中古品の出品:3¥ 2,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テレマン:ターフェルムジーク

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 2,000より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ムジカ・アンティクヮ・ケルン ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: ムジカ・アンティクワ・ケルン
  • 指揮: ゲーベル(ラインハルト)
  • 作曲: テレマン
  • CD (1996/5/2)
  • ディスク枚数: 4
  • レーベル: ポリドール
  • 収録時間: 253 分
  • ASIN: B00005FHLE
  • JAN: 4988005177452
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 444,963位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 1.Ouverture:Lentement-Vite-Lentement
  2. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 2.Rejouissance
  3. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 3.Rondeau
  4. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 4.Loure
  5. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 5.Passepied
  6. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 6.Air.Un peu vivement
  7. 第1集 1.序曲(組曲) ホ短調 7.Gigue
  8. 第1集 2.四重奏曲 ト長調 1.Largo-Allegro-Largo
  9. 第1集 2.四重奏曲 ト長調 2.Vivace-Moderato-Vivace D.c.
  10. 第1集 2.四重奏曲 ト長調 3.Grave
  11. 第1集 2.四重奏曲 ト長調 4.Vivace
  12. 第1集 3.協奏曲 イ長調 1.Largo
  13. 第1集 3.協奏曲 イ長調 2.Allegro
  14. 第1集 3.協奏曲 イ長調 3.Gratioso
  15. 第1集 3.協奏曲 イ長調 4.Allegro

ディスク:2

  1. 第1集 4.トリオ 変ホ長調 1.Affettuoso
  2. 第1集 4.トリオ 変ホ長調 2.(attacca)Vivace
  3. 第1集 4.トリオ 変ホ長調 3.Grave
  4. 第1集 4.トリオ 変ホ長調 4.Allegro
  5. 第1集 5.ソロ ロ短調 1.Cantabile
  6. 第1集 5.ソロ ロ短調 2.Allegro
  7. 第1集 5.ソロ ロ短調 3.Dolce
  8. 第1集 5.ソロ ロ短調 4.Allegro
  9. 第1集 6.終曲 ホ短調 Allegro-Largo-Allegro D.c.
  10. 第2集 1.序曲(組曲) ニ長調 1.Ouverture:Lentement-Vite-Lentement
  11. 第2集 1.序曲(組曲) ニ長調 2.Air.Tempo giusto
  12. 第2集 1.序曲(組曲) ニ長調 3.Air.Vivace
  13. 第2集 1.序曲(組曲) ニ長調 4.Air.Presto
  14. 第2集 1.序曲(組曲) ニ長調 5.Air.Allegro

ディスク:3

  1. 第2集 2.四重奏曲 ニ短調 1.Andante
  2. 第2集 2.四重奏曲 ニ短調 2.Vivace
  3. 第2集 2.四重奏曲 ニ短調 3.Largo
  4. 第2集 2.四重奏曲 ニ短調 4.Allegro
  5. 第2集 3.協奏曲 ヘ長調 1.Allegro
  6. 第2集 3.協奏曲 ヘ長調 2.Largo
  7. 第2集 3.協奏曲 ヘ長調 3.Vivace
  8. 第2集 4.トリオ ホ短調 1.Affettuoso
  9. 第2集 4.トリオ ホ短調 2.Allegro
  10. 第2集 4.トリオ ホ短調 3.Dolce
  11. 第2集 4.トリオ ホ短調 4.Vivace
  12. 第2集 5.ソロ イ長調 1.Andante
  13. 第2集 5.ソロ イ長調 2.Vivace
  14. 第2集 5.ソロ イ長調 3.Cantabile
  15. 第2集 5.ソロ イ長調 4.Allegro-Adagio-Allegro-Adagio
  16. 第2集 6.終曲 ニ長調 Allegro-Adagio-Allegro D.c.

ディスク:4

  1. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 1.Ouverture:Lentement-Presto-Lentement
  2. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 2.Bergerie.Un peu vivement
  3. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 3.Allegresse.Vite-Meno-mosso-Vite D.c.
  4. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 4.Postillons
  5. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 5.Flaterie
  6. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 6.Badinage.Tres vite
  7. 第3集 1.序曲(組曲) 変ロ長調 7.Menuet
  8. 第3集 2.四重奏曲 ホ短調 1.Adagio
  9. 第3集 2.四重奏曲 ホ短調 2.Allegro
  10. 第3集 2.四重奏曲 ホ短調 3.Dolce
  11. 第3集 2.四重奏曲 ホ短調 4.Allegro
  12. 第3集 3.協奏曲 変ホ長調 1.Maestoso
  13. 第3集 3.協奏曲 変ホ長調 2.Allegro
  14. 第3集 3.協奏曲 変ホ長調 3.Grave
  15. 第3集 3.協奏曲 変ホ長調 4.Vivace
  16. 第3集 4.トリオ ニ長調 1.Andante
  17. 第3集 4.トリオ ニ長調 2.Allegro
  18. 第3集 4.トリオ ニ長調 3.Grave-Largo-Grave
  19. 第3集 4.トリオ ニ長調 4.Vivace
  20. 第3集 5.ソロ ト短調 1.Largo
  21. 第3集 5.ソロ ト短調 2.Presto
  22. 第3集 5.ソロ ト短調 3.Tempo giusto
  23. 第3集 5.ソロ ト短調 4.Andante
  24. 第3集 5.ソロ ト短調 5.Allegro
  25. 第3集 6.終曲 変ロ長調 Furioso

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

いつもながら一つ一つの演奏を金字塔にしていこうというゲーベルの眼光が行きわたっており,現代人の貴重な時間を無駄にはさせじという意気込みを感じさせる。「食卓音楽」を単にオイシイ音楽ではなく,精神の糧として解釈している。何回でも聴きたい。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
この、ムジカ アンティクヮ ケルンのターフェルムジークは、自分が知り得るものでも、89年(Import)92年、96年、2002年の4種類が出ている
89年以外は全て国内盤なので、この楽団の日本での人気の高さを物語っている

自分が所持しているのは92年盤(POCA-2145/8)である
この年にはアルヒーフのBESTセレクションシリーズが出ており、古楽器演奏を主流とし、90%がデジタル録音というもので、バロック演奏の時代性がモロに感じられるものとなっていた。。。
自分もムジカ アンティクヮ ケルンのものはこの時に収集しており、ブランデンブルグ協奏曲、音楽の捧げもの&カノン、フーガの技法は押さえていた(他に製品番号DCI〜で始まるアルヒーフのオリジナルシリーズで数枚購入)
が、唯一このテレマンだけは未購入だった。。。

ここ数年、テレマンの曲の秀逸さに触れて、ぽつりぽつりと収集しだした中で、ターフェルムジークはやはり必須である
数々試聴した中で、この演奏とムジカ アムフィオンのものが印象に残った
アムフィオンの方は、まだ格安で購入できたので先の視聴となったが、愉悦感に溢れる余裕の名人芸が冴える優秀録音で、今後名盤の域に挙げられて行くものと感じた
そして、このムジカ アンティ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
とにかくすばらしい演奏だ。食事をしながら聴くのももちろんよいが(普段の何気ない食事も数倍おいしくなる!)、普通に聴くだけでも十分楽しめる。
快速テンポに強いアクセント・・・初めは違和感を感じるかも知れないが、次第に快感に変わっていき、ぐいぐい引き込まれる。
どの曲も魅力満載だが、私のお気に入りは第2集のヴァイオリン・ソナタ。指揮者ゲーベル自ら弾く圧倒的な名演奏だ。ヴァイオリンがこの短い曲の中で見事に歌い、語り、泣き、笑っているのである!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告