この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デブの帝国―いかにしてアメリカは肥満大国となったのか (日本語) 単行本 – 2003/6/25

5つ星のうち3.9 15個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2003/6/25
¥349
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人口の60%以上が肥満の国アメリカ。こんなアメリカに誰がしたのか?あらゆる側面―階層、政治、文化、そして経済に踏み込み、アメリカが世界的な肥満国となったワケを解明。代謝異常の原因である安価なパーム油と果糖の問題。カロリー摂取量と運動量の関係やダイエット法の嘘。多くの家庭にはびこる誤った知識や子どもの糖尿病の増加。さらには肥満と余暇、流行、宗教との関係も独自の視点で分析。「流行性肥満症」が人間、とくに幼い子どもの命を犠牲にしている恐ろしい現実を描き出していく―。

内容(「MARC」データベースより)

どうしてアメリカ人は太っているのか? カロリー地獄から生還した気鋭のジャーナリストが「肥満」を通してアメリカの根深い病巣を探った迫真のレポート。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 15
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2010年11月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年7月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年7月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年11月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年1月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2010年10月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2005年9月11日に日本でレビュー済み
55人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告