通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。ゆうメールでの発送になります。商品代金が5000円以上の場合は問い合わせ番号あり。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス) コミック – 2014/2/20

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック, 2014/2/20
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 233
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デビルマンG 5 (チャンピオンREDコミックス)
  • +
  • デビルマンG(4) (チャンピオンREDコミックス)
  • +
  • デビルマンG 3 (チャンピオンREDコミックス)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 118pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店 (2014/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253231802
  • ISBN-13: 978-4253231800
  • 発売日: 2014/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

幼稚園時代にアニメを見て、中学生で漫画版でショックを受け、以来、アラフォーである現在までずっと忘れられないデビルマンという作品ですが、ハッピーエンドのデビルマンというレビューに惹かれて読みました。

私の中にずっとあったミキちゃんの悲しみと、明君の苦しみが、最後のページのあの笑顔とセリフで癒されました。

もちろん原作とは全く別の物であることはわかっていますが、それでもやはり私にとっては救いでした。

この作品を世に送り出してくれた著者に感謝。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
先ほど全5巻の最終巻を読み終えました

もう一度、胸が熱くなり感動で涙するデビルマンに会えて嬉しかったです。
リメイクで面白かったのはこの作品だけかな
これは映像化してほしいな~

40歳過ぎてオジサンは泣いちゃったよ
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 この本は確かに、グリモワール(魔導書)と言っても良いものでした。

 原典である「デビルマン」のキャラクターの関係とあらずじを、
 ここまで奔放かつ大胆にアレンジしたものは珍しく、
 この要素を述べた時点で、本書に忌避感を持つコアファンの方は少なくは無いと思います。

 デビルマンGは、いっそ冒涜的でしょう。
 結末すら、意地の悪い言い方をしてしまえば大衆寄りです。

 ですが、原典通りの内容、魅力を寸分違わずに再構築したリメイクを、
 違う作者さんが、わざわざ同じ漫画という媒体で作る必要はあるのでしょうか?

 何故かデビルマンGは、今まで私が見てきたリメイク作品とは違い
 「これはダメだ」
 と、半ば脊髄反射的に否定してしまうことはありませんでした。
 (あくまで、私はにとってはですが……)
 それは、シナリオにしろ、永井豪先生風に変更した絵にしろ、
 エログロにしろ、本作品オリジナルのデビルマンやデーモンのデザインにしろ、
 高遠るい先生が、ご自身が表したかったものと原典を、必死に融合させようとしたからなのかもしれません。
 あらゆる要素が異なっていてもなお、「原典らしいデビルマンであろ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原典リアル世代です。当時テレビのデビルマンを毎週楽しみにしてちゃぶ台に駆け上がりながら放送を待ち、
小学校では友達の持ってきた漫画版に夜うなされるほどの衝撃を受け、人格の半分をデーモンに破壊されたと言っても良いでしょう。
そうして両方のデビルマンを愛した私にとって、どちらの原典も知っているものこそ本当に楽しめるとしか思えない、このデビルマンは
至福の作品でした。
テレビ版、漫画版双方から次々とデーモンが登場、最後には宇津木涼・魔王ダンテ=ゼノンが、原典では実現しなかった
アモン=デビルマンとのバトルを見せてくれると言う大盤振る舞い!
そして原典とは違う形での大団円…カイム・東大寺君と融合したシレーヌがちゃんと生きていたのも嬉しかった。
年取って気が弱くなったせいか、かつて悲しい末路を辿ったキャラクターたちが納得のいくハッピーエンドを迎えるのが妙に泣けます。
最期はなんとなんと、ミキちゃんの「平手」でアーマゲドンが終結…不動アキラの笑顔でこんな終わり方をするデビルマン、素敵です!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
著者の言葉通り、ラストは駆け足に過ぎた感もあるが、時を経て蘇ったデビルマンとこうしてまた会えて幸せだ。永井豪監修のもとでのこのラスト。名作とはいえ、やはり痛々しかったあの「デビルマン」のラストを永井豪も書き換えたかったのだろうか。自分の中では、あの悲惨な運命に散った牧村美樹の微笑みが見えた気がした。40年後の救い。

これからは、ふたつのデビルマンの物語とともに歩める。コミックは所有しないのだけれど、この5冊は死ぬまで持っとく。多分。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
に縛られ色々な作家が挑みましたが・・大体なんで完璧な原作を焼き直しするんだろうと色々疑問に感じていましたが

これほどこの作家流に上手くアレンジした作品は見た事が無いです。

ホント感心しました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー