¥ 2,160
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デザインマネジメント がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

デザインマネジメント 単行本 – 2014/7/19

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,330
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デザインマネジメント
  • +
  • オトナがますます育つ「考え方」の絵本 カフェオレからはじまるイノベーション
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

デザインマネジメントは、デザインを経営の根幹に据えた経営手法のこと。技術や販売手法を中核とする経営は広く見られるが、
これにデザインを加えると顧客価値を探る多様な視点が得られる。欧米の成長企業であるアップルやグーグル、アウディ、ダイソンなどは
デザインマネジメントを当然のこととして実施している。そのデザインマネジメントの本質や切れ味を、著者が実際に手掛けた
エアコン、ノートパソコン、携帯電話、洋食器、ランドリー用品などの開発事例に沿って浮かび上がらせる。
巻末に元・ホンダ経営企画部長の小林三郎氏との対談「本田宗一郎とスティーブ・ジョブズは究極のデザイナー」を収録。

【推薦の一言】
この世に存在するすべてのモノ、すべての人、すべての企業、何一つ無駄に存在するものはない。みんな役割を持って生まれてきた。
長らく時を過ごすうち、忘れかけていた自らの存在の意味、誰かを幸せにする喜び、そして、生きている限り成長できるという真実、
それらをデザインマネジメントは教えてくれる。
すぐにでも取り組むことができる具体的な実践論と、胸が熱くなる実践の物語。この一冊は、必ず、あなたと会社の未来を拓く道を与えてくれる。

シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢久美

内容(「BOOK」データベースより)

根底にはデザインがある。アップル、グーグル、アウディ、ダイソンの経営の基本はこれだ!なぜを常に自分に問いかける。全てのデザインはここから始まる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 438ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822276295
  • ISBN-13: 978-4822276294
  • 発売日: 2014/7/19
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 110,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「★の理由」
<良いところ>
 ①デザインマネジメントの概要が理解出来る。
 
<悪いところ>
 ①この金額で掲載されている写真がカラーでない(かなり残念)。
 ②それによって商品の意匠がよくわからない事と文字が読みにくい。
 ③指図が機能デザインされていなく見にくい。
 ④構成に一貫性がなく読みにくい。
 ⑤結局、誰に向けた本なのかがよく分からない。

「感想」
 総じて、読みにくい。この本に書いてある事とこの本で実践している事に違和感を感じました。残念ですが「本としての機能性」がないと思います。

「誰向けか」
 書いてある内容は一般的に言われている事で新規性を感じませんでした。これから企業でデザイナーとして働く人や、これから企業と仕事を始めるといったデザイン事務所の方には有効だと思います。

 参考までに、私がデザインマネジメントを勉強するにあたって参考にした本を記載します。感情を高ぶらせたデザイン思考の本として、「デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 」「発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法」があります。経営の概要を知りたい方は「[図解]
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
デザインマネジメントの考え方によって、「デザイン」は意匠にとどまらずプロジェクト全体を俯瞰する手段へ昇華すべし、といった取組みに関する(いわゆる)ビジネス本である。
個人的にそもそも工業デザインに興味があり(DAノーマン本など)、また、最近ちまたでちょくちょく目にする「デザイン・シンキング」的な考え方も面白いなと思っていたため(ちなみにIDEO本も数冊読了済み)、ほぼ表紙だけ見て購入したもの。

この本は、しかしその何れでもない。
もともと著者の田子氏は工業デザイナーを生業としており、しかしそれに飽き足らず(というより時代の要請によって?)、より高い観点からプロジェクト(主に、いわゆる新製品プロジェクト)全体をデザイン(繰り返すが意匠のことではない)するような取り組みをされており、その考え方、取り組みの具体例や成果について書かれた内容になっている。

読了しての感想だが、著者と立ち位置(もともと工業デザイナー)が異なる読者にとっては、趣旨には賛同するところであるし、この考え方自体が大事なこともわかるが、主体的に自分がどうこうという意識として受け入れづらいような気がする。受け入れ可能な意識としては、例えば、自分が当事者として、新製品プロジェクトを立ち上げようという際に、さて田子氏のような人材をどういうスタンスで受け入れれば最
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
実例も交えながら、著者の考え方を分かりやすく解説しており
デザインマネジメントのなんたるかを総合的に知ることができます。
また「デザイン業務」とはこうあるべき、という一つの理想の姿が描かれており
自分の仕事にも活かしてみようと、とてもポジティブな気分になれます。

ただ少々「手前味噌」感が強いのが気になります・・。
やっていることはすばらしいのですが、どうもそれに著者が
酔っているように感じられ、なんだか鼻につく・・。
最高潮なのが名古屋嬢が登場する「寓話」のあたり・・。

だがしかし、「自分に酔う」くらいの情熱がなければ
デザインマネジメントを成就させることはできないとも言えます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「枠からどうやってはみだせるか」をずっと考えてきたデザイナーで慶応大学SDM特任教授の田子さんの初の著作最高でした!

半日がかりで読んだボリューム満載の本です。3冊分くらいの内容に感じました。

20年のデザイナー人生の中であるべき姿、あるべき商品を模索して、東芝時代、アマダナ時代、エムテド起業後の代表的な作品についてドラマティックなストーリーが書かれています。それぞれの仕事の中でのクライアントやチームメンバー、プロジェクトリーダーとの出会いやそれぞれの方の実名、キャラクターも書かれているので、映画を見ているようなリアリティーを感じながら読むことが出来る本です。
奥様の裕子さんとも共著というのも今風な感じです。

話題の鳴海製陶の「OSORO]のプロジェクトでご一緒された慶応SDMの非常勤講師でもある橋口寛さんが書かれている部分を本の中でも田子さんの段と橋口さんの段を同じページで2段構成で複眼の視点で書かれていたり、工夫を感じる本でもあります。

デザインマネジメントの重要性、デザイナーの目線で本気で良い商品を作りたいと思っている企業経営者とじっくり話して、経営理念、コンセプト、を現場の人たちとの対話や工場見学の中からも紡ぎ出し、結果につなげている実話にすごく迫力を感じました。
<
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告