中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デジカメ時代のスナップショット写真術 (平凡社新書) 新書 – 2002/11

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2002/11
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

デジタルカメラの入門書ではありませんが、、、、
 この本は、たとえば「いかにしてきれいなデジタルプリントをつくるのか」とか、何百万画素のカメラがいいのかといったデジタルカメラの使い方を解説したものではありません。そうした写真の「延長線」をたどるメディアではないという自覚のもと、デジタルカメラが本能的に身体性を発揮して撮られていることに注目、「スナップショット」ならではの愉しみを検証するものです。
 大金を使い「海外の秘境」に行き忙しく撮影しなくとも、また「特別面白い出来事」がなくても、みなさんの「ご近所」をじっくり歩き、季節の微かな変化を肌で感じるがごとく、ゆっくり「写真」を撮ればいい。そんな思いを込めて書きました。デジタルカメラをどのように選ぶかといった簡単なコメントは最終章で記述しましたが、デジタルカメラをいかに写真行為の中で生かしていくのかという細かな問題、あるいは今後の展望などについては別の機会でさらに論じてみたいと思っています。デジタルカメラは現在進行形の新しいメディアでもあるからです。
 どうかご高覧下さいますようお願い申し上げます。(大西みつぐ 2003年4月)

内容(「BOOK」データベースより)

「家族写真は、息がかかるくらいの距離で」「まず続けてシャッターを押すことを覚えよう」―。当代随一の名手が、写真の王道「スナップショット」の尽きない魅力とテクニックを懇切丁寧に解き明かす。デジカメ時代に、自分ならではの写真を楽しむための決定版入門書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 161ページ
  • 出版社: 平凡社 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582851592
  • ISBN-13: 978-4582851595
  • 発売日: 2002/11
  • 梱包サイズ: 17 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 778,655位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2006/7/3
形式: 新書
スナップショットというのは,風景や花の写真のようにじっくりとロケーションを考え,光の具合を見計らい,時には自分の欲しい光が来るまで待って撮るというようなことができない写真です.ポイントとしては,スナップショットはうつろいゆく時間の中の一コマで,流れの中での1枚ということです.

本書では,このようなスナップショットを撮影するコツがいくつか紹介されています.私が参考になったのは,続けてシャッターを押しましょうということ,教科書的な構図ではなく身近な風景でも回りを注意深く見ることで新しい発見があるということなどでした.スナップショットは気分の赴くまま,難しいことは考えずにバシバシと撮れば良いということだと思いますが,実はなかなかこれが難しいのです.最後は感性の問題かなと思います.この感性を磨くための一冊として良いのではないでしょうか.
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
確かに「デジカメ時代」ではあります。が、内容はデジカメとは関係ないものが大部分。デジカメによるスナップ写真の話と思うとはずします。内容自体は悪くないので、「時代」に媚びないタイトルにすればよかったと思うのですが…
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gyosyonin 投稿日 2011/1/17
形式: 新書
初版の出版が2002年11月というだけあって、デジタルカメラ、特に機能に関する記述は古さを感じさせます。
スナップショット自体については著者自身の立場で写真初心者への助言が述べられています。
本書の内容は何も「デジカメ時代」というコジツケ的な題名は必要ないはずなのに、売る目的での題名が付加されていると感じずにはいられません。
デジタルカメラの機能と役割を知ろうとする人にとって本書は役立たないでしょう。スナッブショットという写真自体を知ろうとする人には役立つのではないでしょうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 写真に関するエッセイを読むのは好きである。
でも、最近はデジカメの「安易な解説書」が横行し、
読み応えのある(癖のある?)写真の蘊蓄話に出会えて
楽しい1冊でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告