中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディズニー魔法の会計 単行本 – 2013/6/26

5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 452
単行本, 2013/6/26
¥ 1,512 ¥ 1

この商品には新版があります:

ディズニー魔法の会計
¥ 1,512
(12)
在庫あり。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ディズニーの「儲かるしくみ」がわかる5つの物語

ストーリー概要:
美姫が挑んだコンサルティング会社の最終面接の舞台は、なんと東京ディズニーランド! そして彼女の前に立ちはだかるのは野獣のような面接官だった。彼女は野獣が繰り出す「16の問題」をクリアし、真の目的を果たすことができるのか――。

・お客の滞在時間と消費とアトラクションの関係
・実は借金だらけの国! ?
・ディズニーが株をやっている理由
ディズニーの「夢」を「お金」に変える戦略を会計で分析!

内容(「BOOK」データベースより)

売上、コスト、人件費、資産、資金調達、キャッシュフロー、「夢」を「お金」に変える戦略を会計で分析!「儲かるしくみ」がわかる5つの物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 中経出版 (2013/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806147958
  • ISBN-13: 978-4806147954
  • 発売日: 2013/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 589,179位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
読後の清涼感が負の形で表れてしまった本。

登場人物の性格悪い感じが最後まで後を引いている物語のレベルは編集者が指摘しなければおかしい。
想定読者層にはこの登場人物像が合っているのでしょうか。

想定読者層が見えないのですが、まずディズニーが好きな人にはオススメできません。
一方で会計を勉強したいけれどとっつき難いと構えている人向けと考えてみても…
内容は経営学概論のテキストを更に薄くしたレベル。

公認会計士が受験勉強で入れた知識と好きなディズニーをくっ付けて机上で書いてみました、
という感じをどうしても拭えない。
ディズニーを舞台に選んだのは層を広く取ろうと考えたからと推測しますが、
だからと言って表層の分析と薄いディズニーのストーリーを散りばめたものを読ませるのは
読み手を浅薄に捉えていると思います。

ところで…この本の5つ星レビューコメントに「やっと会計がわかった気がします」と書かれている方がいらっしゃいますが、
その方の他レビューを見ると、この方が公認会計士であることが書かれています。
そうか、これが魔法の会計なんだと今やっと分かった次第。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kstar 投稿日 2013/8/31
形式: 単行本
ディズニーが独自の会計管理システムを駆使しており、それが成功の秘訣となっている…
そのシステムを紹介する本かと思って手にしたら、全く見当違いでした。

経営管理の基礎の基礎の基礎レベルの内容で、別にディズニーなんて関係ない。
むりやり舞台をディズニーランドにしているけれど、ディズニーでなくて、そこらの
スーパーでもよかったんじゃないの?

筆者が、今どきの若い女性を小馬鹿にしている感が満載で、頭と性格の悪い
2人の女子大生が主人公。頭悪そうな口調で会話しながら話が進むので、読んでいて
いらついてくる。経営についてまったく完全に無知で、かつ、この口調に違和感を感じない、
ような人でないと、読むことが苦痛になるでしょう。

書籍の主人公は、書籍のターゲットが感情移入しやすい、ターゲットと親和する人物を設定する
のが常道ということから考えると、経営を知らない、頭の悪い女子大生を読者と想定しているのでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まず、登場人物のキャラクターが堪にさわる。読んでいて、不快感を伴うことは請け合いです。

そして、肝心の内容も酷い!インターネットで検索すれば分かるようなことばかり。会計の初心者に向けて書いたつもりかもしれないが、読んでいて、小馬鹿にされているような気になる。(内容が浅すぎて)

それでいて価格は¥1,512。高すぎる!著者の公認会計士としてのモラルを問いたい。本来、崇高な職業のはずなのに、このような軽薄な内容のものを会計本として世に出すことに。
自分がディズニーを好きなことと、会計の知識を世に広めることは分離して考えてほしい。会計を知りたくて、手にした人への功罪は大きい。

この本は、著者のディズニーが好き過ぎる熱意を、得意の会計の知識を織りまぜてウンチクを聞かせてくれる良書です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
不況の影響も関係なく成長する東京ディズニーランドやディズニーシー。その強さの秘密はサービスのクオリティであるとか、リピーターを引きつけるアトラクションである点はよく言われていますし、その事を書かれた本もありますが、この本はそれらサービスや施設を維持する為に欠かせない「お金」の観点からディズニーランドを書いた本です。

私も今すぐ住んでいる所の傍にディズニーランドはあり、年に1回は嫁と行ってはいるのですが、正直この本を読むまでディズニーランドの借金がどの位あるのか、利益率がどの位あるのかといった数値は気にした事もありませんでした。

ただ企業である以上、当たり前ですが利益が稼げていないと話しになりません。ディズニーランドの純利益率は約13%で、他の利益率一桁台のテーマパークに比べて圧倒的に高い水準を維持していますが、その利益を稼げる源が何であるかも本書を読むまで思いつかない内容でした。

経営者的な財務諸表の見方がしたいと考えているサラリーマンの方には、テーマも具体的ですか理解しやすい内容の本ではないかと思えます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック