりやすい文体で「会社の本質」を見抜くためのポイントが書かれています。

「バリューダイナミズム」とよばれる9つの領域で表すフレームワークは、多くの株式投資家にとって役立つツールのひとつだと思います。
実際の企業9社を例に分析事例がまとめられており、その明解な方法論は毎回 企業を分析する切り口が軸振れしてしまう初心者投資家にとっては良い参考書になると思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本では、様々な企業の具体例を通じて、その企業がファインナンスの観点から見て、よいパフォーマンスを出している企業なのか、(株が)割高なのかといったことが学べます。

ファイナンスを勉強するなら、無味乾燥な教科書だけでなく、こういう具体例を取り扱う本を読むと、教科書的な本の行間が埋められるでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
会計やファイナンス理論の基礎(キャッシュフローや、WACCなど)を
知っていれば、さくさく読めます。
そうした理論、概念を実地に使っているところがこの本の良いところです。

9つの企業が取り上げられています。
それぞれの企業は、
社会情勢であったり、マクロ経済であったり、
その企業が属する業界の競争状況であったり、
固有の性質を持つことが、企業のバリューチェーンや、財務の体質によって、
分かり易く示されています。

出版から時間が経って、さすがに古びたところもありますが
(たとえば、ミクシィ社の分析に1章を割いています)、
とても興味をもって読み進みました。

逆にいえば、時間が経ち、様々な環境に変化が起きたけれども、
著者の『読み』は当たっていたのか、当たっていないとしたら、
何がその原因なのか、考えることができます。
読みながら、あれこれ自分で考えてみたのが面白かったですね。

蛇足かもしれませんが、「分かり易さ」も、この本の魅力の一端を担っています。
図解が分かり易いのです。
このあたり、ビジネスコンサルタントの著者の面目躍如というところでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー