通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手 単行本 – 2010/5/11

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 70
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手
  • +
  • デザイン思考が世界を変える (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

iPadのプロトタイプはすでに1983年に存在していた!!
スティーブ・ジョブズに信頼され、アップル製品の一時代を築いた男が提言する
「デザイン主導のイノベーション」とは?

世界的なクリエイティブデザイン・ファーム「フロッグデザイン」(frog design)の創始者、
ハルトムット・エスリンガーが著した経営戦略の書。「いかにしてコモディティ化を防ぐか」
「利益を生み出すビジネスモデルをどのようにつくるか」をインダストリアルデザイナーとして
多くの有数企業の現場に携わった経験をもとに、デザイン戦略の視点で提示する。ITで産業を
管理し、製造業からODM(設計から製品開発までを担う)へとパワーシフトが起きている現在、
カルト的でありながら誰もが求めるデザインを両立させるブランド構築をするにはどうすべきか。
また、環境負荷やビジネスの“グリーン化”の問題など、今後どの企業も取り組まなくてはならない
時代的な的を射たテーマにも言及する。

内容(「BOOK」データベースより)

本書では、イノベーション主導のビジネス戦略を成功させるには、どういうことが決め手になるかについて、デザイナーとビジネスリーダーの双方に役立つアイデアや、戦略や、エピソードを紹介しながら、話を進める。本書は、ビジネスにデザイン主導のイノベーションを取り入れるための実践ガイドである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2010/5/11)
  • ISBN-10: 4798121169
  • ISBN-13: 978-4798121161
  • 発売日: 2010/5/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 277,666位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
デザインというと、「見栄え」のことだと思う人は多いのではないだろうか?
だが、これまで多くの有名な作品(?)をデザインしてきた筆者は
単なる製品のデザインのみならず、もっと全体的な観点で
クライアントの戦略までを含めて「デザイン」の重要性を説いている。
もはやデザイナーというよりは、戦略系コンサルタントという趣である。

最近のappleの優れたデザイン性が持つ意味も鑑みて、
広い意味でのデザインの重要性を認識することが出来る、非常に興味深い内容である。

ただ、仕事の本質としては一緒になるということかもしれないが、デザインという切り口が異なるものの、書かれている内容が結果的に他のコンサルタントの本と同様な印象を持ってしまったことは否めない。
デザイナーならではの観点、仕事術なども書いて欲しかったというのが率直な印象。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アップル、SAP、マイクロソフト、ルフトハンザ航空、ディズニー、ルイビトンなど、デザインを重視し、イノベーションを起こしたグローバルブランドのデザインを手がけたフロッグ社H. Esslinger氏渾身の書。「ビジネス」「デザイン」に加えて「持続可能性」という、一見ばらばらにとられられがちな3つの軸をイノベーションの実践の主軸に捉えている点はこれまで少なくとも手にとった本には見当たらなく、非常に共感を呼んだ。

このフロッグ社がグローバルデザインコンペを勝ち抜き、1984年に生まれたアップル社Macintosh SEをきっかけに、世界中で「デザイン」がビジネス戦略の要に位置付けられ、新しい文化の創造をもたらした。

その一方で、近年、大量生産される模倣品に埋め尽くされたフラット化、コモディティ化する市場で価格は下がり、利益は減少し、個性が失われる中、現状を打破するビジネスモデルが求められている。それが、本書のタイトルでもある「デザインイノベーション」による戦略なのだ。

「デザインとは優れたビジネス戦略の一部であって、芸術ではない」。

という前提に立つ著者は、主に、

1. イノベーション主導のビジネス戦略に、企業とデザイナーがお互いのバウンダリーを超えて、いかに協力していけるかがテ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「フロッグデザイン」という会社の創始者であり、アップル、ソニー、デル、
マイクロソフト、ディズニー、ヴィトン・・・といった世界的な超有名企業と
いっしょに仕事をしてきた著者の半自伝的な本。

でも、この人、たんなるデザイナーではない。

本書でも書かれているように、

「デザイナーであり、創造的なコンサルタントであり、ビジネスの戦略家」

であることが、本書を読むと、よくわかる。

つまり、この会社は、戦略まで含めて、その会社自体をデザインしてしまうのだ。

本書の内容も、非常に興味深いけれど、こんな会社が存在するんだ!
ということ自体が、衝撃的だった。

これからは、デザイン会社であっても、たんに依頼された商品等のデザインのみを
するのではなく、その会社の戦略全体を見据えて、その戦略も含めて、
デザインすることが必要なのかもしれない。

いや、デザイン会社にかかわらず、広告代理店や、マーケティング会社、
あるいは銀行や、システム屋さんだって、その会社の戦略全体を見据えて
仕事をする必要があるんだろう。

ほんとに、いろんなことを、考え
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 アップル、ソニー、ヴィトン、SAPなどの商品デザインを手がけてきた著者が語るデザイン・ドリブンの戦略論と言える。ここでいうデザインは単に商品のみてくれのことではなく、顧客にエクスペリエンスを提供でき、テクノロジー、プロセス、社会や環境保護のニーズを包含し、ビジネスのサステナビリティーを考慮した企業戦略に直結するデザインである。本書の中では、アップルの事例が多く取り上げられているが、アップルはこうしたデザイン主導のビジネスで成功している企業の典型であろう。

本書のキー・センテンスを抜き出すと、そのことがよく分かる。

・短期的な数字を追いかけること以上に、デザインのイノベーションを感知できるセンスが成功する経営者にはある
・単なるコスト追求のODMへのアウトソースではなく、ODMと協業するクリエイティブなスマート・ソーシングをすべき
・イノベーションが成功するかどうかはPLMよりも前段階でどういう戦略を立てるかにかかっている。
・成功する戦略は、企業のオーナーシップを持つものの価値観や信念に基づくものである。
・イノベーションは、実は既存の資源やテクノロジーを組み合わせて成り立っている。
・常に「最高のものだけ」を考える。
・常に変わり続けているというのがフロッグ(著者の創業したデ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告