中古品
¥ 684
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ディズニーとライバルたち―アメリカのカートゥン・メディア史 単行本 – 2004/5

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 550
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

人名表記と作品の日本語タイトルについて

熱狂的なアメリカン・アニメーションのファンから、拙著のアニメーション関係者の人名表記や作品名の日本語タイトルが自分の知っているものと違っているとの指摘を受けます。 私の基本的立場は、拙著の凡例に示してあるとおりです。ただ、それでは説明が足りないようですので、もう少し詳しく述べます。

私はもっとも望ましいのは、人名は原語のカタカナ表記、作品名は原題の日本語訳とすることだと思っています。というのも、現状ではアメリカのアニメーションに関しては、人名表記も日本語タイトルも定着しているといえるものはないからです。

人名はその道に詳しく、著作がある人の間でさえ表記がまちまちです。テックス・エイヴリーには、「エイブリー、エイヴリー、アヴェリー、アヴリー」があります。それぞれ使っている人は自分の表記が正しいといいます。ヘリティッジ英英辞書で引くと「アヴリー」と発音が表記されています。しかし、アメリカ人ですらアヴリーと発音する人とエイヴリーと発音する人がいます。フィリッツ・フレレングもアメリカのテレビ番組やヴィデオで聞いた発音では、「フレレング」と「フリリング」の中間です。

日本語タイトルにいたっては、テレビ(地上波、ケーブル、衛星放送)で放送されるたびにタイトルが変わっています。ヴィデオやDVDもほとんど発売されるたびにタイトルが変わっています。関係者に聞き取り調査したことがありますが、彼らは短い梗概だけを読んで、作品は見ずに、前にどのようなタイトルがついていたかを調べずに、短編アニメーションに日本語タイトルをつけています。だから、放送のたびに、発売のたびに、変わるのです。外国映画の場合、日本語タイトルはいったんつけられるとほとんど変わらないのと対照的です。

このように定着していないのならば、混乱を起こさないためにも、人名表記は原語のカタカナ表記、日本語タイトルは原題の日本語訳としたいと思いました。しかし、この道の何人かの先達に拙著の査読を依頼したところ、「先達のしたことに何らかの敬意を払うべきではないか」という趣旨の助言をいただきました。その結果、ある程度定着していると思われる伝統的表記にも敬意を払い、定着しているとまではいえないと判断されるものは原語・原題主義を取ることにしました。折衷案ですが、どのくらい定着しているかについての判断が結局恣意的にならざるを得ません。もちろん、その責任は著者である私にあります。

わかっていただきたいのは、さまざまな資料を踏まえ、関係者の意見を聞き、いろいろなことを勘案した上での決断だったということです。そして、このような問題はなにもアニメーションに限らず、報道や学術研究でも普通にあるということです。外国のものをなんと呼び、どう表記するかは大昔からの問題です。アニメーションもまじめな研究対象となったのでアニメーション研究でも問題と意識されるようになっただけです。そうなったことは、一歩も二歩も前進だと考えています。「あとがき」にもあるように、拙著は未来のアニメーション研究者(オタクではない)のために捧げられています。拙著が完全だとも、十分だとも思っていません。彼らのこれからの研究のたたき台や踏み台になればと思います。

 しかし、その前にまず読者の方々からいろいろ意見をいただき、改訂の際にそれらを反映させて、今よりも少しでもいいものにしたいと思います。

内容(「BOOK」データベースより)

ギャグと狂熱の笑いに取り組んで競い合ったアメリカ漫画映画作家たちの興亡と変遷。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: フィルムアート社 (2004/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845904616
  • ISBN-13: 978-4845904617
  • 発売日: 2004/05
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 733,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2004年6月17日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年6月10日
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年6月13日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告