Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 630

¥ 50の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[成田 良悟]のデュラララ!! (電撃文庫)
Kindle App Ad

デュラララ!! (電撃文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] デュラララ!!(電撃文庫)の18の第1巻

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 630
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

「楽しみだなあ。楽しみだなあ。楽しみだなあ。この街は俺の知らない事がまだまだまだまだ溢れ、生まれ、消えていく。これだから人間の集まる街は離れられない! 人、ラブ! 俺は人間が好きだ! 愛してる!」 東京・池袋。そこにはキレた奴らが集う。非日常に憧れる少年、喧嘩上等のチンピラ、ストーカーもどきの電波娘、趣味で情報屋を営む青年、ヤバイ患者専門の闇医者、魔物に魅せられた高校生、そして漆黒のバイクを駆る“首なしライダー”。 そんな彼らが繰り広げる物語は痛快な程マトモじゃない。だが、彼らは歪んでいるけれども――恋だってするのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

東京・池袋。そこにはキレた奴らが集う。非日常に憧れる少年、喧嘩上等のチンピラ、ストーカーもどきの電波娘、趣味で情報屋を営む青年、ヤバイ患者専門の闇医者、魔物に魅せられた高校生、そして漆黒のバイクを駆る“首なし(デュラハン)ライダー”。そんな彼らが繰り広げる物語は痛快な程マトモじゃない。だが、彼らは歪んでいるけれども―恋だってするのだ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 9748 KB
  • 紙の本の長さ: 222 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014/10/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O4QK3IU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 27,595位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
文章レベル・表現力は平均点。ラノベに馴染みがない人は気になる箇所がいくつか出ると思います。個人的にはそれよりも、一巻あたりに見られる「妙なおしゃれ感」に抵抗があったのですが、徐々にそういう面は見られなくなり良かったと思います。
この作家さんは、手塚治虫氏の作品ようにキャラを立てるよりストーリーを重視する方のようで、主人公は首なし(デュラハン)の女性のセルティですが、火の鳥ほどではないにしても話として必要な部分にしか登場しないので、誰が主人公なのか読み手としては判読しづらい感じです。もっとも主人公が誰であっても作品として面白ければ問題ないですし、ストーリー重視であっても、登場するキャラクターは魅力的なものもありました。セルティは首が無くても可愛らしい女性でしたし、その闇医者の彼氏さんやお父さんもユニークで楽しかったです。一方、こちらが主人公なのでは?と思うほど登場回数の多い帝人という少年には、どこか気持ち悪さを感じてしまい、馴染むことが出来ませんでした。
池袋の裏世界が舞台で、カラーギャングの抗争なども大きく扱われ、そういった子供たちが池袋を支配しているというのも、どうにも幼稚な思考を感じさせてしまいます。
その辺に馴染むことが出来れば★四つにしたのですが、自分的に最後まで内容・題材の幼稚さをぬぐえなく★三つにしました。
ただ、きちっと作品を完結させたのは(ラノベとしては)立派ですし、内容さえ合えば読めない作者さんではないので、他の作品も読んでみたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
群雄モノの一巻目って各キャラの紹介だけで終わってしまうことが多いけど、この本は各キャラごとに小さな物語を作り、伏線をはってキッチリと最後に話をまとめている。一巻目としては上々の出来じゃないでしょうか。

言葉遊びも、あざとさがない程度なので好感が持てる。萌えを求めている人には少し合わないかも。

なので、試しに一巻だけ読んでみて、それから判断してみてもいいと思える作品。

アニメも観ているが、この作品、小説とアニメで別の楽しみ方ができる結構稀なタイプだと個人的に思った。小説が気に入った方はアニメ、アニメが気に入った方は小説をと、両方を楽しんでみても損はないと思いますよ。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まさに歪んでいます。

日常か、非日常か―

いろんな物語がポンポンと登場して、
最後にすべてがつながる…
といった感じでしょうか。

内容はあんなに黒かったのに
さわやかな読後感、たまりません。

個性あふれるキャラクターはみんな
独特な「世界観」を醸し出しています。
歪んだ恋、歪んだ日常、歪んだ世界
いろんな「歪んだ」が交差しています。

キャラが濃いせいか、どのキャラも頭に残ります。
これはすごい!
こんなにたくさんのキャラがどんどんと生産されているのにもかかわらず、
どのキャラクターも頭に残っているのはこの作品が初めてでした。

BACCANO!もたくさんのキャラが登場しておもしろかったのですが、
この作品は「現代」の世界ということで
また前作とは違った世界観を堪能することができました。

1月にはアニメ化もされるそうで。おめでとうございます!

これは是非お勧めしたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
池袋を舞台にした群像劇。
登場キャラクターが多く、序盤に新しい人物名称が一気に出てくるため混乱してしまい、読むのがつらかったです。
名前を特徴のあるものにして印象を強くし読者の混乱を避けようとしたのだろうが、キャラクター象が半分ほど読まないとわかりづらいせいで、名前と結びつける対象のキャラを頭の中で見つけるのに一苦労でした。
ただ、キャラクターの個性はしっかりとしている。
なのにこのような事態になってしまうのは、こういう物語はどうしても個々のキャラクターに興味を持たせるのに時間がかかるのだろうと、自分の中で納得しました。
キャラクターを理解した後の中盤以降の展開の広がり方はとても素晴らしい、群像劇ならではの物語上に存在する世界が立体的に、とてもリアルにイメージできました。
『このページを読んでいる間にも、見えない所で物語は動いている!』という興奮に先の展開が気になり、どんどんページをめくってしまいました。
終盤の疾走感と集束のしかたは読んでいてとても気持ちいい。
ちょっと残念だったのは、主人公の行動理由にあまり必然性を感じなかったことでしょうか。
ただ単に私が感情移入できなかっただけかもしれません。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover