デビルマン プレミアムセット [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 8,937
通常配送無料 詳細
発売元: プレミエワン
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

デビルマン プレミアムセット [DVD]

5つ星のうち 1.7 333件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 8,937 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ジョイフルジャパンが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 8,587より 中古品の出品:9¥ 699より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • デビルマン プレミアムセット [DVD]
  • +
  • CASSHERN [DVD]
総額: ¥12,134
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 特撮(映像), 伊崎央登, 酒井彩名, 渋谷飛鳥, 宇崎竜童
  • 監督: 那須博之
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東映
  • 発売日 2005/04/21
  • 時間: 116 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.7 333件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006TWU8U
  • JAN: 4988101116492
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,300位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

永井豪原作のコミックを実写化。人類存亡の危機の中、苦悩しながらも人間を守ろうと戦うデビルマンの姿を描く。出演は伊崎央登、酒井彩名、渋谷飛鳥ほか。PG-12作品。

レビュー

製作: 泊懋 プロデューサー: 冨永理生子/松井俊之/北崎広実 監督: 那須博之 原作: 永井豪 脚本: 那須真知子 音楽: 安川午朗 出演: 伊崎央登/酒井彩名/渋谷飛鳥/宇崎竜童/阿木耀子/冨永愛/ボブ・サップ/伊崎右典
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/2
形式: DVD
こんな大駄作に金をかけて作ること自体が無駄。
制作費を新潟の地震被災者の方々に寄付したほうがマシだ。
コメント 289人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
 この映画に関しては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、何も言いたくないです。「デビルマン」のファンすべての人が泣いていると思います。 永井豪さんは自身の作品をここまで無茶苦茶にされてどう思っているのでしょうか。星0というか、評価不能。
コメント 264人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/16
形式: DVD
なんと言えばいいのかわかりませんが、ひどいですねぇ・・・
目的といえるものが無く、ただ残虐性しか残らなかったです
子供の演劇としか思えなかった
よくこんなものを、世に出したものです
監督・出演者等に満足できたのか、聞きたいくらいです
お金を払わせるのなら、もっと出版元にしろもっと考えてほしいです
観覧者を馬鹿にしすぎです
寒い・・・寒すぎる・・・
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
学生や素人ではなくプロフェッショナルの映画人が、それもキャリアの浅い人間ではなく何本もの映画を手掛けてきた監督と脚本家の夫婦 が、これぐらい酷い映画を作れるものなのかと、ある意味では感心させられる。もちろん、これは皮肉である。とりあえず、那須博之・真知子夫妻がデビルマンに何の思い入れも無いし、本作を手掛けるに当たって全く下調べをしていなかったことは明らかだ。

映画というのは時間的な制約もあるし表現としても難しい部分があるだろう。だから、ある程度は改変も仕方が無い。デビルマンのエッセンスが十分に残っていれば、思い切ってストーリー展開に手を加えても構わない。しかし、手を加えるに当たって、まさか学生運動を投影した内容にするとは。その発想は無かった。その突飛な発想力、類稀なるセンスには脱帽である。デビルマンをご近所SFに矮小化するセンスも見事なものだ。

辻褄合わせや整合性などお構いなしとばかりに、デタラメで繋がりを無視したシーンが並べられていく脚本。支離滅裂な台詞を吐き、頭がいかれているとしか思えないような意味不明な行動を取る登場人物たち。全く意味が無く、多分、自分が何をやっているのかも良くわからないまま登場するカメオ出演者の面々。さっきまで昼間だったのに、あっという間に夜になってしまうような異常な時間経過。数秒前の台詞を忘れてしまうような登場人
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
価値のない物と言われるとそうではないと思います。

これから実写映画やドラマを作る監督さんは作る前に一度、この作品を見るべきではないんでしょうか?そうすれば、何をやってしまうとつまらなくなるのか という教材になると思います
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/14
形式: DVD
東映関係者、出演者の一部ファンからの擁護評がまだ、
あちこちのサイトに書き込まれていますが、この作品の
駄目さ加減を覆い尽くすことは出来ていません。
それ以前に自社の失敗作品(興行的にも作品的にも)を
開き直って、一般観客を騙り、絶賛し続ける関係者の姿に
この映画の哀れさを感じます。
「買う」必要はありません。どれだけ詰まらないか確認したい
のならば借りることをお勧めします。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
いったい、何をどう評価すればいいのだろうか。
上映中は穴の開くほどスクリーンを見つめ、その後は感動の余韻に浸り、さらに他の映画を見た人達と「ああでもないこうでもない」と語りあう。それが一般的な映画コンテンツの楽しみ方だと思うのだが、この作品で、そういった普通の映画コンテンツの楽しみ方を実践するのは不可能だろう。
鑑賞は、拷問以外のなにものでもなかった。上映中、ずっと時計が気になった。何度時計を見ても、ちっとも針が進んでいない。まだこの拷問が終わらないのかと絶望的な気分に浸りながら、画面を見続けた。あまりに不快な気分になって、誰とも口をききたくなくなった。罵倒する言葉も出ない。こんな商業作品があっていいのだろうか。
脚本も演出も演技も、とにかく評価できるところがあまりに少ない。なぜこれほどの矛盾のある脚本を誰も直せないのか。なぜこれほどダレた演出にO.K.が出ているのか。なぜこれほど素人丸出しの演技が許されるのか。
この作品は、ダメな映画として、どうすればダメな映画になるのかを探求するための材料として、教科書になりうるだろう。あまりにひど過ぎるからこそ、これは残すべきかもしれない。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。バナナばなな