通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、ブックリバースAM店 ★評価:5,200件超!★10年の信頼と実績!★リニューアル・オープン!! が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥2,640 + ¥ 480 配送料
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき。全体的に使用感少なく、中身は折れ・書き込みなどなく綺麗な状態です。☆商品の状態が記載のコメントと異なる場合は、ご連絡いただければ誠意ある対応をさせて頂きますので、ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ディズニーを支えた技術 (日本語) 単行本 – 2009/9/17

5つ星のうち1.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥200
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

ディズニーは1920年代後半のアニメーションから音響を積極的に利用した作品を作り、1940年には音楽アニメ『ファンタジア』で当時まだ実験段階にあった立体音響を取り入れるなど、現在に至るまで、常にその時代の音響・映像の最新技術を先取りした作品を製作してきた。

本書は、映画、テレビ、テーマパークで娯楽王国を築いてきたディズニーの成功をこうした技術の視点から解説したものである。小さなアニメ広告会社から現在の巨大なメディア組織に登りつめた大きな要因は、危機的な経済状況や文化・産業構造の大転換にたびたび直面しながらも、生き残りのための手段として、最先端技術への歩み寄りを欠かさなかった点にある。

テーマパークを含めて古今のアニメ・映画の詳しい分析を通して綴る「ディズニーの技術史」。

内容(「BOOK」データベースより)

立体音響、テクニカラー、ロボット技術、そしてCG、デジタル・アニメーション。アニメ、映画、テーマパーク。娯楽王国の原動力は、常に時代を先取りした技術力だった―。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 356ページ
  • 出版社: 日経BP (2009/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822247694
  • ISBN-13: 978-4822247690
  • 発売日: 2009/9/17
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,258,768位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち1.0
星5つ中の1
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
100%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
VINEメンバー
2011年12月31日に日本でレビュー済み
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月17日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告