この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

DENON プリメインアンプ PMA-2000RESP

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 159,900より 中古品の出品:3¥ 119,980より
  • ●進化したAdvancedUHC-MOSシングルプッシュプルサーキットを新開発
  • ●さらに電流容量が増大した、最新型「UltraHighCurrentMOS」を初採用
  • ●安定性を高める、高精度DualFET+カスコードブートストラップを初段に採用
  • ●仕様
  • ●定格出力:80W+80W(8Ω、20Hz-20kHz、T.H.D.0.07%)両チャンネル駆動(CD→SPOUT)、160W+160W(4Ω、1kHz、T.H.D.0.07%)両...


迷ったらコレ オーディオ18選
オーディオ製品を検討中で、どれを購入したらよいのか分からないユーザー必見。カテゴリー別に支持されているモデルをご紹介。 今すぐチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら




商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法56.5 x 54 x 27 cm ; 27 Kg
発送重量27 Kg
メーカー型番PMA-2000RE
ASINB009KHKBZS
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2012/10/2
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 182,156位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

●進化したAdvancedUHC-MOSシングルプッシュプルサーキットを新開発●さらに電流容量が増大した、最新型「UltraHighCurrentMOS」を初採用●安定性を高める、高精度DualFET+カスコードブートストラップを初段に採用●仕様●定格出力:80W+80W(8Ω、20Hz-20kHz、T.H.D.0.07%)両チャンネル駆動(CD→SPOUT)、160W+160W(4Ω、1kHz、T.H.D.0.07%)両チャンネル駆動(CD→SPOUT)●全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時、負荷8Ω、1kHz)●出力端子:スピーカーAorB負荷4Ω~16Ω、A+B負荷8Ω~16Ω、バイワイヤリング負荷4Ω~16Ω●周波数特性:5Hz~100kHz(0~-3dB)●S/N比…●LINE:108dB(ソースダイレクトON時)●PHONO(MM):89dB(入力端子短絡時、入力信号5mV時)●PHONO(MC):74dB(入力端子短絡時、入力信号0.5mV時)●トーンコントロール:BASS100Hz±8dB、TREBLE10kHz±8dB●音声入出力端子...


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

行きつけのオーディオ店にようやく入荷し、試聴する事が出来た。
初入荷台数は予約分でいっぱいで、既に次回入荷待ちの人気ぶりで、店には試聴用の一台しかないとの事だった。
せっかくなので前モデル PMA-2000SE と聴き比べる事にし、持参した愛聴盤の CD 2枚と SACD 1枚から選曲して聴かせていただいた。

本機の低域は、SE で膨らみ気味に感じられた点が無くなり、バスドラムの打撃がよりくっきりと伝わる。
電源部が大幅強化された事による効果だろうか。
本機の中域は、SE と同様に音の立体的な骨格をきっちり描写し、エネルギー感も十分。
今回のモデルチェンジに当たって、最も驚いたのが高域での変化だった。
SE では、高域が低域・中域に比べてやや存在感が控えめだったが、本機の高域には華やかさがブレンドされている。
カラッとした華やかさではなく、潤いのある華やかさで、低域・中域と相まってサウンドイメージが一層明確に提示されるようになった。
低域と高域で感じられた変化により、好相性となるスピーカーも変わらざるを得ないだろう。
よって、SE を使用している方がスピーカーはそのままで本機への買い替えを考えているのであれば、本機を試聴してからにするのが無難だ。

...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
癖が少ない良バランスの中庸型・万能型のアンプです。あらゆる性能が同価格帯の中ではトップクラスで、苦手なものが無いです。大きなトランス・多くの日本製部品・「Made in Japan」という質実剛健タイプ。スピーカーの駆動力も物凄くて、能率の低いスピーカーを非常な低音量で鳴らしても音が細くならずに、ダイナミックに生々しくきちんと鳴らせるのには感心しました。価格が2クラスほど上のアンプと比べても、遜色ない音を鳴らします。とてもコストパフォーマンスの高い、お買い得なアンプです。

マランツやヤマハのアンプの高音と比べると、少々硬めで乾燥した高音を出します。(これは個性であって、高音の性能が低いという意味ではありません。)高音の性能そのものは、マランツやヤマハの同価格帯のアンプよりも勝っています。解像度(細かい音の聞き易さ)やメリハリや伸びや響き・・・など色々。ボーカルは前面にはっきりと出てくるタイプです。オーケストラの立体感が素晴らしいです。低位感も良いです。

ただし以前のモデルPMA-2000SEよりも、癖の少ない中庸型に進化したせいで、昔のデノンのアンプの「低音番長」的な音が好きな人には、ちょっと個性が希薄で物足りないかもしれません?(低音性能が弱くなったという意味ではなく、全体のバランスが均一に近づいたからです。)

...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2000AEからの買いかえだ。まず最初に驚いたことは、その情報量である。AEと比べて二倍はあると思われる。粒立ちのよい美しい音色だ。カラットした音色だが エージングによりよりしっとりとした音色に変わっていくことが想像できる。またAEより低音が減っているはずなのに、なぜかそれを感じさせず、低音に空間さえ感じさてくれている。魔法にかかったような気がした。また、金属楽器が非常にリアルで、まるでそこにあるかのように感じられた。微細な音まで拾い上げ実に美しい。また、音にパンチがあり清清しい気分にさせてくれる。金属楽器の例を挙げたが、全体としてそれぞれの音の質感を描き分けられている。AEはパワーがありすぎと感じられた。REで聞くと同じCDとは思えないほど繊細でダイナミックに聞こえる。また、どんな音楽ソースも物足りなさを感じさせない。低音が魅力のバッハのパイプオルガンでさえREで聞くと美しい。一日目でこような感動を与えてくれた。今後どうなるか、大変楽しみである。エージングが終わったらまたレビューさせていただきたい。

エージング終了
思っていたよりも、多くの相違点がありおどろいた。全体的に進化しよくなっていることは確かだ。上記と重なる点も多くあると思うがその相違点をあえ、箇条書きにしたい
 ・情報量が二倍、粒立ちがよい。 ・低音に空間がある。 ・金属楽器ほ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
<最近のアンプの動向>
各メーカともハイレゾ時代になってよりクオリテイを具現化しやすい設計になっています。DENONも390REと1500REは同様でコントラストのやや強い、ダイナミックレンジを引き出す音になります(2台とも所有)。ハイレゾの音響をアコーステイック空間で表現するのは様々な制約が多く多くのDACではヘッドホンアンプとしての活用が前段にあります。その後部屋の空間音響に挑戦するのが今どきのアンプと言えます。2000REはDENONの本質である豊かな中低音を維持しつつ全体としては極めて色付けが少なくっています。DACの音源をそのまま何も加えずスピーカーに供給するアンプです。
<2000REの特徴>
使用するDACとスピーカーでまるきり変わるのでこれが絶対ではありません。2000REはある程度スピーカーとの相性が求められます。何故ならハイレゾに通用するよりHiFiをベースに置いてあるからです。従来のDENONとは一線を画した音作りです。私の場合はDACはDENONのDA-300USB、スピーカーは低域にDARIのLEKTOR8とし、以外は全てホーンスピーカーです。ドライバーユニットから周波数ネットワーク(3WAY)、スーパーツイータまで付加しました。ハイレゾにホーンスピーカーを持ってきたのは能率です。市販スピーカーの100倍の感度があるため確実に
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー