中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディーふらぐ! (1) (MFコミックス アライブシリーズ) コミックス – 2009/2/23

5つ星のうち 3.3 19件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 566 ¥ 1
コミックス, 2009/2/23
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

校内でも有名な不良である風間堅次は、ある日偶然「ゲーム制作部」に足を踏み入れる。
そこでは、部室内で焚き火をする女子部員4名が…。
女の園に入部した堅次を待ち構える部員たち、そして「本物のゲーム制作部」まで現れて!?
ここは地獄か天国か?

新鋭が贈るハイテンションギャグ超待望の第1巻!!


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2009/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840125333
  • ISBN-13: 978-4840125338
  • 発売日: 2009/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ふはははは!私以外に星三つなんて中途半端な評価する奴いないと思ったから
星三つくれてやったわ!このいやしんぼめ!

と、いうわけではなく、この漫画は私の中でも星5つか星1つかで
真っ二つに判定が分かれる作品だったので、結局星3つとなりました。

ハルトモ先生の作風は、同人誌を描いていたころから
ボケ要員が多すぎて、何が本当の常識なのかよくわからなくなるという
ハイテンションギャグ漫画であり、本作はまさしくそんな内容です。
そのボケも意味が分からない・意味など存在しない・よくわからんが語感だけで笑える、
といったもので、意味やストーリー展開を深く考えたら負けのような気がします。

一応内容は、高校の不良グループリーダー・風間が、
高校内最恐の変人集団・ゲーム製作部(仮)に関わったがために、
部唯一のツッコミ要員として覚醒していく、というような話です。

女性陣は芦花部長を筆頭に皆可愛いですが、性格は暴走機関車でブレーキはぶっ壊れ気味、
こんな人達と付き合っていたら、体がいくつあっても足りないです。
唯一のオアシスはゲーム製作部((仮)じゃない方)の部長・高尾さん。
彼女は最近のラノベに多い、オタ娘
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
巷での評判と、応援絵師の豪華さに影響されて買ってみました。
ちなみにamazonの画像では写っておりませんが、金色の帯には武内崇先生の推薦として、先生の描いたキャラたちを拝むことが出来ます。

府上高校の不良三人組のリーダーである風間堅次が、ゲーム制作部の面々に関わってしまったがために起こるドタバタ劇です。
主な登場キャラは、主人公(とその関係者若干名)、ゲーム制作部4名、「本物の」ゲーム制作部4名ですが、相対的には主人公と表紙にアップで描かれてる柴崎芦花の出番が多いです。
(モブ含めて)どのキャラも特徴的で、特に女性陣は中々魅力的に描かれてはいるものの、どうにもキャラ数に対して尺が足りないのか、読んでいて把握しきれない(物足りない)部分が見られます。
今後に期待でしょうか。

内容のほうは、某○o○○の巻末に掲載されているようなギャグものに近い雰囲気を感じました。
ひたすらノリで突き進むので、合わない人にはとことん合わないかもですが、ハマれば一気に読んでしまいたくなるような面白さといいますかある種の爽快感があります。

ぽーっんと星5つといきたいところですが、まだ描かれて無い部分を加味して星4つ。
芦花の小動物的行動と、乳属性の百面相は一見の価値あり。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
同人誌から知って購入しましたが、春野友矢の作風が好きなら文句なく星5。
買って損はない。自分はつい布教用にもう一冊購入したほど。

ほかのレビューで、話の構成がなっていないというものがあったのでその点について。
確かに良くも悪くも同人のノリそのままなので、凡百の商業誌とは確かに色が違う。
ストーリーはあってないに等しく、ひらすらコネタを畳み掛ける感じ。
ただ、この本は冒険物でも恋愛物でもなく、ギャグ漫画である。
話の構成にそこまで重点を置くのならそもそもギャグ漫画を選択すること自体が不適切だと思う。

とはいえ、他のキャラクターが濃すぎて空気になってる水の人とかいてるので、もっとスポット当ててあげてーと思う点などはある。あと、万人受けするか、というか一般人に薦められるかといえば間違いなくNOだと思う。その点で星1つ下げました。

ちなみに友人らに見せた反応は、ハマるかヒクかの二極でした。
お勧めする相手はちゃんと見極めたほうがいいと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
同人誌やアンソロ等で知っている人も多いかと思われる
春野友矢さんのデビュー本
勢いとキレのよいギャグが畳みかかる展開は
同人誌から商業誌へプラットフォームを移しても不変のようです。
良い意味でも変な?意味でも
テンションの高いギャグマンがを読みたい方には是非。

一旦ツボにはまると、中毒性がある作者さんですが
まったくの初見の人を取り込めるかが今後の鍵
あと部員のなかに「現時点で数合わせっぽい空気」なキャラが
今後の展開でどういじられるかに期待
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー