テラビシアにかける橋 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

テラビシアにかける橋 [DVD]

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,580 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、LILY TREEが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,580より 中古品の出品:10¥ 288より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • テラビシアにかける橋 [DVD]
  • +
  • テラビシアにかける橋 (偕成社文庫)
総額: ¥4,336
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョシュ・ハッチャーソン, アナソフィア・ロブ, ズーイー・デシャネル, ロバート・パトリック, ベイリー・マディソン
  • 監督: ガボア・クスポ
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2008/06/27
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00166OFA8
  • JAN: 4988013551442
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 96,845位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『ナルニア国物語』、『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフが手掛けた感動のファンタジーアドベンチャー!!

★最高のスタッフが集結!
制作は『ナルニア国物語』のウォルデン・メディア。CGは『ロード・オブ・ザ・リング』のWETAが手掛けた最高傑作。
★ハリウッドで注目の二人が主演!
『チャーリーとチョコレート工場』では、ガムを噛み続けるわがまま娘を演じ、ジョニー・デップの競演で注目を集めるアナソフィア・ロブ。そして、ジュール・ベルヌの「地底旅行」を原作とした『センター・オブ・ジ・アース』の公開が控えているジョシュ・ハッチャーソンが主演。脇を固めるロバート・パトリック(『ターミネーター2』)やズーイー・デシャネル(『あの頃ペニー・レインと』)も作品に深みを与えている。
★原作は、児童文学の最高傑作!
世界24カ国で愛され500万部以上の売上を記録する同名ベストセラー作品が原作。ニューベリー賞をはじめ、スクール・ライブラリー・ジャーナル最優秀図書賞など数々の賞を受賞。今なお幅広い年齢層から支持を集める珠玉の物語。

【キャスト】
ジェス・アーロンズ役/ジョシュ・ハッチャーソン(『ザスーラ』)
レスリー・パーク役/アナソフィア・ロブ(『チャーリーとチョコレート工場』)
エドマンズ先生役/ズーイー・デシャネル(『銀河ヒッチハイク・ガイド』)
ジャック・アーロンズ役/ロバート・パトリック(『父親たちの星条旗』)
メイベル・アーロンズ役/ベイリー・マディソン
メリー・アーロンズ役/ケイト・バトラー
ブレンダ・アーロンズ役/デヴォン・ウッド

【スタッフ】
監督/ガボア・クスポ(『ラグラッツ・ムービー』)
撮影監督/マイケル・チャップマン(『ザ・ウォッチャー』)
特殊効果/ WETAデジタル(『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』)

(C)copyright 2006 Walden Media,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Amazonレビュー

ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。
テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。ジェスとレスリー、そしてジェスの妹を演じる3人の演技は、子役とは思えない自然さで、この点も、かつて子どもだった大人に強くアピール。クライマックスの展開自体は、はっきり言って、ありきたりであるが、ジェスの心の動きを含めて描き方が巧みなので、誰もがうっかり号泣させられるだろう。本当の感動は、このようにもたらされるのだ。涙でにじむラストシーンは、この上ない美しさで光り輝いて見える。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/5/22
子どもを意識しすぎた幼いファンタジーばかりで食傷気味のなか、大人の鑑賞に耐え得る豊かさがあります。
テーマは特に新しくはありませんが、「心の目を通して世界を見ることの大切さ」を現実と幻想の間を広げ過ぎることなく描いています。

子供社会の人間関係の縮図の見せ方が秀逸で、様々なエピソードを見せながら時に反撃に出てみたり、時に勝ち目のない戦はすまいと引き下がったり、そしていじめっ子が実は虚勢を張ってる弱い人間なのだ(いじめっ子にならざるを得なかった理由)等を上手く配置して、ただの子供から1つずつ「大人」への階段を上っていく心理を見せて行きます。

CGはあくまで慎ましく補助的に使われいて、ファンタジー描写をやり過ぎていないのもいい。主役はあくまで少年と少女だ。これが案外重要なことで、現実に沿ったストーリーなので、CGだらけの映像にしてしまっては、説得力がなかったかも。

ジェスを演じるジョシュ・ハッチャーソンは「ザスーラ」の頃を思うとオッサン化しているのが気にかかるものの、悪くはない。でも、ポイントは何と言ってもレスリー役のアナソフィア・ロブ。意地悪な役だった「チャーリーとチョコレート工場」とは別人のような魅力を発散。ちょっと、キーラ・ナイトレイに似ている美人で、『目ぢから』があるね。少女のもつ中性的な魅力に溢れ、豊
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テレビでCMを見てなにげなく記憶に残っていました。たまたま観たい映画もないのでついでに見てみようという気軽い気持ちで観ました。淡々とした中にも、自分が子供の頃にやりたかったこと、幼いながらも考えたこと、じわじわと思い出し、物語の中に引き込まれていきました。終盤には哀しさと共に何故かスッキリとした感動が湧いてきましたね。DVDとして何度も観る作品かと聞かれれば「?」ですが、一度は観て欲しい、観せたい作品ですね。自分のために購入する事が殆どでしょうが、友人のために、観せたいがために購入したいDVDですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
見る側のイマジネーションをかきたてる、という意味では巷にあふれるCG多用の話題作など足元にも及ばない、本流のファンタジーです。

かつて人間味のかけらも感じさせなかった、「ターミネーター2」のT-1000役だったロバート・パトリックが生活感あふれる父親を好演しています。

ストーリーの一部に腑に落ちない点があったのですが、原作のあとがきを読んで、納得が行きました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ファンタジーと聞くと、子ども向けの印象を持つ人は多いだろうが、傑作ファンタジーは、人生を積んだ大人をこそ感動させる。これは、その好例を示す一本である。

11歳の少年ジェスは、家では孤独を感じ、学校ではイジメを受ける日々。しかし隣りに引っ越してきた少女、レスリーによって彼の毎日は少しずつ明るさを取り戻す。ふたりは森で見つけた小屋で、空想の王国「テラビシア」を作り上げるのだが…。

テラビシアに住む巨人や不思議な動物が、CGを駆使して映像化される点はファンタジーなのだが、本作の骨子はジェスが立ち向かう日常のドラマだ。レスリーとの出会いがもたらす、クラスメートとの関係の変化や、家族、教師との触れ合いがリアリティたっぷりに描かれる。

特に子供社会の人間関係の縮図の見せ方が秀逸で、様々なエピソードを見せながら時に反撃に出てみたり、時に勝ち目のない戦はすまいと引き下がったり、そしていじめっ子が実は虚勢を張ってる弱い人間なのだ(いじめっ子にならざるを得なかった理由)等を上手く配置して、ただの子供から1つずつ「大人」への階段を上っていく心理を見せて行く。

一番のポイントは何と言ってもレスリー役のアナソフィア・ロブだろう。意地悪な役だった「チャーリーとチョコレート工場」とは別人のような魅力を発散。ちょっと、キーラ・
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
将来絶対美人ちゃんに成長することまちがいなしのレスリー役、キーラ・ナイトレー似のアナソフィア・ロブちゃんの笑顔がなんともキュートな作品。ファンタジーシーンでは当然VFXが駆使されているものの、これみよがしのまがまがしさを感じることのない<ほど良い>合成映像に非常に好感がもてる。隣に引っ越してきたレスリーちゃんと貧乏育ちで絵を描くことだけが心の救いのジェスが、近くの森に想像上のファンタジー王国を築くというお話。

あくまでも子供の想像上のファンタジーがVFX化されているため、(ラストシーンを除いて)リスや鷹がせいぜい毛深かったりする程度のかわいらしいCGシーンに、思わず心がなごんでしまうはずだ。米国の低所得者層の子供たちが通う小学校やジェス一家の貧乏生活もリアルに構成され、妹には甘いくせに息子には現実を押し付ける父親をダークマスター(悪の親分)と重ねた演出も気が効いている。

個人的な願望として、途中から全く姿を見せることのなかったレスリーちゃんを、ラストのお涙ちょうだいシーンでもう一度見てみたかった気がするのだ。まるで途中降板したかのような唐突な消え方に多少違和感を感じる人も多いはず。しかしながら、(やたらと大げさなVFXに頼らずとも)大人が楽しめるファンタジーとしては申し分のないデキであることは間違いない。圧倒的な現実の前にいつの間にか忘れ去ってしまった子供の頃の<大切なもの>を、映画館で想い出せるかもしれませんよ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー