デッドマン スペシャル・エディション [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

デッドマン スペシャル・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,500
価格: ¥ 933 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 567 (38%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 467より 中古品の出品:2¥ 466より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • デッドマン スペシャル・エディション [DVD]
  • +
  • ナイト・オン・ザ・プラネット [DVD]
  • +
  • ミステリー・トレイン [DVD]
総額: ¥2,793
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ジョニー・デップ, ロバート・ミッチャム, ランス・ヘンリクセン, ジョン・ハート, ガブリエル・バーン
  • 監督: ジム・ジャームッシュ
  • 形式: Black & White, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日 2009/09/25
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 45件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002HMLE0O
  • JAN: 4988113759861
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,058位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

★パラマウントが贈る傑作&名作をお求めやすい価格でリリース!!

ジョニー・デップの抑えた演技、魂を洗うモノクローム映像、心を揺さぶるニール・ヤングの即興演奏──
ジム・ジャームッシュが構想から7年をかけて完成させた渾身作!
多彩すぎる出演者も要チェック!

【DVD特典】
(1)日本版予告編
(2)アメリカ版予告編

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
モノクロ、西部劇、タイトルがデッドマンでしょ?
なかなか女子には興味をそそらない感じだったんだけど、
でも、この映画は、ホントに食わず嫌いでした!
最初の気弱な会計士ウイリアム・ブレイク(ジョニー)が、
荒野をさまよい続けるうちに、どんどん変化していく様子や
モノクロで、ゆるやかなストーリー展開、ニール・ヤングの音楽等、
全てがシンクロして、独特の世界観が味わえます。
何度も観たくなる作品です!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide 投稿日 2013/3/18
形式: DVD
この作品に関しては全編が名場面としか言いようがない出来栄えだった。

文句のつけようがないくらい画面に釘付けだった。

何故だろう、考えてもわからない。

「死」は尊いものでもなく悲しむものでもなく、一言でいうなら「無」であるかのような悟りの境地に入ったジャームッシュ作品である。

ニール・ヤングの音楽も渋く、マッチしていて作品に大貢献している。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
軽く見れる作品だが内容はそれなりに深くもとれる。またモノクロでこその映画だと思う。
私は特に小鹿とのシーンとラストらへんのシーンが好きで、映像的にも美しい。
死に向かう男の数日が、最後になって分かる。
★4なのは凄い興奮があるというほどではないため。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
正直な所、色々良くわからないのだが不思議と最後まで観ずにいられない作品である。しかし最後にいくまでに3回はこっくりこっくりいってしまう。今度こそ寝ずに観ようと試みるものの、やはりどうしても眠気に襲われてしまう。モノクロだからか、ストーリーのせいか、それともポロローンというギターのせいか。まぁ、どれも相乗効果になっているんだろうな。私にとっては非常に難解に感じる物語なので。ところで本作、Wikipediaでは西部劇ではなくロードムービーに分類された。言われてみれば確かにそうだな。

ジョニー・デップ演じるウィリアム・ブレイクは、職を求めて西部の最果ての地に行くのだが、辿り着いた時には当てにしていた職には既に他の者が就いてしまっていた。途方に暮れながらも知り合った女性と情事。ラッキーと思いきや、これまた運悪く間男になってしまう。乗り込んできた男が女性をバン(本当はウィリアムを撃ったのだが女性が庇った)、それを見たウィリアムは思わず男をバン。ウィリアムは命からがら、女性の家の近くにいた斑馬で逃走するのだが、そのせいでウィリアムは「2件の殺人」と「窃盗」の罪で賞金をかけられてしまう身に。しかし、そこに逃走を助けるアメリカ・インディアンのノーバディが登場。彼はウィリアムと連れだって2人で荒野を旅する…。

確かにロードムービーである。このノーバディとい
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ストーリー性のある作品を好まれる人には?な駄作と思われるでしょうが音楽といい、映像といい、詩のように感じとりながらみる映画としてはなかなか良い作品だと思います。
淡々と生きていた主人公がひょんなことから追われ、死と隣り合わせになるに連れ、生を取り戻していく…
J.デップ扮するW.ブレイクが逃亡中に子鹿の死体をみつけ、そっと寄り添うシーンは、本当に美しい。一見の価値ありです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/3
形式: DVD
 1995年、ジム・ジャームッシュ監督作品「デッドマン」です。

 主人公・ウィリアム・ブレイク(ジョニー・デップ)は仕事を求め、
最果ての地にある鉄鋼工場に向かうも、
既に他の人が仕事に就いていた。
 行く当てもなく彷徨っていたところ、トラブルに遭遇し、男1人を殺害。
 体に銃弾を抱えたまま、馬を盗んで逃亡。
 ウィリアム・ブレイクは、ノーボディと名乗るネイティヴ・アメリカンに命を助けられ、
以後、2人で報奨金目当ての追っ手から逃げ続ける。

 ストーリー性が薄く、詩的。
 映像・台詞・サウンドの1つ1つが、それ以上のものを表し、余韻を与える。
 殺人以後、ウィリアム・ブレイクとノーボディの2人以外に出てくるのは、
追っ手がほとんどで、ウィリアム・ブレイクの気を許せる相手はノーボディだけ。
 2人は船に乗っているような感じがするし、
最初の汽車のシーンでの乗客の台詞が頭に浮かんでくる。
「頭の中の水は 景色のように動いている
 不思議なのは 景色が動いていて
 どうして船は 静止しているのか」
 他者の存在を通じて自己を認識するのが難しい状況で、
子鹿の死体は、気を許せる相手、心のオ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す