この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか 単行本 – 2006/11/30

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

テレビ局は、インターネットが嫌いだ。ネット連動番組を作ったり、インターネット企業と提携したりと友好姿勢を見せてはいるが、これはほんの一面にしか過ぎない。本気になってインターネット事業に取り組むことは未だタブー。 ネットに本腰を入れれば、テレビ業界が50年かけて築き上げ、隠し続けたおいしいビジネスモデルが脅かされてしまうからだ。通信・放送を10年にわたって追い続けた気鋭の記者が、豊富な取材を基にテレビの秘密の姿を描く。テレビはこのまま花形メディアとして生き残れるのか、それともインターネットに飲み込まれるのか--。テレビの今と将来に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

ITの奴らに奪われてたまるか!テレビ業界が50年間隠し続けた“おいしいビジネス”の秘密。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822245543
  • ISBN-13: 978-4822245542
  • 発売日: 2006/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 887,379位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 本書では、日本のテレビ業界がどのようにしてビジネスを拡張してきたか、その富の源泉は何かを明らかにし、なぜインターネットと距離を保とうとするのかを明らかにしています。

 テレビ業界は、50年かけて現在の位置を築きました。

 NHKと民法では立場が若干違いますが、民法のビジネスモデルは、番組製作費をスポンサーに出してもらい、それ以外にスポットCMで荒稼ぎするという方式で、年間2兆円の市場――著者のいう“おいしいビジネス”を手にしてます。

 その強さの源泉は、高額な予算で作成する上質のコンテンツ(番組)です。

 限られた電波に乗せて送るからこそ視聴者が1日に何時間も夢中になってみてくれる。それを、インターネットで何時でも見られるようになったら、テレビの魅力は失われ、黄金のニワトリを手放すことになってしまう。

 芸能界も、テレビ局の興隆と共に成長してきました。

 たとえばお笑いタレントがヒエラルキーを登りつめるモデル(スズメの涙のギャラでスタートしたあと、人気に比例して給料が上がり、大御所になると1番組の司会で数百万円の出演料を手にする)は、芸能プロダクションとテレビ局が保証してくれる業界の仕組みなのです。

 しかし、いつまでも旧態依然
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 タイトルも今風の“タイトル一発でベストセラー”風センセーショナリズムだし、「日経ニューメディア」の現記者なのに、序章でテレビ業界のビジネスを「金儲け」「金儲け」「金儲け」なんて何度も揶揄しちゃっていて「大丈夫かなぁ、過激だなぁ」って思ったのだけど、通読すると、的確にコンパクトにテレビの現況がわかる業界レポートだった。取材源も伏せるべきところはしっかり伏せる配慮もあるしね。

 構成については、「テレビ局がインターネットを嫌う理由は、たった七つに集約できてしまう。それぞれを章立てにした」ってことなんだけど、「理由」っていうよりは、通信業界、地方局、NHK、家電業界、芸能界、制作会社、政府っていうテレビ局(民放)を取り巻く「ステークホルダー」ごとに利害関係をまとめたって構成。七つの理由ってほど明快じゃなく、テレビ局がインターネットを嫌う理由は複層的なんだけど、ステークホルダーごとって構成はわかりやすかった。興味深かったのは、日本独自の新聞-テレビの強固な系列関係と、“NHKが大勢の高齢者を収容してくれているおかげで、民放に対する世間の不満は和らぎ、民放テレビ局は若年層を対象とした娯楽番組を多く放送できている”っていうNHK-民放の二元体制ね。それにしても総務省高官の「せっかく放送免許を与えているんだから、もう少し有意義な番組を放送してほしい」なんていう、いかにもお
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
デジタル放送が開始され、
テレビでネット放送が受信できるようになる
というのが大きなポイントになると
著者は指摘しています。

確かに今は、テレビとパソコンにわかれていますが
テレビ画面に両者が映るようになると
完全に競合するようになりますね。

テレビ関係者は嫌うでしょうが、ユーザーにとっては
健全な競争だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビ局は儲かっている。社員の給料は高いし、ビルはデカイ。

なぜこれほどデカイのか。ではなくてなぜこれほど儲かっているのか。

知られざるテレビ業界秘伝のビジネスモデルが分かりやすく解説されている。

なぜ放送と通信の融合が進まないのか。

ビジネスモデルが分かればなるほど合点が行く。

また同時に、インターネット(ブロードバンド)の普及により、

このビジネスモデルに揺らぎが出はじめているかもしれないし、

いないかもしれない。

個人的には昨今の民放は見たいと思うような番組が少なく、

極論をすればアナログ放送が写らなくなったらテレビ見ないかも、

と思っている。

番組作りこそテレビ局の原点ということを思い出して、

見たいと思わせるような番組作りをしていかないと、

かるくヤヴァイんじゃないの、という思いを馳せている。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー