中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デュラララ!!×4 (電撃文庫) 文庫 – 2008/3/10

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 1
文庫, 2008/3/10
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「数年前から目撃されている黒バイクというのは、貴方の事で宜しいんでしょうか?何の目的でこんな危険なバイクで街を走行しているんですか?犯罪を犯しているという意識はあるんですか?」東京・池袋。そこには様々な火種とそれに振り回される人種が集う。池袋の都市伝説を放送するテレビ局、服装と特性がバラバラの奇妙な双子の新入生、兄とは正反対の有名アイドル、ダラーズの先輩に憧れる少年、果ては殺し屋に殺人鬼、そして一千万の賞金が懸かった“首なしライダー”。そんな彼らが過ごす賑やかな池袋の休日は、今日も平和なのだろうか―。


登録情報

  • 文庫: 392ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2008/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840241864
  • ISBN-13: 978-4840241861
  • 発売日: 2008/3/10
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 517,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
今後のストーリーに繋ぐ巻という感じですね
一気に登場人物が増えてにぎやかになった感じです
ですが時間軸がごちゃ混ぜになってるせいでいまいちストーリー展開がつかめませんでした…;;
できれば「○月×日◎時▽分...」というように具体的な数字で表してほしかったです…
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mariko 投稿日 2010/10/20
形式: 文庫
私はずっとアニメの方を見ていたので、(今はもう1〜5巻まで)読み終わったけど)文庫の方は「アニメの方が3巻の所までで終えた感じだから、4巻からでいいか」と言う感じでこの4巻から読み進めました。

そのせいか、それまでの巻との違いもわからないので読みにくさとかは全然感じなかったし、「Baccano!」もアニメでみてたので、「」成田作品は全部こういう感じで奇想天外に、色んな時間軸を行ったり来たりで進のかなぁ・・・ でも十分構成的には面白いけど!!」と思って読み進められました。

いやぁ、それにしてもキャラが濃いい、濃いい・・ そして、臨也さん可愛い♪ あれだよね、勧善懲悪とかじゃなくって、完全なる悪役とか正義役とかじゃなくって、それぞれが各々の事情を抱えながら、ただ自らの望みに従って生きて、それが偶然?に重なり合うみたいな面白さって・・ とても魅力的なストーリーです!現実的で、でも濃いいキヤラが多いので、本当に面白いです。そこでこうきて終わるのか\\\\\\\\\\!
 ・・みたいな・・

シズちゃんの登場どころが相変わらずウケる(笑)。お決まりの台詞で・・・ いいですねぇ・・・ 悪役でも正義役でもない、何か全然蚊帳の外的存在なのに一番おいしい所だけちゃっかり しかも無意識に持ってくって・・・・ その天然っぷりも相変
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 今回から新たな章の幕開けという感じの内容で、今ままでの内容よりはあまりハラハラする感じがなかったですね。
新たな登場人物が多数登場するので、この先の展開がより広まりそうで、期待を持たせてくれます。
というかそういう終わり方をしています。
 ただ、登場人物が多いからというのもあるが、時系列がごちゃごちゃしてて、読んでて頭がパにクリました。
あれ?何でこんな状況なんだっけ?とページを戻り読み返すこともしばし・・・
だから、この巻を読むときは、時間に余裕のある時に一気に読破してしまうのは最良でしょう。
さらに言えば2回は読んだほうがいいかも。
 冒頭にも書いたように、今回は物語の序章のようなもので、あまり急な展開を見せてくれず、疾走感に欠けていたので、
星3つで。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
相変わらず
内容は最高です

新しい登場人物も
魅力的で

凄く面白かったです

ただ、
時系列が
行ったり来たりで
頭を整理しながら
読まないと戸惑うかも?

なので☆4で

内容は素晴らしいです!!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
池袋に姿を現した殺人鬼と殺人機械。
賞金首となり追いかけまわされるセルティー。
帝人の後輩と、双子の姉妹。
そしてバーテンダー服の男とその弟。

本来出会うはずもなく、そして本来起こりうるはずの事件は、たった一人の怪物によって
その流れを大きく変えて関係ない奴らまで巻き込み、
とある一日は街にとって楽しい休日となる。
人の思惑など完全に無視して人々を弄ぶ街によって繰り広げられる奇妙な池袋の一日、
そしてこれから始まるであろう、人の思惑によって動かされる人々が織りなす池袋を舞台にした非常識な日々。
今回は割と平和な話だったのだろう。まあ、あくまでこの非常識な街にとっては。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回のデュラ!!は
バッカーノ!っぽい印象…?

春。新学期。
殺し屋と殺人鬼が池袋へひそかに侵入、そして悲劇。
セルティには賞金が懸けられ、巻き込まれる帝やらドタチンやら。

そして今作では強烈な新キャラ達が登場!!臨也の妹、シズちゃんの弟、帝の後輩、森厳の嫁、等々。

新章突入。まとまり感のある仕上がり。次回、何か起こる予感もありあり!! デュラ!!は巻を増すごとにスタイリッシュに、そしてエロティカルになってく気が…。

新羅とセルティはラブラブだし、 シズちゃんはマジギレだし、 ゆまっちと狩沢サンは相変わらずなヲタクっぷり!! 笑いが止まりません!!

読み所沢山!是非読んでみて下さい!!
スタッフロールの 臨也が可愛かった…
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告