通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディズニー こころをつかむ9つの秘密 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ディズニー こころをつかむ9つの秘密 単行本(ソフトカバー) – 2013/5/17

5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 749

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ディズニー こころをつかむ9つの秘密
  • +
  • 図解 ディズニーの経営戦略早わかり (1時間でわかる図解シリーズ)
  • +
  • ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 148pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■□準備期間2年の段階で「年間1000万人を集客しろ」というミッションのもと、
緻密かつ大胆なマーケティングを担当していた著者の初の著書□■

今や日本で知らない人はいないといっても過言ではない「東京ディズニーランド」。
しかし、30年前、その知名度はわずか2割でした。

準備期間の2年間にしたこと、開業から2年目に1000万人達成するまでの期間に挑戦したこと、
マスコミを巻き込む方法、リピーターを増やすために何を行ったのか、
ホテル構想、そして点から面に広げるためにしたこと…

今まで語られることのなかったマーケティングの秘密が詰まっています。
たとえば、

Q・なぜ「東京ディズニーランド駅ではないのか?
Q・なぜ開業当時の入場料は3500円だったのか?
Q・なぜリピーターは増えていったのか?

という問いの中にも、いかにディズニーがマーケティング、ブランディングを重視してきたか、という答えがあります。
「ディズニーだから」、「アメリカで成功していたから」達成したのではなく、
そこには日本ならではのマーケティング手法があったのです。


ディズニー好き、ビジネスのしかたに興味がある方はもちろん、
人を集めたい、ファンをつくりたい、リピーターを増やしたい、という方にも必ず参考になる一冊。

そうじにも、ホスピタリティにもつながる、原点としてのマーケティングがここにあります。

■内容■
第1章 なぜ、夢の国なのか 〈存在理由にこだわれ〉
第2章 なぜ、人を感動させるのか 〈クオリティを徹底的にコントロールせよ〉
第3章 なぜ、初年度に993万人も集客できたのか 〈ロジックとアイデアを掛けあわせろ〉
第4章 なぜ、これほどリピーターが多いのか 〈人の気持ちをくすぐれ〉
第5章 なぜ、飽きられないのか 〈ブランドを管理せよ〉
第6章 なぜ、マスコミに取り上げられるのか 〈メディアの気持ちを考えよ〉
第7章 なぜ、3000円のポップコーンが売れるのか 〈利益を先に追求するな〉
第8章 なぜ、次々にアイデアが出るのか 〈常識の枠を取り払え〉
第9章 なぜ、ホテルを作ったのか 〈相乗効果を狙え〉

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、「東京ディズニーランド駅」ではないのか?伝説のマーケターが初めて明かす集客、ブランディング、リピーター獲得の鍵、感動をつくり出しす、「しくみ」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2013/5/17)
  • ISBN-10: 4478022542
  • ISBN-13: 978-4478022542
  • 発売日: 2013/5/17
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,978位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
息つく暇も無く読み切りました。
ディズニー映画の細部の拘りが好きでしたが、ランドにもここまでかと言う拘りがあったのだと感動しました。 
やはり、作る側もワクワクして楽しみながら仕事をこなす事が素晴らしい結果を生み出すのだと思いました。 
ディズニー好きの人は、裏側の奮闘記を読んでウルウルするかもしれません。 
ビジネスマンとしても、かなり拘りの「これでもか、これでもか」の精神を読んで気持ちが引き締まる方もいるでしょう。 
私は、大学生の娘と取り合いで読みました。 
読む人によって、同じ人でも立場を変えて読む事が出来る。 
何度でも読み返せる本だと思います。 
一家に一冊置いておきたい本ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
楽しく読了しました。
一部のノウハウ本にありがちな机上の空論ではなく、巨大プロジェクトの立ち上げから軌道に乗るまでの最前線を、自身の足で駆け抜けてきた著者の実体験に基づく具体的なエピソードが楽しく、様々な場面に応用できる考え方が書かれていると思います。
また、一章を読み終える毎に、そのポイントが箇条書きに纏められているのも親切な図書であると感じました。
難しい理論書は沢山ありますが、大変読みやすい参考書(?)です。
現場のマーケターのみならず、是非とも経営層にお読みいただきたいとも思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
受け手の喜びは何かを考え、それを最大化させるためのアイデアを創り、ロジカルに仕組み化し、効率的に提供し続ける。
この揺るぎない仕組みを常に発展させ続けているからこそ、ディズニーは高付加価値のビジネスを継続できている。

ディスニーブランドの洗練されたコンセプト、厳格なクオリティ管理の仕組み、マーケティング戦略やリソースマネジメントといった
「統制」と常に相手の視点を持ち新しいアイデアを生み出す「柔軟性」の絶妙なバランスを保っていることが、万人を魅了し続けること
に繋がっているのではないかと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
思えば、東京ディズニーランドが開園したのは、私が中学生の時。
まさに夢の国でした。 あれから30年の月日が流れましたが、今も変わらず、私にとって夢の国そのもの。
それは、著者を含めたスタッフ達の、オープン前のたくさんの人知れず、数知れずの努力の数々。 
そして妥協しないコンセプト。
一つ一つが前代未聞で、常識とやらを塗り替える、彼らの日々があったからこその実績なのだと深く納得しました。
世界中のみんなに愛され続けるには訳がある。
それらのヒントは、起業のみならず、個人事業主の方々も必読です。
たくさんの散りばめられた愛されるしくみのヒントの数々に、思わず笑顔がこぼれます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
マーケティングと書いてあったので、小難しいものを想像していましたが
楽しみながら最後まで読むことができました。

多くの人々の心を惹きつけ、感動させるものを提供し続けるためには、
常に努力を惜しまずチャレンジし続けることが必要。
当たり前ですが、1番大切なことを改めて考えさせられました。

今度ディズニーランドへ行った際には
これまでとはまた違った視点で楽しめそうな気がします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
お客様に対する考え方やお客様を一番に考える事が大切であるという事を学べた本です。
「マーケティングとは仕掛けを作るのではなく、人々が求めているものを表に出していく取り組み」であると
記されており、リサーチで常に改善点を洗い出し、お客様が知りたい事、困っている事
期待している価値を提供する事が必要であると改めて実感しました。
実際にあった出来ごとを例に分かり易く解説されているので
マーケティングを学びたい!というビギナーの方々にも向いていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「マーケティング」と書いてあったので、ロジカルなのなか?と思ったのですが、とてもわかりやすい言葉で書かれていて良かったです。
さらっと読めちゃうのに、読み終わると、何か「法則」のようなものが残ります。
こんなコト、あんなコトがあったんだよ、というお話の中に、それが何を元にして行われたのかが、自然にわかるように書かれています。
読んでいるというよりは、話して聞かせてもらっているような感じですね。
理屈じゃなく、自然に心にしみてきました。
なんだか、魔法みたいですね。

マーケティングと書いてあるだけでロジカルな内容を期待したりすることは確かにあります。
私は最近そういう本を読みすぎたのか疲れてしまっています。
何だか難しい数式を覚えたり分析方法を学んだりはいいけど、これ社会に出たらいつ使うの?みたいな気持ちになっていたんです。
なので、理屈じゃなくまず、腹の底に核となるものが落ちてくる感覚はすごく不思議でした。
役にも立つけど、なんか癒しにもなりました。

マーケティングって、理論じゃないのかも。いや、理論か。笑
でも、理論のアウトプットも大事ですよね。同じマーケティングは市場も時代も違う以上ぴったり当てはまらないのだから、まずエッセンスというか
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック