この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ディスカバリーチャンネル マリリン・モンロー-誰が彼女を殺したのか- [DVD]

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 13,550より 中古品の出品:2¥ 2,113より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2003/12/21
  • 時間: 60 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000V4PUK
  • JAN: 4997766606484
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 243,669位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

あらゆるジャンルで究極の真実に迫るドキュメンタリー番組「ディスカバリーチャンネル」をDVD化。1962年8月5日、不世出の大スター、マリリン・モンローの全裸死体が発見される。未だ謎とされる死因、事故か自殺かそれとも殺人か、その真相を探る。

内容(「Oricon」データベースより)

マリリン・モンローは、ロス近郊ブレントウッドの自宅で全裸で死亡しているところを発見される。「睡眠薬の過度の服用による急性中毒死」と発表されるが、殺人か自殺か事故死かは未だに不明。そんな彼女の生い立ちと死因の真相に迫る。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/12
Amazonで購入
個人的にマリリン・モンローが大好きなのですが、色々な映画を見たりしています。しかし、彼女の亡くなり方が異常なために、未だに死因は何かが謎のままで。このタイトルを見てついつい購入してしまいました。が、薬の常用と、母親・祖母の精神病の話題にばかり注目されていて、ケネディ家の事や他殺説をあまり取り上げて居なかったのが残念です。ファンの方や、あまり自殺を信じたく無い方は、ちょっと残念なストーリーで悲しくなります。題名を「薬物の怖さ」などにした方が良かったのかも?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/12
Amazonで購入
薬物依存症や母・祖母の精神病を取り上げていて、ちょっと暗い気持にさせられました。スキャンダルな内容は少なく薬の説明が少し多すぎなのでは・・・少し表紙抜けでした。ただ、スキャンダラスに書き立てられているマリリンのこれが真相なのかも知れないとも思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
マリリンの映画は好きで、また、いろいろと関連本を読んだりもしたのですが、マリリンが本格女優を目指して学んだメソッド演技がマリリン自身が忘れたかった幼少時のトラウマを思い起こさせ、それが強い精神不安定や薬物依存をもたらしたという説は初めて知りました。自らを向上させようとしたその情熱が、鬱状態にある人間が決して学んではならないメソッド演技の扉を叩かせ、破滅に向かわせたなんて・・・。

死因というよりは、死に至るまでのマリリンの精神状態と、そうなった原因を多角的に説いており、なかなか見応えありました。人間としてのマリリンに興味がある人、マリリンの内面に迫りたい人にはおすすめだと思います。謎めいた死の裏側のスキャンダルだとか、推理ものっぽいものを期待する人には不向きでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す