中古品の出品:7¥ 2,902より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

デッドゾーン デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.6 52件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 2,902より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でクローネンバーグのデッド・ゾーン(字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリストファー・ウォーケン, スティーブン・キング, デヴィッド・クローネンバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/06/25
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 52件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000244RNK
  • JAN: 4988102002435
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 116,840位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   交通事故で5年間昏睡状態を続けていた高校教師のジョニー(クリストファー・ウォーケン)は、奇跡的に目覚め回復するが、なぜか人の未来を予知する能力も備わっていた。やがて彼は上院議員のスティルソン(マーティン・シーン)と出会うが、そこで彼が予知した未来は、スティルソンが核ミサイルのスイッチを押す姿だった…。
   スティーヴン・キングの同名原作を鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化したサイキック・サスペンス映画の傑作。単なる娯楽作というより、超能力をもってしまった者の苦悩や悲哀が色濃く描かれるなど、通常ならざるものを好んで描くクローネンバーグ映画ならではのテイストに満ちあふれている。84年度のアヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭では、批評家&ヒッチコック・サスペンス&黄金のアンテナと3つの賞を受賞。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

スティーブン・キングの名作小説を、「裸のランチ」などで知られるデヴィッド・クローネンバーグが見事に映画化した傑作サスペンス。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
小学生の頃、地方局のテレビで放映していたのですが、
終盤、突如、選挙速報に切り替わりラストがどうなったのか分からないまま、
二十数年を経てようやくレンタルDVDで観ることが出来ました。
触れた人間の未来が見えてしまう主人公が、ある人物の衝撃的な未来を観てしまい
それを防ぐため、悲しい決断をするといったストーリーです。
長い間、ずっーと気になっていた映画のラストは二十数年も待った甲斐のある
実に見事な結末でした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
スティーヴン・キング原作で、テレビドラマ化されたことは知っていたが、映画化されていたことは知らなかった。それもデイヴィッド・クローネンバーグ監督、クリストファー・ウォーケン主演でとは。

内容は、自動車事故に遭った主人公ジョニーが5年間の昏睡を経験する。そしてその昏睡から目覚めたとき、彼は手に触れた者の未来を読み取ることが出来るようになっていた…というもの。

非常に面白い作品である。クローネンバーグ監督お得意の力業で、この突拍子もない物語にあっという間に引き込まれてしまう。まあ、彼のこの力業こそが、彼の好き嫌いを分ける理由なのだろうが。ジョニーの迎える哀しみに満ちた最期も、ジョニーにとっては幸せだったのかもしれない。

故・野沢那智氏がウォーケンを演じた、テレビ放映当時の日本語吹替版が収録されているのもいい(故・富山敬氏が悪役を演じているのも高ポイント)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
S.キングの原作にも涙しましたが、クローネンバーグ監督の渋く抑えた演出とクリストファー・ウォーケンの悲しげな表情がマッチして、切なく辛いエンディングを盛り上げていきます。
脳の障害と引き換えに常人にないESPを手に入れてしまう主人公の悲哀は、迫害されるエスパーものと同工ですが、それでも使命に燃えて一直線に生きようとする主人公の姿勢がまさしくキング的。ややもすれば無為な時を過ごしてしまうわれわれ凡人の胸を鋭く抉る設定です。そういう意味では、結末は主人公とその周辺の人々にとっては悲劇的なんですが、決して無駄死にでなかったと納得させるものに仕上がっています。
それにしても、ウォーケンの悲しげな表情は『ディア・ハンター』と同様、あるいはそれ以上に胸に迫ってきます。『スリーピー・ホロウ』の恐ろしげな表情とは正反対です。さすがにアカデミー俳優、役者やのぅ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この一作で終わりにするのは勿体無いので、M.ホール主演のシリーズ物の方も観てみたが、やはり深みが全然違う。大筋では同じ作品の筈なのに、こうも違うものなのか・・。逆にこの作品の素晴らしさが際立つ結果となってしまった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 
スティーブン・キングが、「自身の映像化作品の中で最も優れた映画」と賞賛したカナダの鬼才デビット・クローネンバーグの傑作。従来の冷徹な眼差しは消え、情緒的で、哀切な世界が展開される。
サスペンス・スリラーとしても一級の出来栄えだが、今作がただのサスペンスに留まらないのは、事故の後遺症で、特殊な予知能力を身に付けてしまったばかりに、社会から疎外され、深い悲しみと孤独を背負って生きざるを得ない男の悲哀さが観る者の心を捉えて離さないからだ。
エキセントリックで翳がある、内気で優しいキャラクターそのもののクリストファー・ウォーケンが絶妙のハマリ役。
何故なのかは触れないが、ラストのジョニーとサラが交わす “Good-Bye”と“I love you” は、映画史に残る何度観ても泣けるシーンであろう。
マーティン・シーン、トム・スケリット、ハーバート・ロム、アンソニー・ザーブといった渋めのキャストも、よく効いている。
C・ウォーケンが、冒頭、自身がこの後出演した「スリーピー・ホロウ」の話をする処や、実際は、ハリウッドきっての反戦リベラル派のシーンが、タカ派の上院議員候補を嬉々と演じている辺りが面白い。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 のじり トップ1000レビュアー 投稿日 2012/12/30
形式: DVD
(いきなりネタバレ気味ですが)
主人公は、人生を奪われた代わりに期せずして不思議な能力を手入れた青年。
その青年が、誰も知らない未来を救う為に命を掛ける物語。

本作の、‘誰も知らない…わからない(そして理解もされず賞賛もない)所で実は世界を救っていた…’という悲しげな構図は(全然似てないけど)名作『サクリファイス』を想起させました。…もちろん、本作の制作費は(『サクリファイス』に比べて)控えめなものでしょう。でも、心を動かすという意味では負けず劣らずです。いやぁ…泣けます(あのニューシネマ的なラストも含めて)。
なんというのか…‘火星の地表のように乾ききった私の涙腺を破壊(←引用)’しました。

とにかく演出が素敵。
監督の出自からホラー映画と思われてしまうかもしれません。が、そんなシーンはほんの僅か。抑制の効いたサスペンス調の演出と痛みのあるラブストーリー(←陳腐だがあえてこの表現で)が端正に組み合わされます。リアリティのない(?)物語であるにもかかわらず、その端正な演出により隣で起きてもおかしくない(?)ほど迫ったものを感じさせます。
そして、ムダなシーンがない。それでいて100分少々の上映時間でよくこれだけの要素を自然に深みをもって表現したと、感心してしまいます。(ヒロインが幼い息子を
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー