お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,180 通常配送無料 詳細
通常9~12日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1
  • +
  • テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.2
  • +
  • テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.3
総額: ¥16,260
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石田彰, 東地宏樹, 皆川純子, 阿澄佳奈, 野島健児
  • 監督: 森田宏幸
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • 発売日 2007/07/25
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000PDZPX4
  • JAN: 4988002527960
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 106,715位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「月刊 IKKI」で連載中、鬼頭莫宏原作による同名コミックのTVアニメシリーズ第1巻。13歳の子供たちが、自らの命を賭けた哀しい戦いに挑む。自然学校に参加した少年少女は、ココペリと名乗る謎の男と出会い…。第1話「ゲーム」から第3話を収録。

内容(「Oricon」データベースより)

夏休みに自然学校にやってきた15人の少年少女。そこで突然ココペリと名乗る謎の人物が現れ、「自分の作ったゲームをしないか」と声を掛けてきた。単なるコンピュータゲームだと思い、一人を除く14人の少年少女は快諾するが、それは地球を守るためにロボットを操縦し、操縦した者は必ず命を落とすというものだった…。原作・鬼頭莫宏×GONZO×森田宏幸監督で贈るSFメカアニメーション。第1~3話収録の第1巻。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

怪獣、ロボットもとい過去に類を見ない史上最低の主人公ですが・・・・。
蹴るし煽るし。

その主人公が皆の戦いを経て死んでいくまでに人が変わっていくそんな物語なんですね。
終わってみればかっこよかった。
どちらかといえば多少は近い性格のカコ君からすれば憎らしいだろうけど。

スパロボで見てみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今、アニメはかなり迷走を続けていると思います。
深夜に大進出をし続ける単クール萌えアニメと、
視聴率の為といわんがごとく放送クールを延ばし続けるメジャーアニメの二極化・・・。

一昔前に夕方でもマイナーアニメが放送できた時代があったことが逆に信じられません。
何よりも、キャラクターがどのアニメを見ても統一されすぎてて、もはや分別すらできなくなっていると思います。

そんな中、割と早めな深夜帯に放送を開始したアニメがこの「ぼくらの」でした。
このアニメは、まずキャラごとにきちんと描き分けができており、アイデンティティーの土台がしっかりしています。
また、ほぼ登場キャラが中学生だというロボ物の王道を踏まえながらも、決して物語としての主張性のあるキャラ(説教くさいキャラ)は殆ど出ません。
どちらかというと、かなり自己顕示欲のあるキャラばかり。
そこに、中学生として存在のリアル感がある人物像が潜んでいます。
これは、美少女でまずキャラと作品のベクトルを定めようとする最近の新作アニメとは、明らかに一線を画すコンセプトといえます。

そして、展開が進むごとに、全員が逃げる事のできない「死」を突きつけられた時の心情変化がまざまざと描かれることになります。
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
13話のエンディングに、主人公たちが笑顔で手と手を繋いで宇宙空間に浮かぶ絵面がありますが、あれは作品の意味を理解していくと鳥肌がたつくらい、深い構成になっていると思います。命について考えさせられます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
小学館IKK連載/鬼頭莫広原作の
「ぼくらの」TVアニメ第1〜3話を収録したDVD1巻です。
神奈川県・御友島で開かれた自然学校に参加した15人の少年少女が
巻き込まれたのは死を賭けた地球防衛ゲーム。操縦すれば必ず一人死ぬ。
誰から自己犠牲に?それとも地球消滅?SFメカ作品の媒体を覆す設定の中、
少年少女達の心の内面を曝け出した衝撃作品です。

第1話「ゲーム」★★★☆☆ 残り15人
 夏休みの海で集う15人の人間描写に要注目です。やや屈折したり、影を落としたりと
 十人十色様々な振舞い方が憂鬱さを匂わせています。軽い気持ちで参加してしまった
 彼らの終末がなんとなく予感できるような気が・・・。人数が多い分、掛け違いや
 すれ違いの悲劇と葛藤のドラマが今度展開していくのか?イヤな期待をしてしまいます。

第2話「ジアース」★★★★☆ 残り14人
 一夜明けた翌日に再び始まるゲーム。15人という人数で動揺と困惑が折り重なる
 ドラマを巧く演出しています。円卓上に揃えられた椅子はロシアンルーレットのごとく。
 沿岸の戦闘が地域へ及ぼす影響の描写が非常が生々しく驚かされます。自らの意思を
 パイロットとして昇華しようとす
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全話アニメで視聴。

少年少女の心理描写が中々に上手い。情動にあふれているアニメ。

特筆すべき点は個々の心理描写だけではなく、ロボットの戦闘シーン。昨今のスピード感あふれる戦いではなく、スローモーションで戦闘が進む。

それが逆に斬新で、新鮮であった。

また、戦闘において市街地が破壊されることにより死者が出る、という事に着眼していた点は、今までのロボアニメでは暗黙の秘密、といった扱いであった

が、このアニメはそこを拾っていた。

例えるとウルトラマンが戦った後には、死者がたくさん出たよ、、、といった感じ。正統派ロボットアニメではなく、心理描写に重きを置いている為の

表現であったのかな、と考える。

全体の評価としては若干の消化不良感があった。何故に戦ったのかは分からなかった。支配者みたいのはいる様だが、、、そこは解明されずに終了。

漫画を見ていないので、分からないがアニメは強制終了?といった感じも否めない。作品のコアな部分はあえてボカシているとも取れる。

それでも全然かまわないとは思ったが、そうするならば、主人公側のロボットと対立する、「敵」側のロボットの心理描写を上手に表
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す