通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デュラララ!!×13 (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 pedykitty
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙、中身ともにおおむね良好です。書き込みライン引き等はございません。迅速に対応いたします。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デュラララ!!×13 (電撃文庫) 文庫 – 2014/1/10

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デュラララ!!×13 (電撃文庫)
  • +
  • デュラララ!!×12 (電撃文庫)
  • +
  • デュラララ!!×11 (電撃文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 138pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

混沌の坩堝と化した東京・池袋。決着をつけるのはやはり全ての始まりの場所。帝人とダラーズはどうなってしまうのか。そして歪んだ恋の物語が、幕を閉じる――。

内容(「BOOK」データベースより)

東京・池袋。この街は今まさに混沌の坩堝と化していた。首無しライダーと繋がる全ての人が巻き込まれ、決着の時を迎えようとしている。かつて親友だった少年たちは心と身体に傷を負いつつ、お互いを想いながらも対峙する。かつて犬猿の仲だった二人は、怒りを超えた最後の殺し合いへと発展していく。かつて額縁の向こうから見ていた少女は過去の自分を乗り越えるべく必死になる。かつて幸せだったはずの歪な恋人たちは、引き離されたその先の試練へと挑んでいく。そしてかつての首無しライダーは、その姿を街に誇示するように―。全ての始まりを告げたあの場所に集う時、歪んだ恋の物語が、幕を閉じる―。


登録情報

  • 文庫: 408ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048662171
  • ISBN-13: 978-4048662178
  • 発売日: 2014/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ncyberklock 投稿日 2015/3/13
形式: 文庫
この巻で「デュラララ!!」は完結します。
物語は収束し、一応ここで終わりです。
ですが、続編の「デュラララ!!SH」があるので、そちらも楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
デュラララは本当に面白い!予測のできない展開にワクワクさせられました!ライトノベルは全く読まないのですがどのキャラも新鮮で魅力的でした!

ただ、最後まで自分の暴力を理由をつけて正当化するヴァローナには気分を害しました。次に来日する際は改心して欲しいなあと個人的には思いました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
十年にもわたったお話が完結しました。各巻の終わりみたいにあっさり物語は収束します。挿絵は一切ないですが、ここまで付いてきた読者なら気にすることなくぐんぐん読み進めるでしょう。そういった意味ではこの作品は一般文芸に限りなく近い作品かもです。著者はかなり文学に精通していることが文章から伺える。かなりの数の本を読んできた方なのだろう。

結局、主人公は帝人なのか?臨也なのか?著者の言う通りセルティなのか?池袋という「街」なのか?

それはこれを読んだ者の自由な解釈に委ねられます。あなたの目で行方を追って頂きたい。こらから始まるという第二部も物凄く楽しみです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一度読んでから、また一巻から読み直したくなりました。
成田さんの作品は「バッカーノ」から「ヴァンぷ」、「世界の中心、針山さん」と沢山の本を読みましたが、その中でも私の中ではトップに値する作品だと思いました。
他の方のレビューを読んで、「あ、挿絵無かったんだ」と今更になって気づくほど夢中になれる作品。
それにしては、あっさりと終わってしまったような感じはありましたが、それでもとても面白かったです。
これまでデュラララを読んでこられた方は、是非読まれてください!
そうでない方は、これまでのデュラララを読まれた上で読んで欲しいです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白いけど、萎えるので誤植やめて欲しい。今に始まった事では無いですが。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告