¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
12点すべてのイメージを見る

デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/27

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 2,933

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • デザイニングWebアクセシビリティ - アクセシブルな設計やコンテンツ制作のアプローチ
  • +
  • コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション
  • +
  • 第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書
総額: ¥8,186
ポイントの合計: 247pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書籍は、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会主催「IAUDアウォード2015 銀賞・ウェブデザイン部門」を受賞いたしました。

「誰でもどんなデバイスからでも情報や機能を利用できること=アクセシビリティが重要」ーーーーこの書籍は、ともすれば「規格や達成基準をどう理解し、サイトやサービスを準拠させるか」という実装面に目が向きがちだったアクセシビリティ関連の従来の書籍と一線を画します。「特別な取り組みをせず、普通に戦略・要件策定→情報設計→ビジュアルデザイン→実装・コーディングを行うことが達成基準を満たすことにつながる」ということを、具体的に制作を進める中でつまづく疑問(Q)と解決手段(A)を通じて解説します。書かれている内容は、良質なユーザー体験を生むためのノウハウです。これまでWebアクセシビリティに足が遠のきがちだった方にもぜひお読みいただきたいと思っています。

6章以降の詳細は、下の方にある「目次を見る」のリンクから目次を併せてご覧ください。

1章 サイトを作る前に
なぜWebはアクセシブルなのか
なぜアクセシビリティと向き合うのか
アクセシビリティのさまざまな誤解
2章 戦略の策定
2-0 概要と流れ
2-1 ウェブアクセシビリティ方針を作らない
2-2 適切でないウェブアクセシビリティ方針
2-3 手段が目的になってしまう
3章 要件定義
3-0 概要と流れ
3-1 CAPTCHAの導入でアクセス不能になる
3-2 ブラウザやOSの機能が干渉を受ける
3-3 コンテンツ側の冗長なアクセシビリティ機能
3-4 動画コンテンツにアクセスできない
3-5 紙媒体のコンテンツがそのまま使われる
3-6 CMSの導入に失敗する
4章 ナビゲーション設計
4-0 概要と流れ
4-1 分類や並び順がわかりづらい
4-2 カテゴリ名や構造がわかりづらい
4-3 ナビゲーションに一貫性がない
4-4 現在地がわからない
4-5 再調整したり、やり直す手がかりがない
4-6 情報への到達手段が少なすぎる
5章 インタラクション設計
5-0 概要と流れ
5-1 デバイスに依存したUI
5-2 思ったようにスクロールできない
5-3 勝手に新規タブやポップアップが開く
5-4 一定時間で勝手にページ移動する
5-5 動きをコントロールできない
5-6 音が勝手に再生される
6章 システム設計
7章 コンテンツ設計
8章 ビジュアルデザイン
9章 実装
付録

出版社からのコメント

株式会社インフォアクシアの植木 真さまから推薦コメントをいただきました。
===
アクセシビリティというと、ガイドライン対応が目的となってしまいがちです。しかし、ユーザーの利用環境が多様化するなか、私たちが目指すべきはより多くのユーザーが使えるようにすることであり、海外ではアクセシブルなユーザー体験(AUX)という視点が提唱されています。本書は、アクセシビリティをコンテンツの品質基準として位置づけ、まさにそのAUX視点でのデザインプロセスを理解・実践するために必読の一冊です

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: ボーンデジタル; 第一版 (2015/7/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862462650
  • ISBN-13: 978-4862462657
  • 発売日: 2015/7/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 1.8 x 25.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 83,463位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Web業界で働いて10数年。小手先だけのTips集的な書籍が多数あるなかで課題解決を実例をもって解説してくれている。
書いてあることは割りと当たり前。目新しい情報は正直ないかもしれない。
意識してやるとコストとして考えたり、いまの案件では難しいかも、なんてものもちらほら。

書籍で紹介されていることは言われてみれば「そりゃそうだ!」というものばかり。
業界で働いてる人は「そんなの知ってるよ」というかもしれない。
最初から当たり前のようにやれることがほとんど。
なのに「後でやる」と、とても大変なことも多い。
「そんなの今更できないよ」、それが実際に各案件・企業が抱えている負債だと気が付かされる。

如何に当たり前ができていなかったと自覚させられる一冊になっています。

Web業界で働く方、企業のWeb担当者の方々全てに読んでもらいたい一冊ではありますが、最も読んで欲しいなと思えるのはこれからWeb業界で働こうとする若い方々に是非オススメしたいです。

当たり前を若いときから当たり前のようにやれるようになる、そんな1冊だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書はケースに応じて逆引き的に使うのではなく、一通り読んで全部うっすらと理解しておき、その知識をベースとして実務と向き合い知見に昇華していく、という使い方が適切だと思われる。したがって、初学者はp006~008の目次をコピーして机の脇の壁にでも貼っておくといいだろう。

なお本書の本質とは関係ないところで、2点残念な箇所があった。
(1) p016の「さまざまなデバイスに対応するため」の文脈で「IoT」が出てくるのは明らかに間違い。それはIoTではない。
(2) p044の「ペルソナ法の落とし穴」も、「ペルソナ」を根本的に誤解しており、まるっとトルツメしてほしいくらい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
業務上、目標とする適合レベルの項目を達成し、「適合」とさせることができるかどうかは、この本1冊だけでは不十分です。
検証方法、達成方法の情報が少なすぎるというか記載されてませんので、それは自分で調べるしかありません。

アクセシビリティをつきつめると情報を伝えやすい構造に整っていきます。
デザイン重視で作ってきたwebデザイナーは、知っていて絶対に損は無いものです。
webデザイナー、webディレクタが読んで、頭の片隅に入れておくと良い読み物です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
全体的にとても分かりやすく、読みやすいです。
課題に対しての解決策がすっきりまとめられていたのが良かったです。
様々な課題ごとに項目が分けてあるので、いま取り組めるものはどれか
照らし合わせながら作業することができました。
UXを含めた広い意味でのWebアクセシビリティについて書いてあるので、
Webデザイナーなど実際作る人だけでなく、
企業内のWeb担当者のひとにもとても参考になる本だと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
なかなかの良書です。
アクセシビリティ対応が求められるウェブサイトの要件定義~開発までで、よくある失敗(問題)を
アクセシビリティを担保しつつどう解決するか、が、大変わかりやすくまとめられています。
経験の浅いプロマネなどでも、この本を読めばある程度、「今後起こりそうな問題」と「その問題にどう対処すればいいか」を
予測しておくことができるではないでしょうか?
「今やってるプロジェクトで参考になりそう」というところに付箋を立てながら読んでいたのですが、
付箋だらけになりました…!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Web アクセシビリティを知る上で教科書のような一冊です。
Web アクセシビリティについての書籍を探している新人さんに是非お勧めしたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー