通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見開きにシールの剥がし跡があります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ (電撃文庫) 文庫 – 2016/10/8

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 213

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デュラララ!!×博多豚骨ラーメンズ (電撃文庫)
  • +
  • 折原臨也と、喝采を (電撃文庫)
  • +
  • キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)
総額: ¥1,977
ポイントの合計: 195pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

異色レーベルの人気シリーズ2作品が夢のコラボ!!

東京・池袋。キレた奴らが集うこの街に、博多で暗躍する最強の殺し屋たちが舞い降りた。
「おい、この街、なんかやばくねえか?」
闇組織に囚われたフリーの殺し屋・林憲明。
「よくわかんねえがよぉ喧嘩なら買うぜ」
標識を振り回す池袋最凶の男・平和島静雄。
「東京は恐かところやね福岡帰りたかぁ」
博多をこよなく愛する私立探偵・馬場善治。
「僕は進学のために上京してきたんです」
非日常に憧れて上京した少年・竜ヶ峰帝人。
「新宿にも優秀な情報屋がいるんでしょ」
新宿でメンバーを操る天才ハッカー・榎田。
『鍋ねえ。季節感なさ過ぎじゃないかな』
そして、趣味で情報屋を営む男・折原臨也。
一千万の賞金が懸かった“首無しライダー”事件の裏で、最強にヤバい奴らが繰り広げる新しい物語の幕があがる!!
「電撃文庫MAGAZINE」誌上の50号突破記念企画で再誕生した、奇跡のコラボ小説がついに電撃文庫で登場!

内容(「BOOK」データベースより)

東京・池袋。キレた奴らが集うこの街に、博多で暗躍する最強の殺し屋たちが舞い降りた。「おい、この街、なんかやばくねえか?」闇組織に囚われたフリーの殺し屋・林憲明。「よくわかんねえがよぉ喧嘩なら買うぜ」標識を振り回す池袋最凶の男・平和島静雄。「東京は恐かところやね福岡帰りたかぁ」博多をこよなく愛する私立探偵・馬場善治。「僕は進学のために上京してきたんです」非日常に憧れて上京した少年・竜ヶ峰帝人。「新宿にも優秀な情報屋がいるんでしょ」新宿でメンバーを操る天才ハッカー・榎田。『鍋ねえ。季節感なさ過ぎじゃないかな』そして、趣味で情報屋を営む男・折原臨也。一千万の賞金が懸かった“首無しライダー”事件の裏で、最強にヤバい奴らが繰り広げる新しい物語の幕があがる!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048924060
  • ISBN-13: 978-4048924061
  • 発売日: 2016/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 234,057位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
デュラララがコラボすると聞いて買いました。
結構期待してたのですが、あんまりデュラ要素入って無いですw舞台が池袋というぐらいですかね?デュラキャラは殆ど出てこなかった……。
セルティなんか出てないに等しいです。(表紙詐欺!)
デュラララのキャラが濃いすぎるのか、博多豚骨ラーメンズにはそこまで魅力を感じませんでした。

同時発売のデュラララスピンオフシリーズ「折原臨也と、喝采を」の最後に成田先生がちょこっとだけ今回のコラボの余談を載せてくれていました!(こっちのほうが面白かったですw)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
博多豚骨ラーメンズは1巻も読んだ上で、著者は既存の設定を扱うのがあんまり上手くない印象を持ちました。
世界観そのものは悪くないのに、それに対してキャラクターの魅せ方があんまりにも弱いです。
デュラキャラの出番が少ないなどの批判も多いようですが、そういう問題ではなく魅力が全く活かせていません。
下手をしたらデュラララ!!シリーズを読まずに書いたのではないかとも本作を読んでいるうちに頭をよぎりました。
そもそも「デュラララ!!4巻のエピソードの裏側でこういう話があったよ。」という内容なのに、本当に、全く、全然、関連の無い物語を描いてしまっています。
既に存在するエピソードを使って描いていいよと言われているにも関わらず、舞台設定を関連させないのは「もったいない」と言わざるを得ません。
そして、テンポよく読み進めていきたい場面でキャラの不必要な視点変更が行われるのが不快なノイズのように感じ取られました。
群像劇ってそういうことではないと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まず文章が酷い。商業誌に載せて良いレベルなのか?
"ライトノベル"ということを差し引いても、まるで、小学生以下をメインターゲットとしているとしか考えられない程の拙い言葉選び・・・
殺し屋や暴力団など、裏社会の人間が多く登場する作風でこれは致命的。緊迫感のカケラも無い。作品内リアリティを大きく削いでいる。
それに加えて、誤用とまではいかないがニュアンスがおかしい文章が多すぎる。読者がどこまで想像しながら本を読むのか考えながら文章を書いていない。
編集者は何をしているのか。

しかし、ここまで指摘してきた事など、言ってしまえば些細なこと。一番の問題はこの作品、というか作者、群像劇が描けていない。
確かに群像劇の体は取っているが、よく読んでみると、すべて作者の書きたいことを登場キャラクター達が順番に喋っているだけ。
順番通りなので、どのキャラクターも皆同じテンションで喋り、同じ結末へ向かっていく。
方言・ファッション・使う武器など、おもしろそうな設定はついてるだけ。そこにこだわりや愛が無いから全キャラ浅いことしか言わない。やらない。
他レビューでもキャラクターが薄いと指摘があったが、薄いというよりもキャラが”無い”。
逆に、登場シーンが少なかったとはいえ、キャラの
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
一巻『しか』読んでないのに作者を愚弄する奴やデュラララが好きでこちらを読んで博多豚骨ラーメンズの方を否定する奴、根本から否定する馬鹿が三人ほどレビューしていらっしゃいますがそんなことはありません!
読むほうの能力が偶然三人とも底辺だった…←それだけの事です♪(*^^*)
この作品はちあき先生つまり博多豚骨がメイン(本職・中心)なのです!
→デュラララが薄いだとかではなく、「デュラララは少なかったけれども博多豚骨ラーメンズっていう小説があるんだな」逆にしても「博多豚骨好きだけどデュラララっていうのも読んでみたい!」
このように読むのが読者の礼儀です!
作文も出来ない愚民のレビューは無視して博多豚骨を知ってる方もデュラララが好きな方もどちらも知らないかたも!是非読んでみて頂きたい!

…………っと、変なキャラができてましたがw
三名の方には謝ります♪…っですが買う気を削ぐような発言は慎んでくださいね♪(*^^*)

本当に!おもしろく10分もせず本の世界に入り込めます!是非読んでほしいです!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告