中古品
¥ 121
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【保障付】丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。概ね良好なコンディションです。カバーに折り癖があります。Amazonコンディションガイドに従い「良い」には書き込みがある場合もございます。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使 (ファミ通文庫) 文庫 – 2006/10/30

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 121
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2006/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757729146
  • ISBN-13: 978-4757729148
  • 発売日: 2006/10/30
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 152,911位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
話の内容ですが、ライドウとゴウトと鳴海とタエとオリジナル悪魔と小説版悪役が出てきます。ヴィクトルも少し出てくるし名前だけですが宗像も出てきます。物語はそれなりにまとまっていますが、文章に回りくどい部分が有り、少し読みずらい所も有りましたし、デビルサマナーでお馴染みの『あの男』のご先祖さま?が出てきますがやや消化不良に感じました。ちなみに小説版の鳴海はゲームよりさらにダメ人間になっています(笑)。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他のレビュワーの皆様の評価が高く、又、同じくライドウシリーズの
「コドクノマレビト」が大変素晴らしい作品だった事も有り、
本作を購読しました。

先ず感じたのは、文章の構成に難が有るという点。
文脈に凸凹が目立ち、余計な装飾文が多すぎる。
回りくどく、その文脈内で何を表現したいのかが非常に分かり辛い。
反面、ストーリーの展開は呆気無く、淡白に過ぎるきらいがある。
物語の後半は駆け足と言うより最早ブツ切りの様にすら見受けられる。
「結局、どう言った物語だったのか。」読後の印象は散漫である。

似通った文章表現を終始多用している点も鼻に付く。
主人公と召喚した悪魔達との会話然り。
主人公と鳴海探偵の遣り取り然り。
どういった嗜好性の層をターゲットとして考えていたのかは
知らないが、特にドアマースに関する過剰と言っても良い程の描写は
不要だったのでは、と思う。
召喚師と悪魔の繋がりを表現する方法は、他に幾らでも有ったと感じるのだが。
この点は、「著者がターゲットとしている層」に私が該当しないだけかも知れない。

又、仮に「隻眼化神」や「コドクノマレビト」を愛聴若しくは愛読している方が
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ゲーム「葛葉ライドウ対超力兵団」の前日譚となる本作。

きちんと「探偵物」のセオリーも踏んだ展開となっており、

ゲームをプレイしていない方にも楽しめるつくりだと思います。

(勿論、プレイしておいた方が数十倍は楽しめると思いますが。)

江戸川乱歩の探偵物のような文体で描き出される大正世界は雰囲気十分。

悪魔とライドウの戦いも、ゲーム画面そのままの鋭さで表現されています。

また、特徴をしっかり浮き彫りにしたキャラクターの遣り取りが秀逸です。

少々浮世離れしたトボけ方を見せるライドウと、口煩い業斗童子の会話、

タヱとの出会い、鳴海のダメ探偵っぷりが最高です!

もちろん、金王堂の地下にいるあの人も……?

そして、十四代目ライドウの前に現れる、デビルサマナーシリーズのファンにはお馴染みの名前、『初代』葛葉キョウジ。

実際の登場場面は少ないのですが、大変に鮮烈な印象を残します。

随所に細かい仕掛けが施してあり、シリーズファンなら思わずニヤリとすること請け合いです。

帝都を覆う死人の影を、駆け出しデビルサマナーのライ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
先ず、人物紹介の初代葛葉狂死のイラストだけでも、この本を買う価値は有ります。
真・女神転生デビルサマナーの葛葉キョウジにそっくりな顔。仲魔を使い捨てにする性格も、葛葉キョウジに通じるものがあります。
全体の構成としてはセリフがかなり多めに感じました。ゲーム小説は10年以上前にベニー松山氏の「風よ、龍に届いているか」を読んだきりで、小説の書評には自信が無いのですが、特に強い癖がある訳でもありません。
読み終えての感想は
「ライドウの小説と言うより、狂死についての解説書」
だなと。私が今回入手したのは第二版で、書店で購入しました。

今回この小説の為に奔走して「飢餓感の魔力」を思い知ったので、ライドウのドラマCDは予約して必ず買います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ゲーム上の設定が見事に生かされています。テンポの良い活劇を観ているよう。

登場人物も全く崩れていないので、サイドストーリーとして楽しめます。

ゲームでは無口(?)だったライドウが、そのイメージを壊す事無く、話し行動し仲魔を使役する。彼ならきっとこんな感じだろうな〜といちいち納得出来ました。

こういう番外編なら大歓迎。

最後があっという間というか…非常に唐突だったので、続編を期待したいですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー