通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス (Sho... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス (ShoPro Books) 単行本(ソフトカバー) – 2013/9/28

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/9/28
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,990

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス (ShoPro Books)
  • +
  • デッドプール:スーサイド・キングス (MARVEL)
  • +
  • デッドプール:モンキー・ビジネス (ShoPro Books)
総額: ¥7,128
ポイントの合計: 215pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

冗舌な傭兵、我らが“デッドプール"がサベッジランドの密林の中に墜落した! 彼には、ここで果たさなければならない任務があった。それは、世界の破滅を目論む犯罪結社AIMのために、究極の生物兵器を持ち帰ること。任務の報酬を手にするためには、ライバルであるテロリスト組織ヒドラの兵士たちを出し抜かなければならない。ようやく目的の生物兵器にたどり着くことができたデッドプールは衝撃の事実を知る。彼が持ち帰るべき生物兵器とは、ベラベラしゃべって、脳をムシャムシャ食べるゾンビ・デッドプールの頭部(ヘッドプール)だったのだ! デッドプール・ファン必携の本書には、ヘッドプールとの珍道中のほかに並行世界のさまざまなデッドプールもゲスト出演するほか、人気の高いゾンビバースでの冒険も描いている。 またデッドプールを描くアーティストは、ボン・ダゾの他、業界の一匹狼であり、デッドプールの生みの親の一人でもあるロブ・ライフェルド、アイズナー賞/ハーベイ賞受賞作家のカイル・ベイカー、スペイン出身の若手アーティスト、ダス・パストラスが参加している。

出版社からのコメント

待望の日本上陸! マーベルの人気キャラクター「デッドプール」初邦訳! デッドプールとゾンビ・デッドプール“ヘッドプール"が繰り広げる珍道中!? これは「デッドプール」史上、最高にクレイジーな一冊だ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 336ページ
  • 出版社: 小学館集英社プロダクション (2013/9/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796871675
  • ISBN-13: 978-4796871679
  • 発売日: 2013/9/28
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 17.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,317位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
カプコン社の対戦格闘ゲームやアメコミを紹介しているブログ等でその存在を知り、面白いキャラクターだなと思っていたデッドプール。
原著作品を数点購入してみて読んでみましたが、英語が堪能でないので内容を理解できず、また他の作品への出演ではメインではないので、あまり楽しめていませんでした。
そんなデッドプール主演作品初の日本語訳コミックス発売という事で、早速読ませていただきました。

事前にゲーム等で仕入れていた知識から、きっと本作は、狂っているとも評される精神状態から巻き起こすハチャメチャな行動と、自分の存在を劇中の人物と理解しているから出来るメタフィクショナルな発言が特徴的な主人公デッドプールが、様々な人物を巻き込んでドタバタコメディを演じる作品と思っていました。
実際に読んでみたところ、前述の想像どおりのところもありましたが、想像以上の衝撃を受ける作品でした。
まず、コメディなところもかなり強くありますが、しっかりとした縦軸のドラマが書き込まれた上での、グロあり笑いあり驚きありの作品でした。
細かく語ると本筋のネタバレになるので割愛しますが、極めてシビアな世界の中で、デッドプールというキャラクターが活き活きと暴走して、行動にオチをつけつつ、そしてトラブルを解決していく姿が、ナレーション担当の吹き出しや他の登場人物達
...続きを読む ›
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
格闘ゲーム「マーヴルVSカプコン3」でも独特の存在感を放っていた
MARVELの異色ヒーロー、デッドプールの発の日本語翻訳版。

ヒーロー物としてのストーリーを下敷きに、コメディタッチな展開が繰り広げられるアメコミです。

デッドプールのユーモラスなキャラクターがとにかく面白いです。
おちゃらけていて、常に軽口を喋っています。
(一人のときもナレーションと軽口を言い合っています)

特にサブカルチャー(主に映画)を元ネタにしたジョークやパロディが面白いです。
例を挙げれば
昔の映画俳優の名前を出して「若い読者は知らないだろ」とナレーションにツッコミを入れられたり
ジャングルの原住民を見て「あれって『紀元前1万年』の出演者?」と言ったり
小型シャトルで宇宙に脱出するシーンで、操縦者に向かって
「ハン・ソロもエピソード6で自然に飛べって言ってたろ」と言ったり(この後のやりとりも面白いです)
あと、各チャプターの扉絵が有名映画のポスターのパロディになっています。

言動はおちゃらけているけど、任務はしっかりこなすところも魅力ではないでしょうか。

気になった点はグロい描写が結構あること。
...続きを読む ›
1 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
アメコミはこれまで一切読んだことがなく、左から読むことすら本を開いてからやっと気付いた程のアメコミ初心者です。
アベンジャーズとスパイダーマンの映画をいくつか見た程度の知識しかない為、どこかおかしい部分もあるかもしれないレビューですが、同じ初心者の方の参考になればと思います。

ウィキペディアで読んだキャラ紹介が面白かったので、どんなキャラか知りたくて購入しました。
全編フルカラーの漫画でした。丁寧な絵で、大きいコマや見開きはポスターみたいです。
最初は横文字とコマの流れに慣れなかったものの、面白くてあっという間に読めました。
一話毎に扉絵(?)も入っていますが、パロだったり格好良かったりデザインチックだったりとこれもまた見応えばっちりです。
ストーリーは良い意味で滅茶苦茶で、次のページの展開が常に読めないです。お色気とグロとデッドプールで構成されています。
作家が途中で変わるのも、ゆっくり読めばなんとかなります。
あと、商品全部に入っているのかは知りませんが、デッドプールについての冊子が挟まっていました。「デッドプールについて」「デッドプールのオリジン(誕生秘話)」「デッドプールの歴史」「用語解説」が載っています。読まなくてもノリで笑えるけど、細かく書いてあって親切です。
是非とも
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
デッドプールのキャラについては予備知識はあったものの、実際に本を手に読んでみたことはありませんでした。
ゲームや映像でその魅力の虜になってしまいましたが、それが念願の邦訳で直に伝わってくる・・・!こんなに嬉しいことはない。

タイトル通り第四の壁をすっ飛ばしてジョークばかりぶっ飛ばし、決めるときは気持ちよく格好良く決める、
そして子供のように無邪気な行動には自然とニヤけてしまう。そんなデッドプールの魅力を十分に味わえます。
当方はアメコミ初心者ですが、その力強いアクションとグロテスクな作風、バイオレンスとエロい表現がストレートに伝わりますね。
本書の途中に散りばめられた映画のパロディの一枚絵や節々のセリフには元ネタを知っていると面白すぎます。
自分は「逃げるぞチューイー!」や「ワープ係数5」でやられました。
しかしながら、細かいところまでメタ発言を繰り返す彼に、多少ついていけないところももちろんありました(なんのジョークだこれ?のような)
そこで用語解説といった冊子が付属しているのだが、これがまた嬉しい。
「へーそうなんだ」から「あーそういえばそんなセリフあった!」など繰り返して読むとまた面白い発見がありますよ。

こんな魅力あるキャラクターが、邦訳で更に身近にな
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック