通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディメンション W(12) (ヤングガンガンコミッ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、経年の使用感がありますが、比較的良好な状態です。帯なし。ゆうメール発送。店頭との併売商品につき、万一売り切れの際はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディメンション W(12) (ヤングガンガンコミックススーパー) コミックス – 2017/4/25

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 617 ¥ 284
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ディメンション W(12) (ヤングガンガンコミックススーパー)
  • +
  • 僕らはみんな河合荘 9巻 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

魔女が愛した
未来世界と科学。

“審判の日"――百合崎士堂博士が予言した
コイル文明と地球の終焉は、静寂と共に確実に迫っていた。
「グレンデルの獣」マブチ・キョーマに再び
託された人類の命運…。ミラと二重コイルの
存在は、破滅を回避する鍵となりえるのか!?


登録情報

  • コミック
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2017/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757553358
  • ISBN-13: 978-4757553354
  • 発売日: 2017/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
コイルはやはり、パンドラの箱だったのか。
使ってはいけない力の反動が世界を飲み込もうとしてしている
ことを知らされるキョウマご一行様。

真っ暗闇に、足を踏み入れたような、恐怖とかすかな希望の光。
ディメンジョンらしい語り口で、新章のスタートにふさわしい一冊。

残念なのは、語りではなく、小出しに描写してもよかったのかなというところ。
月刊誌だけに、話数に制限があるので仕方がない。
もったいない・・・。 密度の濃い1冊でした。

・・・時間いじるのかな?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
相変わらず面白いし続きが気になりすぎる!
ただ、ちょっと話が大きくなり過ぎてる感じがする。
もっと 一回収屋としての小さな小競り合いというか、ショートエピソード的なものもたくさん観たいなぁ
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/4/25
形式: コミック
 「シンジケート」の超強敵、ドレイクと対峙した時に光った胸の二重コイル。自身の秘密に
薄々気付いてしまったミラ。そしてキョーマたちの元に訪れたニューテスラエナジーのクレア
からは、恐るべき情報と依頼が……。
 次元エネルギーをむさぼっていたツケか、世界の破滅というすごく大きな話に。それを
予見していた百合崎博士が残した“娘”、ミラのボディーに秘められた謎とは。
各地で襲われる不正コイルの「回収屋」、シンジケートを追ってインドに飛んだキョーマ、
ミラ、エリーを襲う新たな敵。色々と緊迫した事態が進行、次巻が楽しみです。
 
 ミラは例の「しっぽ」を使って今回も活躍、次元Wの話はまたちょっとややこしい。そこに
自身のバックアップ(ミラー)が存在するらしいけど、そのバックアップの方を変に動かす
と当然まずい事態も起こりうる…か。なまじ人間に近い存在ゆえに、古いバックアップから
戻した物を「本人」と言ってよいのかという問題が出てくるのですな。
 
 今回の名シーン、「テメエの運命はテメエで決めろ」たとえアンドロイドであろうとも。
もっとも敵がそれを許してくれればですが…。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
11巻では先の展開に不安がありましたが、今回はけっこう話が進み面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告