通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デッドライン仕事術 (祥伝社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

デッドライン仕事術 (祥伝社新書) 新書 – 2007/12/15

5つ星のうち 3.9 49件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1
新書, 2007/12/15
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デッドライン仕事術 (祥伝社新書)
  • +
  • 君はまだ残業しているのか (PHP文庫)
  • +
  • 新装版 「残業ゼロ」の仕事力
総額: ¥2,423
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■トリンプを19年連続、増収・増益に導いた「超効率的」仕事術!

「デッドライン仕事術」とは、トリンプ前社長の吉越浩一郎氏が編み出した、「超効率化!」を実現する仕事手法のこと。そして、おそらくもっともシンプルな仕事手法でもある。なぜなら、実行することはたったの2つだけ。

1毎日「お尻の時間」を決めて働く
2仕事には「日付」で締切を入れる

1ダラダラと残業せずに、毎日、「今日は○時に帰る」と決めて仕事をする。「時間をかけないと仕事の質が落ちる」と心配する人もいるだろうが、これは思い込みにすぎない。「お尻の時間」を決めて働くことで、仕事の「効率」はもちろん、かえって「質」も高まるのだ。

2「来月中ごろ」という曖昧な言い方はやめて、「×月×日まで」とすべての仕事に締切日を入れ、その締切日を徹底して守る。自分がやる作業の締切日を守るのはもちろんのこと、仕事相手にもしっかりと締切日を守ってもらう。

この二つを実行するだけで、仕事が「超効率化」されることは、残業ゼロを実現しながら19年連続、増収・増益を達成したトリンプが実証している。

さらに、本書では「デッドライン」を「会議」で管理することで部下を動かす方法についても詳説してある。部下を持つ人が今日からでも実行できるように、「本当に有効な会議のやり方」が説明してあるのだ。

仕事が見えにくいホワイトカラーの生産性を上げるのに、効果抜群な本書を、ぜひご一読ください!

出版社からのコメント

たった2つのことを守るだけで仕事の「効率」も「質」も格段にアップ! デッドライン仕事術とは「就業時間も仕事も、すべて締め切りを設定する」という、とても簡単な仕事手法である。ダラダラと残業せずに、毎日、「今日は○時に帰る」と決めて仕事をする。「来月中旬ごろ」というような曖昧な言い方はやめて、「○月×日まで」とすべての仕事に締切日を入れる。この2つを実行するだけで仕事効率は驚くほど上がる。デッドライン仕事術は自分の仕事効率を高めるだけでなく、部下の仕事の管理、効率化にも抜群の効力を発揮する。トリンプ社長時代に、19年連続増収・増益に導いた吉越式仕事術のすべてをここに公開! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 200ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2007/12/15)
  • ISBN-10: 4396110952
  • ISBN-13: 978-4396110956
  • 発売日: 2007/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 72,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 昨今の経営者は、美しくない。好決算を連発していながら、いかに残
業代を払わずに人を使うかに腐心し、政治的働きかけをして恥じること
がない。そうした中にあって、ライフとワークのバランスを説き、経営
者として実際に成果を残してきた手腕は尊敬できる。
 また、成功した経営者の本としては、郡を抜いて、思考に深みがあっ
て論理的であり、その帰結として独創性に満ちている。読んで得るとこ
ろの多い本だ。
 しかし、気になる点はある。
 なるほど、デッドラインを設ける、集中する時間を創出する、即断即
決、etc…、により効率は高まり処理は高速になるだろう。
 だが、処理スピードには、物理的限界があることは言うまでもない。
 残業ゼロを実現するには、部下に的確に仕事を割り振りし、その進
行を正確に把握し、適切なデッドラインの設定ができる、「優秀な上
司」の存在が前提だが、そのような人間が存在するのだろうか。
 残業をした従業員のいるチームにペナルティまで課せば、大量の仕
事を抱えた従業員が、自宅残業に明け暮れることになるのは、言うま
でもない。
 読了後、残業代なしで自宅で仕事をするために、後ろめたい思いをし
ながら、コ
...続きを読む ›
1 コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 仕事のアウトプットは能力×時間ではなく能力×時間×効率であると説き、いかに効率よく仕事ができるかについて詳細に書かれています。書かれてあることはオリジナリティに富み、ブレインストーミングはムダだ、とか社員教育はムダであるとか「ドキッ」とするような厳しい意見も目につきます。

 著者の描いている社員像は非常に優秀なデキるビジネスマンですが、仕事一辺倒の人間になれと言っているのではないというところがポイントです。日本人は仕事の対局を「休み」と捉え仕事の疲れを癒すものと考えていますが欧米では仕事の対局は「遊び」であるとしています。ライフワークはあくまで「ライフ」と「ワーク」であり一体ではない。だからライフを有意義に過ごすためにワークは時間内できっちりとやりメリハリをつける。。。。。単なるビジネス啓発書に終わらず人生そのものを考えることのできる大変な良書だと思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ビジネス紙で著名なトリンプ社の元社長、吉越氏のタイムマネジメント論である。
エッセンスは題名の通り、すべての仕事には締め切りを入れよ、ということである。

 仕事のアウトプット=能力×時間×効率

という式に従うならば、個人の能力は一定だし、仕事時間が延びるほど疲れて効率は下がるものだから、時間を一定にして効率を最大化するしかないのだ、というのが吉越氏の主張である。しかしそうはいっても、現実にはどうしても時間内に仕事が終わらない。その原因として吉越氏は以下を挙げている。

 ・必要のない仕事を一生懸命やっている。
 ・集中して仕事のできない環境に置かれている。

前者はたとえば、社内向けのプレゼン資料や上司への報告など。後者は、割り込みや雑談の多い職場や無駄な会議がそれにあたる、という。吉越氏はトリンプの社長時代、残業が多い職場はボーナスをカットする、とか、毎日決められた時間には電話を取り次がないとか、かなりドラスティックな施策を実施したそうだ。「命ぜられた仕事をしあげる場合、 時間はいくらあっても余るということはない」というパーキンソンの法則というものがあるが、吉越氏も、

 「人間は基本的に怠け者だから時間がいくらでもあると思うと(中略)
無駄な
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
・人生の目的はライフワークバランスを適切に取ることである、と。
 多くの日本人はワーク=仕事はライフの一部になってしまっているが
 それは間違っていると。
 一般的なサラリーマンには定年があるがそこから20年以上人生はあると。
 「定年してから好きなことをやろう」という発想そのものが間違っている、と。
・ではワークではどう効率を上げるか。
 −まず環境
  ・仕事場では私語を謹め!と。
   (全く同感です。日常会話を楽しそうにしているチームほど
    効率が非常に低い。素人集団ですね。)
  ・できれば、平社員にも個室を与えよ
  ・人の電話に出るな! など全てに同感です。
 −また仕事を効率的に進めるには
  ・明確に期限をきれ!と。
 −リーダーシップは「フォロワーシップ」からはじめよ
  ・米国の士官学校(ウエストポイント)の教育方法
   最初の1年間は「はい」「いいえ」「わかりません」「申し訳ありません」の4つの言葉しか口にしてはいけない、と。
   →上級者への絶対服従の中からリーダーの行動を観察しやり方を学ぶ、と。反面教師も含め。はじめから不満を口にしているヤツは「上」に立った時にまともなリーダー
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー