中古品
¥272
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 薄ヤケ・薄ヨゴレあり。地に少々シミあり。カバーに少々イタミ・シミ等あり。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


デザインの極道論―「感性の言葉」としての形容詞 (MAC POWER BOOKS) 単行本 – 2004/9/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥272
¥190
お届け日: 12月7日 - 8日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

極道、それは道を極めることである。著者は、デザインの道を極めたい。デザインの道、それは、自分の感性をじっくりと見つめることから始めるものだと思っている。そして、自分の感性は、自分の言葉、自分の形容詞に潜んでいると考えてきた。だから、感性の道を極めるために、自分らしい形容詞をここに書きためてみる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

川崎/和男
デザインディレクター・医学博士。名古屋市立大学大学院・芸術工学研究科教授。大阪大学大学院・阪大フロンティア研究機構特任教授。多摩美術大学客員教授。1949年福井県出身。金沢美術工芸大学(工業デザイン専攻)卒業。専門は3D‐CAD/CAMによるメディアインテグレーション手法によるデザイン開発・メディカルサイエンスデザインによる人工臓器のデザインから企業デザイン戦略の理論と実践。グッドデザイン賞審査委員長、省庁関係や各種業界シンクタンクなどの委員を歴任。毎日デザイン賞・国井喜太郎産業工芸賞・グッドデザイン金賞・ICSID(国際工業デザイン団体協議会)特別賞・iF賞Best of Group(ドイツ)・ドイツ国際デザイン賞(ドイツ)・BIO賞ゴールドメダル(スロベニア)・レッドポイント賞(ドイツ)・フランスデザイン貢献メダルなど、国内・海外デザイン賞は最多受賞。ニューヨーク近代美術館をはじめ、海外の主要美術館に永久収蔵・永久展示多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2004/9/1
  • 単行本 : 285ページ
  • ISBN-10 : 4756145302
  • ISBN-13 : 978-4756145307
  • 出版社 : アスキー (2004/9/1)
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
1 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび1のカスタマー評価があります。