この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

テスト駆動開発入門 単行本 – 2003/9

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,705
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

XPの中で「ペアプログラミング」と並んで重要な「テストファースト」「リファクタリング」の2要素に焦点を当てて、テスト駆動開発について具体的に解説。XPを導入している開発者にとって注目のテキスト。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長瀬/嘉秀
1986年、東京理科大学理学部応用数学科卒業。朝日新聞を経て、1989年、テクノロジックアートを設立。OSF(Open Software Foundation)のテクニカルコンサルタントとしてDCE関連のオープンシステム推進を行う。OSF日本ベンダ協議会DCE技術検討委員会の主査をつとめる。現在、株式会社テクノロジックアート代表取締役。UMLによるオブジェクト指向セミナーの講師、UML関連のコンサルティングを行っている。ビジネスオブジェクト推進協議会(CBOP)コンポーネントモデリング分科会主査(理事)OMGでUML Profile for EDOCの提案者、ISO/IECJTC1 SC32/WG2委員、情報処理相互運用技術協会(INTAP)オープン分散処理委員、電子商取引推進協議会(ECOM)XML/ED標準化調査委員。明星大学情報学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 217ページ
  • 出版社: ピアソンエデュケーション (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894717115
  • ISBN-13: 978-4894717114
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 18 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,767位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/16
形式: 単行本
とにかく翻訳(日本語)のひどさに苦労させられました.もしかしたら元の英文を読んだ方が正確に理解できたかもしれないし,フラストレーションも少なかったかもしれない.社内の勉強会の準備のために訳書を読んだが,この翻訳の質なら原文をじっくり読んだ方が得られるものが多いと思う.せっかく原文がしっかりした内容なので,翻訳者にはもっと英語の分かっている人を選ぶべきではないでしょうか(技術的知識は当然のこととして).
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
TDDの手順が、プログラマの思考過程を含めてシナリオチックに、じつに事細かに書かれており、これだけでも本書の価値はある。アジャイルのような従来のプロセスからはかなり異質なものに初めて取り組む時、誰かの思考過程をそのままなぞることができれば、その第一歩としてはこれ以上のものはないだろう。あとは応用するだけだ。
ただし、言語も複数登場するし、特定のツールの使い方が説明されているわけではないので、ハウツー的な要素は薄い。実際に適用するときは、利用するxUnitの解説や、特有ツールの運用を含めた別のドキュメントが必要になるかもしれない。
それにしても、XP関連書籍の例に漏れず、翻訳の質がひどい。日本語のレベルでどうにかしてもらいたい箇所が無数にある。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/6
形式: 単行本
非常にまわりくどい表現が多い。Kent Beckの性質だろうか。
例でもってテスト駆動開発を実演する部分の「くどさ」と「屈折」は置いておくとしても、パターンの部はで明快にはっきりといいたいことを表現してほしかった。
パターンの部は、デザインパターン・リファクタリングの基本的な知識があることを前提として書かかれているようである。
また、パターンの部は、デザインパターンの書式に準拠していない。
ある程度の設計・実装する力があると何か得るものがある書物と思う。
Kent Beckの表現に問題があるとしても、翻訳の質はひどい。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は「こうすれば良い」といった啓蒙ではなく、具体例を挙げ「この場合はこうした」といった事が書かれているため、直ぐに読めてかつ身に付く実践の書。
例えば「完全に合理的な設計が結局は誤りだった」といった言葉で表されるように、TDDの効き目を実感できる。
従来の考え方をがらりと変えざるを得ない良書である。
ベテランも初心者(には少々難しいか...)もぜひ読んで実践しよう。
オススメ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiyoko 投稿日 2011/1/19
形式: 単行本
私は、以前、誤訳の多い翻訳書に悩まされた事がありますが、
本書の翻訳はそれほど悪くありませんでした。
誤訳と思われる箇所もなく、一文一文の日本語の意味は取れました。
ただ、たしかに文のつながりが悪く、読み辛い箇所もあります。

内容については、本書でテスト駆動開発の大体の流れと雰囲気は掴めました。
しかし、妥当なテストケースをどう作成していくかは簡単にしか書かれていません。
単体テストとして十分なテストケースを作成するには、他書に頼る必要がありそうです。
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2013/8/11
形式: 単行本
他のレビューで翻訳がひどいとの声が多く、実際よく分からない箇所も幾つかありました。
ですが、第一部・第二部はJava/Pythonでのコード実装がメインなので、そこまで翻訳のせいでつまずくということは無いかと思います。
唯一、第二部の「23章 テストスイートにまとめる方法」でつまずいてしまいましたが、ここは大意を掴むうえで大きな問題にならないと判断して飛ばしました。
(原著で確認してないので深くは言及できませんが、第二部はPythonコード自体に胡散臭いところがあって一概に翻訳のせいだけとも言えない気がします)

テスト駆動開発(TDD)の古典ですので、本書の内容自体についてはあえて云うまでもないでしょう。
コンセプトが具体的なコードで語られていて、紙面が薄いので、読みやすいほうだと思います。
ある程度複雑なプログラムを組んだことのある読者であれば、読みながら手を動かして得られるものが十分にあります。
現時点(2013年)でも十分読む価値のあるものだと自信を持って薦められます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック