通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 弁天屋本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇中古のため表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【詳細】その他の状態は問題ありません。 ※お願い※◇商品の評価には万全を期しておりますが、見落としがある場合もございます。万が一問題がございましたら誠実に対応させて頂きますのでメールにてご相談下さいませ。コンディションに記載をしていない場合、付属品及び特典品等は付属していないとご理解お願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ 単行本(ソフトカバー) – 2005/9/27

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,015 ¥ 699
単行本(ソフトカバー), 2005/9/27
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 234
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ
  • +
  • アトムの命題 手塚治虫と戦後まんがの主題 (角川文庫)
総額: ¥3,312
ポイントの合計: 150pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

▼90年代、いつしか当たり前のように「マンガはつまらなくなった」という言説が一人歩きを始めた。実際には、多様なマンガ作品が数多く生み出された豊潤な時代だったというのに。
▼だが、戦後マンガの隆盛とともに歩んだ世代は、それを見て見ないふりする。89年、手塚治虫の「死」以降、あたかもマンガの歴史が終わったかのように、マンガの歴史には何も付け加えるべきものがないかのように語られた。マンガが描かれ、読まれ、変化を続ける現実は厳然と存在するというのに議論はいつも同じ所を堂々巡りしていた。
▼私たちは神(=手塚)の死後15年というもの、歴史的空白のなかにいる。この間に描かれ、読まれ、愛されたマンガたちは、孤立し、そして急速に忘れられようとしている。空白は歴史の分断である。89年で歩みを止めてしまった者たちが、いくら「手塚は…」「赤塚は…」「石森は…」と言っても、若い世代から「それ、あなたがたのノスタルジーでしょ」と見向きもされない現実は、その空白に由来する。
▼これは、マンガというジャンル全体にとって不幸ではないのか? マンガ史を書かせずにきた「マンガの近代」が抱え込んだものとは? 私たちの生きる、二重の意味での「歴史の不在」を解き明かし、90年代以降、そして「これから」のマンガ表現の可能性を「キャラとリアリティ」という視点から探る。

内容(「BOOK」データベースより)

マンガ表現論の新パラダイム。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: NTT出版 (2005/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757141297
  • ISBN-13: 978-4757141292
  • 発売日: 2005/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 419,700位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
2005年にでた単行本のオビには夏目房之介・東浩紀両氏の推薦文があり、
ユリイカ2006年1月号でもとりあげられ、なんだかスゴイのがでたなぁとおもった記憶があります。
いまふりかえると2001年には日本マンガ学会の創設、2004年には夏目房之介氏の『マンガ学への挑戦』があり、
あのころはマンガ語り界隈がおおきく変わりつつある時期であったとおもいます。

さて、新書になってひさびさに読みなおしてみましたが、やはりとても刺激的でおもしろかったです。
厳しいレビューも書かれていますし、私自身、正直いってきちんと消化しきれていないところもあります。
しかし、おもに3つの点を理由に、本書を強くオススメしたいとおもいます。

【1】マンガという現象を1つのモデルにまとめている。

図は5つにわけて解説されていますが、マンガという現象を見事に1つのモデルにまとめています。
そのころ私はマンガ関連の本を2、30冊ほど読みあさっていたのですが、バラバラにみえていた
作品論・作家論・オタク論などがこの1つのモデルのどこを切り取るかで整理できうることに大変おどろきました。

なお、『ぼのぼの』をおおきくとりあげ、これまでに書かれたマンガ史の終点に設定してい
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 1989年の手塚治虫の死と符合するようにささやかれはじめた「マンガがつまらなくなった」言説。“ゲームやケータイの登場でマンガの相対的価値が下がったから”、“ジャンルが細分化して全体を見通せなくなったから”、なんて理屈付けも出来るけど、それだけじゃどうにも腑に落ちない、とにかくこのままじゃヤバイ!っていうのが著者の問題意識。

 で、マンガあるいはマンガ言説が停滞してるかに見える要因はどうやら“偉大なるテヅカ”にあるんじゃないか、ってのが著者の見立てだ。“偉大なるテヅカ”を一旦御破算にしないとマンガはこの先進めないっていう危機意識。映画でも文学でもない、マンガ独自の自律的な表現システムの要として著者は「キャラ」という概念を挙げる。テヅカが(もちろん本意ではなく)、自律性、リアリティを本来的に持つ「キャラ」を隠蔽することで、戦後まんが史がスタートしてしまったことを、著者は丁寧に検証していく。戦前、戦中と戦後のまんが表現史を図らずも切断してしまったのが“偉大なるテヅカ”であるって文脈は、大塚英志の近著「『ジャパニメーション』はなぜ敗れるか」にも重なってくる。

 門外漢からすると、マンガ表現論の各論、ディテールはちょっと退屈だけど、全体の論旨はとっても刺激的。

 逆にさらに突っ込んだ論議を期待するむきには、本書を起点として各論が展開されている「ユリイカ 」2006年1月号「特集 マンガ批評の最前線」を読むべし。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
~著者はいがらしみきおの「ぼのぼの」を、「起承転結」を離脱し、「オチ」をなくすことで長いエピソードを語ることを可能にした画期的作品としているが──それってチャールズ・M・シュルツの「ピーナッツ」が、ずっと前(60年代)からやってたことじゃん! たしかに「ピーナッツ」は外国マンガだけれど、日本でも単行本が80数冊出ているロングセラーだし、い~~わゆる「キャラ化」に関しても、ずっと先を行っていたように思えるのだが?~
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「本書は、マンガをさまざまな表現行為のひとつとしてとらえ、そこに内在するメカニズムを
見ようとしている。……第1章は、80年代後半以降から現在に至るマンガをめぐる言説の
問題についての文章からなる。……第2章では、80年代後半にマンガに起こったと思われる
決定的な変化を指摘し、その意味について考察を加えた。……第3章は、マンガという表現を、
その必須構成要素である『キャラクター』という観点を軸に分析を試みている。……そして、
第4章と第5章では、より大きなマンガ表現史へと言説を開くことを目標に、マンガにおける
『リアリティ』のありようを手がかりにした議論を行っている」。

 形式が内容を規定する。成熟は限りなく飽和と似る。
 例えば絵画において、写実主義やロマン主義といういわば「ベタ」の方法論がほぼ出尽くして、
その状況の打破として提示される現代美術が、隘路を志向する他なくなった結果、大半の
受け取り手にとってはもはや理解不能な代物と化してしまったような話。
 手塚という啓蒙家によってもたらされた近代日本マンガの革命が、手塚という「ベタ」をいわば
「制度」として消費し尽くしたその帰結として、手塚の向こう側へと飛び出そうともがき苦しむ。だが、
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー