この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ディフェンダー(紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ロリー・ギャラガー ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/4/25)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: BMG JAPAN
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B000NQDF1C
  • EAN: 4988017647882
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 379,718位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. キックバック・シティ
  2. 高利貸しのブルース
  3. コンチネンタル・オップ
  4. アイ・エイント・ノー・セイント
  5. フェイルセイフ・デイ
  6. 地獄へのロード
  7. ドゥーイング・タイム
  8. スメアー・キャンペーン
  9. ドント・スタート・ミー・トゥ・トーキン
  10. セヴン・デイズ
  11. シームズ・トゥ・ミー〔BONUS TRACKS〕
  12. ノー・ピース・フォー・ザ・ウィキッド〔BONUS TRACKS〕

商品の説明

メディア掲載レビューほか

アイルランドが生んだ天才ブルース・ロック・ギタリスト、ロリー・ギャラガーの、自身のレーベルCAPO第1弾となるアルバム。曲作り、ギターの腕と共に健在ぶりをアピールした作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
他のレヴュアーの方も書かれていますが、
87年にリリースされた本作は、少々大袈裟な表現だけど
ある意味奇跡なんじゃないかと思う。
テクノロジーの進化は否応なく音楽業界をも席巻する。
リバーブの利いたドラム、シンセサウンド、フック感のないボーカル
87年頃のトレンドで思い出すのはこんな音色だけど、
このアルバムにはそんなものは微塵もないのだ。
80年代といえば同時期にSRVがブレイクするのだけれど、
逆にSRVがある意味キャッチーとも思えてしまう位、
内容的には無駄なものを削ぎ落とした曲で占められている。
プレイは全曲直球勝負!ブルース&ブギに変化球など必要なし!いかにも「せーの」で録りましたというライブ感が嬉しい。
あの時代にこのアルバムをリリースしたのは、
軽薄な音で埋め尽くされた80年代に対するアンチテーゼというより、
ロリー自身そういう不器用な生き方しか出来なかったからではないだろうか?
その後10年も生きなかったロリーの人生を想うと切なくなるが、
稀代のギターマンの燃え尽きるような生き様が詰まっている。
素晴らしい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Corybant VINE メンバー 投稿日 2010/9/13
形式: CD Amazonで購入
 クリサリスレーベルからの82年作「ジンクス」後、自主レーベルから6年ぶり88年にリリースしたのが本作。今、改めてロリー・ギャラガーの作品を聴いているが僕にとっては現在では最高の出来上がりではないかと思う作品だ。大手のレーベルでは出来なかった色々な音楽を演奏しているが一貫しているのはブルース、アイリッシュが大好きなギターマンということ。全曲素晴らしいし、元気一杯の演奏で充実度も高かったのではと思う。「タトゥーレディ」や「コーリングカード」を挙げる人もいるのに反対はしないが、成長していった一人のアーティストの完成型ということでは本作品だろう。次作91年「フレッシュエビデンス」も遺作となったがこれも傑作だった。ロリーは晩年に更に良い仕事を残せたのだなぁ感慨もひとしおになってしまった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tasuke1984 トップ100レビュアー 投稿日 2014/4/15
形式: CD
80年代はロックが最もブルーズから遠ざかった10年でした。このアルバムは「Jinx」から発表に5年を要し、ロリー自らのレーベルから出されました。自分はロリーの音楽をブルーズ回帰とは思っておりません。しかし、ロリー、イコール、ブルーズ・アーティストととらえる風潮に逆らえなかったのだろうと思います。おそらく創作意欲も落ち着いたのでしょう。「Jinx」の元気いっぱいの雰囲気から、じっくり構えて制作した印象を受けます。

このアルバム、ギターの明るさがとてもよいです。親友といえるベーシスト、ジェリー・マッカボイとの息がぴったり。5.Failsafe Dayは、希望を感じるファンクで、ベースが実に楽しそうです。けれども曲は核兵器廃絶についてです。3.Continental Op(ダシール・ハメットの小説主人公)と10.Seven Daysは、ハードボイルド小説の世界を題材にしています。9.Don't Start Me to Talkin'は、ゲスト・ミュージシャンを加えたソニー・ボーイ・ウィリアムソンのブルーズ曲。この曲の肩の力が抜けた穏やかな演奏も今までなかったものです。

有名な曲こそないものの、80年代に対するロリーの反骨精神を感じる貴重なアルバムです。
2 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック