通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デュラララ!!×11 (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デュラララ!!×11 (電撃文庫) 文庫 – 2012/5/10

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デュラララ!!×11 (電撃文庫)
  • +
  • デュラララ!!×12 (電撃文庫)
  • +
  • デュラララ!!×13 (電撃文庫)
総額: ¥1,933
ポイントの合計: 138pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「竜ヶ峰君や紀田君には、俺は直接絡んじゃいないよ。だって、これから絡んで引っかき回すつもりなんだから―」東京・池袋。この街を襲う様々な謀略で、ダラーズに関わる者たちが消えていき、吸い寄せられるかのように一つの所に集っていく。門田を心配する遊馬崎と渡草、マイペースに愛を語らう美香と誠二、大人の事情に巻き込まれた波江、そして部屋の主である療養中の新羅たち。一方、意識不明の門田を見舞う杏里の前に現れたのは、捕まったはずの情報屋だった。帝人と正臣を煽る彼の発言に杏里の心はかき乱されていく。そんな混乱する池袋の街中に投下された、セルティの首。様々な騒ぎの中、首無しライダーが下す判断とは―。


登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/5/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048865625
  • ISBN-13: 978-4048865623
  • 発売日: 2012/5/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,487位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
メインのエピソードに絡むキャラクターが増えたせいか物語の進行が遅くなったのに伏線が増え続けてます……。

ただでさえ話が進まないのに、文字数稼ぎと勘ぐりたくなるような無意味な台詞の応酬がひたすら続く無駄な会話のシーンが多くてイライラしました。
全体的に描写が雑だしテンポが悪いので読み辛い。
正直、読むのが苦痛なレベルでした。

成田 良悟さんの小説は全部読んでいて好きな作品ばかりだし、デュラララ!!は一番好きなシリーズだけにがっかりしました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 セルティの説明とか毎刊書いてあるが、最新刊から読む人はほとんどいないと思うので不要と思う。
 それより、本筋ではられた伏線が何か忘れてしまっている。西尾維新ぐらいのスピードで出版されるのならかろうじて覚えているが、筆者のそれでは過去の本を読み返さなければならないのではないか?評者の記憶力と読解力のレベルが低いのだろうが。(図書館で読んでいる人間にはきついかも)ライノベとしては設定が複雑すぎないか?
 
 しかし、ストーリー自体はしかっりしている。大きな矛盾もみられず、読者を引っ張っていく実力はさすがである。面白いことには違いないと思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回は息をつく暇もない(過剰表現です)ほどのスピードで読みました!
ネタばれにならない程度で感想を言わせてもらいます!
まず、どろどろとしたと言うか、どす黒いと言うか、ダークな部分が多いデュラララでほっこりするシーンがありました
そこを読んでいるときには、そのあるキャラに感情移入しちゃったのかそのまま悪いこともやめて、現実世界だと問題ですがフィクションということで多めに見てもらいたいのですが警察のお世話にならず何事もなく幸せな生活を送ってほしいなと思いました

そして、毎巻さすがとしか言いようがない見事な伏線回収!
最近出ていなかった〜、とかあの後どうなったんだろ〜ってキャラが変な後付け感もなく見事に登場!

成田良悟先生は凄いですね、自分はそれなりにラノベを読んでいる方だと思うのですが
やはり色々な作品を読んでいると中には矛盾や後付け感、文章力等ひどい作品もあります。

ですが!本当に成田良悟先生の書くデュラララという作品は本当に凄いです!(失礼ながら成田良悟先生のデュラララ以外の作品はまだ拝見していません)
買って損はしないと思います!☆5にちゃんと値する作品だと思います!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
様々なキャラクターが出てきて、複数の視点から物語は進行します。
もうそろそろ終盤に近づいており、過去に出てきたキャラクターも出てきます。
時折、意味の分からない単語が出てきて調べたりするのですが、意味がわかると「成る程!」とより理解が深まります。
言葉一つ一つ考えられて書かれているのだなぁと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告