中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デジカメに1000万画素はいらない (講談社現代新書) 新書 – 2008/10/17

5つ星のうち 3.8 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

無意味な高画素化、レンズのブランドの謎、シーンモードの問題点……。
業界の「常識」は無視しよう。デジカメならではのよさとおもしろさを最大限に引き出すためのヒントを満載。

目次
第1章 嘘がまかり通るデジカメの世界
カメラをつまらなくした高画素信仰を憂い、自然な色って何? など、
デジカメ業界の本当の話。
第2章 間違いだらけのカメラ選び
メーカーで選ぶのは間違い? どんなカメラが使いやすい?
一眼レフのよさとは? レンズとの相性とは? など、デジカメのよさを引き出すカメラ・レンズ選び。
第3章 デジカメは「買ったまま」使うな!
シーンモードは使えるか、暗い場所での撮り方
フラッシュはこう使え、など、使い手に合わせた設定を考える。
第4章 「ガバサク理論」で写真が激変する
望遠ズームの使い方、暗い場所では「念写」せよ、など、
デジカメはとにかくたくさん撮ろう。
第5章 デジカメ達人への道
人物撮影のキモ、面白写真の撮り方、など、
デジカメならではの撮り方をマスターしよう。
第6章 自由自在にカメラを操る
露出をどうするか、「物撮り」のキモ、撮りづらい写真の撮り方、など、これでプロ並みの写真も夢ではない!
第7章 撮った写真はサクッと直す
フリーソフトはこうやって使い倒せ、など、
デジカメだからこそできる編集術。

内容(「BOOK」データベースより)

業界の常識を無視すれば、こんなにきれいに撮れる!もっと自由に、もっと大胆にデジカメで遊ぼう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 190ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062879638
  • ISBN-13: 978-4062879637
  • 発売日: 2008/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 259,886位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 一甫一歩 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/22
形式: 新書
本書が出版されたのは2008年ですから、今(2014年)から6年前。
この6年間というのは、小学1年生が6年生になるのと同じ月日であるということを考えると、そもそも長いわけですが、
デジタル機器は日進月歩で進んでいるので、自分の実感以上に年月が経っていると考えなくてはいけないでしょう。
そうすると、当然ながら本書の内容は古い情報であることは理解しておくべきだと思います。

本書は、画素数が増えていくデジカメにあって、刺激的なタイトルであります。
そのため、目を惹きます。
そして実際に、なるほどと思わせるところもあります。
しかし、本書が提唱するガバサク流の一つのトリミングやズーミングなどをする場合は、
画素数が多い方が有利なのでは?と思ってしまうところもありました。

結局のところカメラ選びとは、画質、色合いなどを含めて、
各メーカーが持っている仕上がりの傾向に対して、自分が好きか嫌いかという好みになってしまうのかな。

講談社現代新書は新書の中でも老舗的存在で、かなり濃い内容のもの(硬派なもの)を出している印象ですが、
この本はそういった印象はありません。
どちらかというと、同じ講談社であれば、講談社+α新書のラインナップに入れた方が良かったのではないかと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
発行後すぐに増刷になった評価の高い本だったので買ってみたが、おっしゃっていることと作例のギャップが大きすぎ。スペックの低い機種で唸る作品があれば納得だったのだが、これなら高スペックのほうが良く見えるのでは? この本は作例がないほうが、説得力があったような気がします。本当、残念の一言。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
命題がデジカメに1000万画素はいらない とあるのに技術解説が少なくありきたりな文章とサンプル写真のみでセンサー、レンズに関する図解と技術解説が無い。
あと肝心の技術解説が全体の2割で買っても勉強にならなかった。
やはり文月凉さんでないと無理なのかもしれない
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
僕は普段、カメラや写真撮影には全くの素人かつズボラな性質(たち)で、画素数だ露出だといった細かいことは一切気にせずバシャバシャ撮る。
ところが最近自分の写真の出来映えに今一つ満足できなくなってきて、そんな時にこの本を見つけた。

多分、プロの写真家や永年カメラを趣味にされている方々からすれば、この本に書かれている内容は別に目新しいものでなく、またひょっとすると議論をふっかけたくなるような事も書かれているかもしれない。
だけど、僕にはそんな事は全く関係無い。

著者がプロのカメラマンでないことが返って良く、「カメラに詳しい年上のアニキに分かり易く教えてもらってる」という感覚が嬉しい。
説明の仕方も大変上手で、実際に条件を振ってみた写真サンプルが多用されているから説得力がある。
書かれていることを具体的に実践してみて、自分が撮影した写真のレベルがちょっと上がったような実感もある。

僕のように「今まで野放図にシャッターだけ押してきたけど、もうちょっと技術を身に付けたいな」と思い始めた方に、特にお勧め。

この本をもっと早く読んでおくんだった。
そうすれば、先月の次男の卒業式の写真で失敗することもなかったろうに... グスン。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
デジタルカメラは今や誰もが持っていますが、その特徴について写真の初心者にわかりやすく説明した本です。

もとが新聞記事だったので、一つ一つの項目はわかりやすく、それだけで読み切ることが出来ます。デジカメを購入したのを機会に、良い写真を撮りたいという人、あるいは、二台目のコンパクトデジカメを購入しようとしているが、何を基準に選んだら良いか迷っているという人には丁度良い読み物でしょう。

ただし、既に写真についての知識がある人が読むには向きません。著者の「たくき」さんは、趣味で写真で撮っている方です。本書に掲載されている写真は、カメラマンを生業としている人が撮った写真と比べてしまうと見劣りがします。そのため、どうしても写真から「どのようにすれば良い写真が撮れるのか」の部分は説得力が欠けてしまいます。本書に書かれていることは、デジタル一眼を買おうと思っている様な方には既に知っていることが多くあまりお勧めではありません。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック