中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 り.えこ書店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【非常に良い】ご検討ありがとうございます。良好品 全体としてきれいな状態です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デッドエンドの思い出 単行本 – 2003/7/26

5つ星のうち 4.2 57件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,234 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 『デッドエンドの思い出』は、出会いのタイミングや状況の流れが人間の関係を規定していくさまを、5つの短編によってリアルに描いた短編集である。

   大学の同級生である男女の出会いと別れ、そして再会に、普遍的な人生の営みを重ねた「幽霊の家」。会社を逆恨みする男によって毒を盛られたカレーを社員食堂で食べてしまった女性編集者の心の動きを描いた「おかあさーん!」。小説家の「私」が子ども時代に実家のある街で体験した男の子とのせつなく甘美な時間を回想する「あったかくなんかない」。そして、同じビルに勤める旅の雑誌を編集する男性への5年間の思いを実らせようとする女性の思いをつづった「ともちゃんの幸せ」など、痛苦に満ちた人生の局面にそれぞれのやり方で向かい合う女性主人公の姿が肯定的にとらえられている。

   登場人物の多くはネガティブな状況に置かれるが、そうした状況をやみくもに否定せず、ニュートラルにとらえ、「世界」との和解の可能性として提出するよしもとのスタンスは、本作において首尾一貫している。そうした作品集全体の方向性は、よしもと自ら「これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好き」(あとがき)と語る、婚約者から別れを切り出された女性が陥ったデッドエンド(袋小路)的状況の中で掴む「最高の幸せ」の瞬間を描いた表題作「デッドエンドの思い出」に集約している。人生への絶対的な肯定に満ちた短編集である。(榎本正樹)

内容紹介

人の心の中にはどれだけの宝が眠っているのだろうか――。時が流れても忘れ得ぬ、かけがえのない一瞬を鮮やかに描いた傑作短篇集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 229ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2003/7/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163220100
  • ISBN-13: 978-4163220109
  • 発売日: 2003/7/26
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 340,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本当にいきなり!最愛の恋人と仕事を一度に失って、袋小路で迷って1ヶ月経とうとしている私に、この本が巡って来た。
初めに表題になっている『デッドエンドの思い出』を読んだ。
なに!?この癒しは??
‥涙が止まらなかった。悲しいのでは無く、幸せってどういう感じかを思い出したのだ。
次に『幽霊の家』を読んだ。
別れた彼との縁を、無理に戻そうと願うのはやめようと思えた。
どうなるか分からないけれど、自然に、流れに、身をまかせてみようと思えた。
きっと、今の私もどこかへ、誰かへ繋がっているのだ。
私が大切にしている幸せを同じ様に思ってくれる誰かへ。
ばななさん、ありがとうございます。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本で見せてくれるのは、
「こんなに私は幸せになりました!」とか、
「結局こんなにあわれなことになってしまいました」、
とかいう結末ではなくて、
ひとつひとつの物語にちりばめられている、
小さな小さな、はたから見たらなんでもないような幸せたち。
誰もが人生のなかで、
この物語ほどひどくはなくても、
一度は、
どうしようもないほどの最悪な境遇に見舞われる。
そしてこの本には、その後、のヒントが、
詰まっていると思います。
だからこの短編ひとつひとつには、
ほかのどんな「お涙頂戴」な物語よりももっと沢山の
きらきらした未来、とか、希望、みたいなものが溢れていました。
とても美しい短編集だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よしもとばななの本はどれを読んでいても感じることですが、
全体がとても静かな流れのなかにある感じがします。
美しい日常?っていう感じ。
今回のこの「デッドエンドの思い出」は
どの話もなんだか切なくて、とってもいいお話たちでした。
ゆったりとした時間の中で、1人で、ゆっくりと読むことをおすすめします
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
傷ついた心を抱えたままで、家には帰れなかった・・・。婚約者に

裏切られたミミは、おじさんの所有する店の2階に少しの間住む

ことにした。そのお店で働く西山君とのほのぼのとしたふれあいは、

ミミの心を少しずつ癒していった・・・。癒されていく心をふんわりと

描いた表題作を含む5編を収録。

「おかあさーん!」ではある事件をきっかけに自分の人生をあらためて

見直し力強く生きていくことを決心した女性を温かな目で、「あったかく

ない」では幼い頃の思い出を切なく、「ともちゃんの幸せ」では幸せに

恵まれなかったともちゃんをやさしく包むように、描いている。私が特に

印象に残った「幽霊のいえ」では、家族や夫婦、恋人などの大切な人との

関係をしっとりと描いている。死んでしまったのにそのことに気づかず、

いつもと変わらぬ日常生活を営んでいる老夫婦の幽霊。その存在を静かに

見守る岩倉君のやさしさが、泣きたくなるほど胸にしみた。読んでいて

心地よく、心が温まる話ばかりだった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emi40 投稿日 2003/9/5
形式: 単行本
「恋の短編集」とあり、「この小説を書けて(よしもとさん自身)小説家になってよかった」と帯にも書いてありました。
でも、これは、「恋愛」でなく「家族」であったり、「人の死」についての短編集に思えました。それは、誰もよけて通れないもの。それを、少しスパイスをかけて、お話にして・・・そんな短編集です。だから、5編もの小説は、なんだか色とか薫りとかが似ていて、全然違うのだけど・・・統一されている。その中で、精一杯、等身大で主人公たちは、静かに人の死を受け入れ、家族を理解し、恋をする。よしもとさんにとって、「最高の小説」かもしれない。でも、これは、きっと始まりだと思う。これから、もっと私生活にも出産とあって、よしもとさんの「最高の小説」が読める日のことを私は楽しみにしています。でも、この本も、きっと、今の作者には最高なのだと、思います。私も、静かに読み終わりました。そして、「し~~ん」とした気持ちをしばらく持ちました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー