Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 990 (50%)
Kindle 価格: ¥990

(税込)

獲得ポイント:
10ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[カル ニューポート, 池田 真紀子]のデジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する Kindle版

5つ星のうち4.2 145個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥990
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

AppleやTwitterが巧妙にしかける依存のしくみに抗うには、もはや一時的なデジタル・デトックスじゃ足りない。これは生き方の問題で、僕らには新しい“哲学”が必要だ。すなわち、デジタル・ミニマリズム。スマートフォンとSNSから可処分時間/可処分精神を守り、情報の見逃しを怖れず、大切なことを大切にできる思考法=実践法。1600人超を対象に行なった集団実験から導き出されたメソッド―30日間の「デジタル片づけ」を実行し、あなたもデジタル・ミニマリストになろう。テック界の「こんまり」として話題のコンピューター科学者による、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー&Amazonベストブック。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ニューポート,カル
ジョージタウン大学准教授(コンピューター科学)。1982年生まれ。ダートマス大学で学士号を、MIT(マサチューセッツ工科大学)で修士号と博士号を取得。2011年より現職

池田/真紀子
翻訳家。1966年生まれ。上智大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B07YG2PH4Q
  • 出版社 ‏ : ‎ 早川書房 (2019/10/3)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/10/3
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 2026 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 278ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 145個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
145 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
235人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
90人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト100レビュアー
2020年4月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 “デジタル・ミニマリスト”という哲学が必要
ユーザー名: OKAMOTO太郎、日付: 2020年4月20日
文句のつけどころなく☆☆☆☆☆満点をつけたい。

救われたような気持である。

ここ最近感じていたことの答え合わせをしているような気分でワクワクしながら、
「そうだよね!」と何度も頷きながら読みふけった。

以下のような人には、圧倒的にお勧めする。

・SNSやスマホに疲れを感じている人
・youtubeを流しながら作業するのが日課になっている。
・なんとなく集中力がなくてスマホが気になる。
・コンビニに行くにも、トイレに行くにも、風呂に入るにもスマホを持つ
・一日に何度もSNSやゲームを開く(ほぼ無意識的に)
・家族や友達と過ごす時間にもSNSやスマホをいじることが多い
・なんでもググる癖がついている

上記以外にも、挙げだせばせばキリがないほど、現代人の多くが当てはまるのではないだろうか?

著者いわく、“デジタル・ミニマリスト”とは「哲学」であるとのこと。

巧妙に仕掛けられたデジタル依存は強力すぎて、
「スマホを遠ざけるライフハック」や「意志力」や「ベッドにスマホを持ち込まないようにする」という小さな工夫だけでは、もはや力不足であるという。

すべてのデジタルデバイスを叩き割って森に住むのでもなく、
一日中、スクリーンに釘付けになっているのでもない丁度良いバランス感覚を取り戻すにはどうすればよいのか?

その一つの答えが“デジタル・ミニマリスト”である。

悪いことは言わない。
すでにスマホ依存・ネット依存の自覚症状がある人には今すぐ、この本を最後まで読んでほしい。

可能な限りでいい、スマホの電源を切って読んでほしいが、無理ならちょいちょいスマホをいじったっていい。

皮肉にも、本を読むという行為自体がハードルが高いものとなってしまっているような感じをうける。

本来もっとも、この本を読むべき人たちには、既に本を読むための集中力すら奪われてしまっている場合が多いだろう。

本を読み始めて、気になるワードが出てきたらすぐにググりそうになるかもしれないし、
「この本読んでるなう」とツイートしたくなるかもしれない。

「本なんて読むより、まとめサイト読んだり、YouTubeで誰かがまとめてくれたものを聞けばOKっしょ?」という具合だろうか・・・。

まあ、それでもいい。そういう自分をやさしく包み込むような感覚で認めながら読むことが必要だ。

決して、自分の集中力のなさに絶望することなく、少しずつでもよいので読んでほしい。

また、自分のデジタル依存具合に危機を覚えている人には「あなたの脳は変えられる」という本もおすすめだ。

マインドフルネスで依存と付き合う道筋が見えてくるだろう。

ソローの「森の生活」はいうまでもなくおすすめで、合わせて読むと理解が爆発的に進むだろう。

1人でも多くの人の参考になれば幸いである。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告