Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
(税込)
ポイント : 105pt (21%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森恒二]のデストロイ アンド レボリューション 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

デストロイ アンド レボリューション 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] デストロイ アンド レボリューション(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の9の第9巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 280

紙の本の長さ: 193ページ

【女性向けコミック祭り】まとめ買い最大50%OFF
女性向けのコミックのまとめ買いがお買い得!2/23までのこの機会をお見逃しなく。そのほかのセールも多数。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

全て…僕から始まってしまった…だから… ついに警察への協力を決断したマコト。反撃の切り札を得た警察は、「問う者」壊滅へと突き進む! そして、追い詰められたユウキは、核兵器による最終決戦に向けて動き出した…。愚かで無垢な革命の果てにあるものは…!? 最凶のSFテロルストーリー、衝撃の最終巻!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 57183 KB
  • 紙の本の長さ: 219 ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/1/19)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NBM6T6M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
結構好きな漫画だったんですけどね。

序盤の問題提起、物語の核である、異常な世界をどうやって正すのか?
誰が正すのか?正す必要があるのか?
というテーマは、物語の少年達の葛藤を描くために提示されていただけなのかなと思いました。

大人の登場人物は、無能で人間性皆無の政治家と話の分かる一般市民という「いかにも漫画」と言った感じ。

ワンネスも戦闘用の超能力の描写ばかりで、テーマと向き合うためにはほぼ使用されず。

まあそれでもそこそこ楽しく読めたのですが、唐突に終わりました。

描きたい事を描ききってしまったのでしょうか。

物語としての体裁は最低限整えて欲しかったです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ホーリーランド・自殺島 ・デストロイ アンド レボリューション
深いテーマを掲げてうまく広げて終わり方はひどい
毎回もう少しちゃんとした最後を用意してほしいと後悔を感じる
それでも毎回読ませる作品を作ってくる力のある作者
最後だけなんとかなりませんか
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
単行本が出るインターバルが長いので、ストーリーを思い出すのが大変。笑 それでもここまで読み継いできたのは、やはりこのユニークな漫画が気に入ったからです。この巻でもユウキとマコトの対立を軸に、日本対アメリカの微妙な関係をからめて快調でした…しかし突然〈最終話〉とは。そしてその内容が、わたくし的には納得できず。うーん、良作だけに残念です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover