中古品
¥ 557
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯ありです。カバーは若干の汚れがあります。中身は非常に綺麗な状態で折れや書き込みもなく良好です。Amazon専用在庫のため、品切れはありません。すぐ発送できます。最短でのお届け希望の方は「お急ぎ便」または「当日お急ぎ便」を選択して注文を確定してください(有料オプション。Amazonプライム会員は無料)※商品説明文と実際のコンディションが違っている場合は、返金対応させていただきますのでご安心下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デザイン思考の道具箱―イノベーションを生む会社のつくり方 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 250
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本の「デザイン思考」研究の第一人者であり、その成果をもとにみずからもコンサルタントとして一流企業の商品開発に携わる奥出教授が、企業の創造性を高めてイノベーティブな商品を生み出すための秘策を明かす話題の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

奥出/直人
慶應義塾大学環境情報学部教授。株式会社オプティマ代表取締役。1954年兵庫県生まれ。1978年慶應義塾大学文学部社会学科卒業。1986年ジョージ・ワシントン大学アメリカ研究科博士課程修了。1987年慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程、単位取得後退学。ジョージ・ワシントン大学助手、埼玉大学講師、筑波大学講師、日本女子大学講師を経て、1990年以降慶應義塾大学にて教鞭を執っている。文化人類学、現象学、メディア環境論などの幅広い研究業績を基盤に、現在はインタラクション・デザインやデザイン思考など、21世紀のモノづくりの根幹となるフレームワークを研究・開発。その成果から2000年、株式会社オプティマを設立し、多くの一流企業の商品開発に参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: 早川書房 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152087994
  • ISBN-13: 978-4152087997
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
さまざまな企業からの依頼をうけて魅力的な製品をうみだしているデザイン会社 IDEO が話題の中心だ. GE, P & G, Apple などの会社にもふれている. そして,この本の中心は IDEO にみられる創造のプロセスの著者の体験にもとづく解説だ. そこでは,創造性は個人の才能ではなく方法でありマネジメントの問題だということ,プロトタイピングと,フィールドワーク,エスノグラフィーの重要性と手法などが記述されている. フランク・モスにひきいられる MIT メディアラボにおけるプロトタイピングの方法も記述されている.

こういうあたらしい方法はとくに日本の大企業にはうけいれられていないという. 会社がうけいれないなら,個人で経験する方法はないものかとおもう.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨今IDEOをはじめとするシリコンバレーの「デザイン思考」が注目されている。この「デザイン思考」を体系的に、かつ具体的に学ぶ為の好著。「デザイン思考」について学ぼうとする方に一番お勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
慶応SFCの奥出教授によるプロダクトデザインの見地からのイノベーションについて述べた本。著者自身の経験、IDEOでの手法がまとめられており、ダーティープロトタイプやチーム内でのコラボレーションの仕方等、非常に示唆に富んでいる。1度読んだだけでは消化しきれなかった。2度、3度の読み込みが必要だろう。あとはこの手法をどうやって自身で実行するかは、読者の問題となる。

2006年に著者の学生らによる研究成果の発表をみたが、すばらしいものだった(現に賞も獲得している)。ただ、残念なのは英語でのプレゼンテーションで、せっかくの良いものでも失笑に包まれてしまい、会場に伝わらなかったこと。

近年のイノベーションの代表として、iPod+iTSが揚げられているが、日本発のイノベーション事例を紹介してもらえると日本人にとしてモチベーションがあがるかもしれない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kidd 投稿日 2007/6/5
形式: 単行本
想像性を軸にして、ビジネスの現場を説くさいに何かうさんくさいものを感じる。

 しかし、本書にはそれがない。特に、著者の、掃除に対する評価の仕方にその現場をしって、革命が起きる瞬間に立ち会ってきた人間の言葉、姿勢を感じる。管理職的人間がうわっつらだけで、書いている本ではない。人材を尊重し、人間の能力を信じている人のやり方が書いてあると思う。技術的な自慢ではなく、いかにイノベーションという創造性へ努力できるかという、現場の人間の謙虚な姿勢をかいま見れる。ただ、もっと泥臭いところを広げて欲しかったという意味で☆4つ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ipodを作ったIDEOというデザインコンサルティング会社がとる開発アプローチはデザイン思考と呼ばれている。デザイン思考は製品だけでなく「サービス」や「イノベーションを生む会社」を作ることもできる考え方である。何よりも机上の空論でなく、「フィールドでの観察」と「ブレスト」、そして「プロトタイプをすぐ作って考え」、「物語を作る」という5感をフル活用して生み出していくプロセスなのがいい。その過程でのワクワク感がリアルで新しいものを生み出す原動力であることは容易に想像でき、面白いイノベーションができそうな気がしてどんどん惹きこまれる。次はIDEOの本(発想する会社)も読んでみよう
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告