¥ 7,560 + ¥ 800 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: おもちゃのマツダ

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

忍者龍剣伝2

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 7,560
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、おもちゃのマツダ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • 新品未使用 ・セロテープ跡汚れ、色褪、あります。
  • (当店画像参照)
新品の出品:7¥ 7,560より 中古品の出品:24¥ 900より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 忍者龍剣伝2
  • +
  • 忍者龍剣伝3
総額: ¥15,260
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000068HC2
  • 発売日: 1990/4/6
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 19,400位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

エキサイティングシネマディスプレー!! ハードアクション:テクモ


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 武田珍玄 投稿日 2007/11/25
忍者龍剣伝シリーズ第二弾。本作の最大の特徴は本体の動きをトレースする〈分身〉の存在にある。これにより一回の攻撃で大幅にダメージを与えることが可能になると同時に戦略性も増した。
分身は本体の動きをそのままトレースするのでより優位な位置に分身を配置する必要があるため移動や回避といった通常アクションゲームにおいてネガティブな動作も単なる逃げの手段ではなく次の布石の為に戦略的に頭を使う必要が出てきた。そのことががこのゲームに独特なスタイリッシュさと爽快感を与えている要因であることは間違いない。
私はこのゲームはスコアがカンスト(といっても0に戻るだけ)するほどやりこんだ。しかしやりこんでいると妙な事実にも気付くもので壁にひっついて壁側にジャンプを繰り返しているとだんだん壁にリュウがめり込んでいき最終的には落っこちてワンミスになるという無駄なことをやったものである。
もちろん油絵の立体感と水彩画の透明感を併せ持つ〈ドット絵〉によるグラフィックも見事でありもはや芸術の領域である。ステージ間に挿入されるデモは一見の価値有りと言えよう。
エイリアンもターミネーターも1や3より2が至高であるように忍者龍剣伝も2が最高に面白いと断言する。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
難しいアクションゲームの代表格である忍者龍剣伝の2作目です。前作忍者龍剣伝の良さは残しつつ好評のテクモシアターやステージ数の増加等、バージョンアップを遂げた作品となっております。

良い点や特徴
・ステージ事に流れるムービーである「テクモシアター」はファミコンである事を感じさせない臨場感あふれる出来。ファミコンのアクションゲームでここまでストーリーをゲーム内で表せるのは珍しいうえ、前作よりグラフィックもよくなっている
・前作同様、最初の挑戦では難しいステージでも慣れれば忍者らしくステージを素早く駆け抜けることができる疾走感
・BGMも前作同様、プレイ時の疾走感をさらに際立たせる出来
・新たに追加された分身の術(いわゆるオプション)や壁登り(前作はハシゴの時のみ上り下りできた)で、より忍者らしさがUPした

前作の良い部分を更に完成度を高くした感じになっています。

注意点
・前作と比べるとやや大味な難易度。特にボス戦はごり押ししない場合はとても強いのに、ごり押しするととても弱いという難易度の差。また、道中も前作に比べると楽になっています。(決して簡単なゲームではなく、あくまで前作より簡単ということです)前作同様の難易度を期待している人は注意してください。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あさき 投稿日 2011/1/23
1よりも2の方が難しいかも! ただアイテムで、自分の分身など幅は広がりました! やはり龍剣伝はヒットバックが難しいです! 敵に当たってそのまま落ちる、倒した敵がまた出てくるなど、作業ゲーのような印象! しかしよく作り込まれています! 各ステージクリア毎にかなりの達成感がありますよ 難しい場面も、こういう手があった、無理矢理突破などプレイヤーの腕次第で攻略の幅が広がります 1よりは2の方がザコ敵の種類を使い回してますが… 何年経ってもやりたいゲームですね!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 創志 VINE メンバー 投稿日 2004/9/7
名前の通り、忍者を操作して戦うアクションゲーム。
ステージクリアするとドラマシーンが挿入される。
アクションとストーリーの融合というのが、
当時はとても斬新で、先のストーリーが知りたくて
アクションの腕前を磨いていったものだった。
主人公リュウの操作性もなかなかよくて、
回転斬りなんてしびれましたね。
星あと一つ分は、シリーズ通してプレイしてこそ
本当の面白さがわかると思うから。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告