¥ 108,500 + 関東への配送料無料
残り2点 ご注文はお早めに 販売元: 良い GOODS
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 109,080
+ 関東への配送料無料
発売元: カメラのナニワ
カートに入れる
¥ 109,140
+ 関東への配送料無料
発売元: カメラのキタムラ ネットショップ
カートに入れる
¥ 111,800
+ 関東への配送料無料
発売元: DIGITAL SHOP J-pre
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

5つ星のうち 3.1 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 108,500
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、良い GOODS が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:24¥ 108,500より 中古品の出品:5¥ 102,000より
  • ●メモリーが一体となった1.0型CMOSセンサー搭載・光学ズーム2.9倍コンパクトデジタルカメラ
  • -----
  • -----
  • -----
  • -----


あわせて買いたい
予備バッテリーがあれば長時間撮影でも安心。 『SONY リチャージャブルバッテリパック Xタイプ NP-BX1』

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 新品 新品未使用になります。メーカー保障が付きます。 万が一在庫切れの場合は早速返金いたします。



よく一緒に購入されている商品

  • SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4
  • +
  • Transcend SDXCカード 128GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS128GSDU3
総額: ¥116,296
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
画面サイズ3 インチ
充電式電池付いいえ
付属機能自分撮り
  
登録情報
商品パッケージの寸法4.1 x 10.2 x 5.8 cm ; 299 g
発送重量540 g
メーカー型番DSC-RX100M4
ASINB010EWIN6Q
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/6/26
おすすめ度 5つ星のうち 3.1 11件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 19,448位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

◆世界初メモリー一体1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサー搭載◆ポケットサイズでプロのような映像表現を可能にするスーパースローモーション◆デイリーユースできる画素加算のない高解像なクリップ4K動画記録 / ※ご注文に関しましては、お1人様1台でお願いします。複数ご購入はご遠慮ください。※同一住所で名前を変えてのご注文など、同一と思われるお客様より複数のご注文をいただいた場合、 ご注文をキャンセルさせていただくこともございますのでご了承ください。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 海老太郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/8/11
前機種のRX100Ⅲとの価格差とスペックの差を考えると
ⅣではなくⅢでも十分かと思われます。
しかしながら他のコンデジよりはるかに高性能。
スペックは最強のコンデジだと思います。

ただ、写真画質は一眼レフカメラには敵わない場面があるでしょうし、
4K動画も高画質のビデオカメラがあれば
RX100Ⅳは必要ないと考える方もいるかと思います。

このカメラの強みは気軽に持ち運べて直ぐに撮影できるという点です。
ビデオカメラや一眼+レンズはポケットには入りませんし、
カメラがカバン容量を結構占領します。また、高価なレンズ、カメラ本体を
守るため、カメラ収納専用のカバンを用意することもあるでしょう。
撮影の度に外でイメージセンサーにわんさかホコリを入れながら
ゴチャゴチャレンズを入れ替え撮影するのは嫌だという人向けです。
このカメラはポケットや、バッグから取り出した後、
すぐに撮影出来るのでシャッターチャンスを逃しません。
気軽に素早く高画質で撮影でき、コンパクトで持ち運びが楽。
特に旅行の際はこのカメラが大活躍するとおもいます。

コンデジ、一眼レフカメラ、ビデオカメラにはそれぞれ強みがあり
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
総じて、すごく気に入っています。

私はスーパースローモーションが撮れるfs700というカメラをいつか購入しようと思っておりました。

時は経ち、2015年。
スーパースローモーションがこんな小さなカメラで楽しめるなんて。
夢のようなカメラが出ました。
技術の進歩はすごいですね。

ただ、動画カメラとしてみた場合、欠点がとても多いカメラでもあります。

1.長時間の録画は出来ない

カメラの熱暴走強制停止で、4k撮影は20℃くらいの環境でも5分未満で強制停止することがあります。120fpsの100mも、センサーがかなり熱くなるのか5分程度でストップすることがあります。

手持ちで液晶を閉じたままだと更に悪化。
手の熱と液晶の裏側の熱がこもり、強制停止も早まります。

小さいボディのため、仕方ないとは思いますが、パナのlx100は4kが15分撮れるという事実。sonyさんにはもうちょっとだけ頑張って貰いたかった。

2.スーパースローモーションの実際の撮影可能時間は2秒or4秒で、使い勝手が悪い

このカメラの大きなウリである240fpsより高速のスーパースローモーシ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
初代RX100から本機に買い替えを行いました。
主な用途は、3歳になる娘の成長記録(静止画・HD動画)とお散歩スナップ。

もともと、4K動画やスーパースローモーション動画の使用は考慮に入れていなかったため、
購入前はRX100M3と悩みましたが、実際 店舗で両機種を手にとり試し撮りをさせてもら
い、即決。RX100M4を購入しました。

α7シリーズと同じ2,359,296ドットの高精細なEVFは、まるで被写体を素通しで見ている
よう。

連射性能が毎秒16枚に向上している点は、子供撮りにはとても助かります。

また、シャッタースピードが最速1/32,000秒まで大幅に引き上げられた点も、真夏の開放
撮影や幻想的な写真表現には欠かせない要素だと思います。

本機のメインフィーチャーが 4K動画とスーパースローモーション動画 ということもあり、
Webでは専らこれらの機能についての記事が紹介されていますが、静止画と従来動画の使
用だけでも、RX100M4ではさまざまな点が細かく改良されていることに気付かされます。

初代RX100では、暗部は粘るけれどハイライトが飛びやすい…という特徴がありまし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
  普通はカタログに書いてあることは話半分…というのが通常でしょうが、正直今回のバージョンアップはすごい。もちろん「コンデジ」としての価格や、使用用途に当たっては「高い」という感情も分かるが、「こんなことができたら」と、テレビ放送を見ながらあこがれていた者にとっては本機で、または10Ⅱで実現できていることは素晴らしい。カシオでも電子シャッターを用いて似たような機能はあったが、あくまでも静止画の世界。「ハイスピードカメラ」としての動画がコンシュマー機として実現できたことで、おそらく多くのテレビ放送自体にも影響があるだろう。つまり、ドキュメンタリーやバラエティー番組でも、気軽に「手持ちできる小型カメラ」で超スローモーションの世界が配信できるようになる。それくらいの「革命カメラ」と言っていいと思う。家庭では、子どもの観察日記に「ミルククラウンのでき方」など、動画で発表できる。また、スポーツ競技でフォームの矯正について「一瞬の」動画を見ながら説明できる、など、今までスマホに居場所を取って代わられそうになっていた立場を一気に回復したものと思う。ただ、もちろん高価で、そこまでの動画を必要としない者にとってはいくらシャッター速度が1/32000になり、高速のものでも撮れる!明るくてもF1.8よ!と言われても・・・という感もある。個人的には、安くなったⅢを買おうかどうしようか・・・迷っている。ちなみにⅡユーザーです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー