中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デジャ・ビュ (幻冬舎文庫) 文庫 – 2001/12

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

生まれついた階級が全てを決定する世界。ツバサは「Cマイナス」という出自を呪い、そこから抜け出すために猛勉強をしている。劣等感を忘れさせてくれるのは、盲目のピアノ調律師とのセックスだけだ。ある日、階級制度に反対するテロリズムを目撃したツバサは、自分の中で何かが動き出すのを感じた。希望と自由の意味を探る書下ろし小説。

内容(「BOOK」データベースより)

生まれついた階級が全てを決定する世界。ツバサは「Cマイナス」という出自を呪い、そこから抜け出すために猛勉強をしている。劣等感を忘れさせてくれるのは、盲目のピアノ調律師とのセックスだけだ。ある日、階級制度に反対するテロリズムを目撃したツバサは、自分の中で何かが動き出すのを感じた。希望と自由の意味を探る書き下ろし小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 242ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2001/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344401786
  • ISBN-13: 978-4344401785
  • 発売日: 2001/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,607,287位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この作者のストーリーは、大体全部似たような筋書きで似たような登場人物しか出てきません。
だから純粋に楽しめる小説、とは言えないものであるかもしれません。
しかし、物語全体が中高生の頃に抱いていた、
エロティックで暴力的で刹那的な「美しいもの」で満ち溢れています。
また、ハードカバー・文庫共にとても綺麗で凝った装丁になっていて素敵です。
桜井さんの美しい虚構に浸ることが出来る人には、是非オススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/19
形式: 文庫
マイクル・ヤング著・窪田鎮夫・山元卯一郎訳,1982,『メリトクラシー』至誠堂 を彷彿とさせるような内容でしたが,このような階層化社会が訪れる可能性は全くないとはいえないでしょう。事実,国立大学の授業料も値上げされ,日本社会は階層化の方向に進んでいるとの指摘(苅谷剛彦・東京大学)も多いのです。「階層」ときくとなんだか重たいような,あるいは一億層中流の時代が続いた日本ではまだなじみのないキーワードかもしれませんが,この作品はあらゆる世代に「階層」への関心を喚起するものになりうり,その点で非常に評価できます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fancy 投稿日 2008/2/5
形式: 文庫
著者の作品を読むのは、これで、2作目なのだが、話によると、高校生に人気のある作家だそうで、この本を読んで、なるほど、援助交際など、いまどきの高校生にありがちなストーリーになっていると感じた。私は、主人公よりもずっと年が違うのだが、正直、あっけにとられることも多かった。ちょっと理解の範囲を超えているというか・・・。でもそれが逆に、新鮮とも言えるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/18
形式: 文庫
内容を一言で言えば、本人もあとがきに書いていますが、映画「ガタカ」のパクリです。もちろんラストは彼女らしいアレンジがされています。悪い作品ではないけど、思春期の読み物って感じが否めないのも率直な感想。今回の作品も例外ではないですが、彼女の作品にはいつもドラッグが当たり前に若者の間で存在していて、それによって現実離れしたわざとらしさが出てしまうし、ダークな気分にさせられてしまう。でも、彼女の作品て、挫けそうな時に読むと、元気が出ますよね。本作にもそれは期待していいと思いますよ。報われなくても救いはあるってかんじです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告