デビルクエスト スペシャル・エディション [DVD... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ★goldmine★
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

デビルクエスト スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.3 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,124 (52%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、三代湘南が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,980より 中古品の出品:9¥ 14より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオデビルクエスト (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • デビルクエスト スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • ドライブ・アングリー [DVD]
  • +
  • ラスト・ターゲット [DVD]
総額: ¥4,897
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ニコラス・ケイジ, ロン・パールマン, スティーヴン・キャンベル・ムーア, クリストファー・リー
  • 監督: ドミニク・セナ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2011/12/02
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 47件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004U4QVO6
  • JAN: 4988111241061
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 118,461位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

選ばれし勇者たちの、旅が始まる――。



◆ニコラス・ケイジ主演×ドミニク・セナ監督、『60セカンズ』のタッグが贈るアクション・アドベンチャー!

◆『ヘルボーイ』のロン・パールマン、『ロード・オブ・ザ・リング』のクリストファー・リーなど、アンサンブルキャストにも豪華メンバーが集結!

◆最強の騎士ベイメンと選ばれし勇者たちが最強の<悪>に立ち向かう・・・。ロマンあふれる壮大な世界観!

◆暗黒の14世紀を完全再現する美術とロケーション撮影、クリーチャー・デザインにCGアクション・・・。迫力の映像に圧倒されろ!

【ストーリー】
伝染病が世にはびこる14世紀。十字軍の騎士ベイメンとフェルソンは、キリストの名のもとに激しい戦闘を繰り返していた。
遠征と殺戮の日々に疑問を抱いたふたりは旅に出るが、食料を求めて立ち寄ったとある町で捕らえられ、病に伏せる枢機卿より特命を受ける。
それは「捕らえられている女を人里離れた修道院へ運び、魔女裁判にかけよ」との命だった。
ベイメンとフェルソンに、神父のデベルザック、腕利きの騎士エッカート、若き侍者カイが加わり、詐欺師ハガマーを案内人として修道院のあるセヴラックを目指す旅が始まる。
険しい道中、行く手を阻むかのように不可思議なことが起こる・・・。
それは<魔女>の仕業なのか?果たして女は本当に<魔女>なのか?旅の仲間が次々と危険にさらされていくなかで、彼らの前に想像を絶する巨大な“悪”が姿を現す!!

【キャスト】
ベイメン:ニコラス・ケイジ
フェルソン:ロン・パールマン
デベルザック:スティーヴン・キャンベル・ムーア
女:クレア・フォイ
ハガマー:スティーヴン・グレアム
エッカート:ウルリク・トムセン
カイ:ロバート・シーハン
ダンブロワーズ枢機卿:クリストファー・リー

【スタッフ】
監督:ドミニク・セナ



*仕様などは変更する可能性もございます。ご了承ください。

(c) 2010 Relativity Media. All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『60セカンズ』のニコラス・ケイジとドミニク・セナ監督によるアクションアドベンチャー。伝染病が蔓延る14世紀。十字軍を離れた騎士、ベイメンとフェルソンは、病に伏せる枢機卿から魔女の疑いのある女を修道院へと護送せよとの特命を受ける。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
14世紀に大流行したペストですが、この映画も14世紀の時代とペスト、
それに15世紀あたりかな?で始まった魔女狩りをベースにした物語です。

その時代の歴史上の出来事をうまく使っていて私はとても面白かったです。
最近のファンタジーは1作で終わらないものや長時間の作品が多いですが
95分と調度良い時間なのも良かったです。
CGも特にメインでCGを使っているわけではないので気になりませんでした。

ただ冒頭の女性3人の処刑でうち1人が生き残ってる感じだったけど
最後まで出てくるわけでもなく何のためのシーンだったのか。
(本当に魔女っているんだよアピール?)
それと続きがあるわけでもないのに、最後はメインの2人はどちらも生き残らず
若い2人が残ってこの話は語り継いでいくという終わらせ方が嫌でした。
メインを死なせて終わるって一番簡単な終わらせ方な気がして好きじゃないので...。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
揶揄している(諷する)様に見えるのはまさに歴史の通りで、殊に日本人とっては深く考えずとも楽しく視聴ことの出来るファンタジー、といった作品でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
中世のバックにある霊的な存在が目に見えない世界にあることを描いた物語。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
タイトル、及びパッケージにデビルの存在を窺わせるものを
持ってきたのは明らかに失策です。
前半は魔女裁判絡みで、多分に心理的・現実的解釈に基づく
「魔女」の有無を観ているものに問いかけてくる展開なので、
いっそそのまま宗旨に絡んだ“魔女”をどう解釈するかという
ドラマで最後まで持って行ったほうが面白い作品ができたのでは
ないかと思えるほど。
もちろんその前半は伏線としてしっかり生かされた形で「デビル」
の登場と相成るのですが、意外とあっけなく片付いてしまった
ような印象を受けてしまい、すっきりとしないものがありました。
原題から察するにストーリー上主軸となるのは「魔女」であり、
そうでないと「思いもかけない敵」の効果が無いですから^^;
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ニコラス・ケイジ 氏の演技力の高さのみならず、先の読めない謎めいたシナリオ展開が、素晴らしいの一言。
ペストを広める事で、死体の山を築き、その腐った器に低層4次元の悪霊達を憑依させ、地上世界を闇で支配する。
その様な恐るべき作戦が、過去に実際に存在した可能性は高く、ただのフィクションでは片付けられない。
強力なフォースを持ったデビルが、物質化出来るレベルの能力を持っていたかどうかは定かではないが、ライトワーカーと闇の存在達との熾烈な戦いを非常にリアルに描いた良作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
なんだかんだ言われているけれど、普通に面白い。
確かに邦名はなんだかなーという感じもしなくもないが、十字軍の歴史とキリスト教、黒死病を扱った良作であると思う。
ホラーが見たいのなら、確実に違う。
ファンタジーが見たいのなら、他にもある。
十字軍にまつわる話も他にもある。
魔女狩りを綴った話も探せばある(ハズ)。
でも、これらを織り交ぜて、ニコラス=ケイジ主演にすると、面白いどころかオーソドックスさを感じるから不思議。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ん?Season of the Witchなのに「デヴィル・クエスト」?Qeustoのこと?Questoって「使命がある旅」とかいう意味ですね。
でも魔女じゃないんだ。魔女狩りっていうキリスト教での「暗黒面」と、十字軍と合わせてるんですけど、ムチャぶりのような…。
ペストって黒死病って呼ばれてた腺ペストのことですけど、Chinaなんですよね、元々は、ネズミが媒介するんで、船旅して商業し始めたVaneziaが取り引き荷物といっしょに「輸入」しちゃったから、キリスト教の魔女がどうこうじゃなかった。
この頃から、鳥インフルエンザみたいにChinaって病原体の「宝庫」?不衛生なところがものすごくあったっていう…。
でも、アメリカ大陸には、Europeansは天然痘をNative Americanやインディオたちに「輸出」、病原体っていうのは神とか関係無い。
そういうことが発見されるまでは「魔女のせい」、これは、もう仕方無いんでしょう。信仰とかになっちゃう。
ソロモ@の書ね…色々あるんですね、聖典というか。
そういうstoryなんだ、でもよくNicolusが出てるよね。これに?というか。
眠くなりました…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー