¥ 4,860
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか? 単行本 – 2014/6/20

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/6/20
"もう一度試してください。"
¥ 4,860
¥ 4,580 ¥ 4,290

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テクニウム――テクノロジーはどこへ向かうのか?
  • +
  • 〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則
総額: ¥7,020
ポイントの合計: 211pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

イノベーションへの新しい理解を与えてくれる書だ。
そこにあるのは、より漸進的かつ驚きに満ち、
必然的かつ進化的な姿だ」
――『エコノミスト』誌

「テクノロジーの中を流れる力はただのぼんやりした情報に過ぎないのか。その力は自
然なのか非自然なのか。テクノロジーはどういう意味で自然と異なるのか。テクノロジー
は人間の知性から出てきたものであることは明らかだが、われわれの知性とどう違うのか」
(本文より)

人類は石器からコンピューターに至るまで、さまざまなテクノロジーを生み出してきた。
これらに通底する普遍的な法則、そしてテクノロジーの本質とは、いったい何なのだろう
か?

現代のテクノロジーが向かう情報化、非物質化への流れを踏まえつつ、生命における生
態系と同等なものとして、テクノロジーの活動空間を〈テクニウム〉と定義し、そこでの
テクノロジーの振る舞いを、複雑性、多様性、自由、美、感受性、構造性、遍在性などの
概念で読み解いていく。

雑誌『Wired』の創刊編集長であり、毎月50万人のユニークユーザーを持つサイト Cool
Tools も運営する著者が贈る、テクノロジー版〈種の起源〉。

「これまで読んだなかで最高のテクノロジー本だ」
ニコラス・ネグロポンテ(MITメディアラボ創設者)

「深さと広さにおいて比肩するもののない、
現代的な思考法の画期となるだろう本だ」
ブライアン・イーノ(ミュージシャン)

「斬新な洞察に満ちた本だ」
マット・リドレー(『繁栄』)

著者について

ケヴィン・ケリー(Kevin Kelly)
著述家、編集者。1984-90年、雑誌 Whole Earth Review の発行編集を行う。1993年には
雑誌 Wired を共同で設立。以後、1999年まで編集長を務める。現在は、毎月50万人のユニ
ークビジターを持つウェブサイト Cool Tools を運営している。ハッカーズ・カンファレ
ンスの共同創設者であり、先駆的なオンラインサービス WELL の設立にも携わる。著書『ニ
ューエコノミー勝者の条件』(1999、ダイヤモンド社)『「複雑系」を超えて』(1999、
アスキー)他。ホームページ http://kk.org/.

服部桂(はっとり・かつら)
1951年生まれ。1978年、朝日新聞社入社。1987ー89年、MITメディアラボ客員研究員。科学
部記者や雑誌編集者を経て、現在はジャーナリスト学校シニア研究員。著書『メディアの
予言者』(2001、廣済堂出版)『人工現実感の世界』(1991、工業調査会)『人工生命の
世界』(1994、オーム社)。訳書コープランド『チューリング』(2013、NTT出版)他。


登録情報

  • 単行本: 456ページ
  • 出版社: みすず書房 (2014/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622077531
  • ISBN-13: 978-4622077534
  • 発売日: 2014/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,517位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ケヴィン・ケリー本人がおっしゃっている通り、内容はとっちらかっています。
更にあまり未来のことは書かれていません。
簡単に言うとこのまま技術・AIが発展するだろう、程度です。レイ・カーツワイルのポスト・ヒューマンに比べると非常にマイルドです。
後半にアーミッシュのことが多く書かれていますが、興味ない人にとっては面白くないと思います。
技術の過去が多く書かれているので、歴史に興味ある人は手にとって見ると良いかもしれません。

未来のことを知りたければ、「インターネットの次に来るもの」の方が良いと思います。

あと、価格も高いです…ただし金額相当の内容はあったと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者は、技術雑誌「Wired」の初代編集長。テクニウムとは著者の造語で、テクノロジーの活動空間のことを指しています。

“テクノロジーの活動空間”と言われても、大きな疑問譜が頭の上に浮いてきますが、本を読んでいくと、テクノロジーの発展と生物の進化には、似かよっている点があることが判ります。それを基に、テクノロジーを一種の生物と捉え、具体的な例に則して、その生態(?)を解き明かしていこうというのが、本書の狙いです。

例えば、生物では、「「生物的カメラ」のようなすばらしく光学的な構造物は、ある種のタコ、ナメクジ、海洋環形動物、クラゲ、クモにも見られる。この6つの別系統の動物は、遠い昔には共通の目の無い祖先を持っていたが、それぞれの系統が別々にこの驚異的進化を果たしたことになる」とあります。他方で、テクノロジー側の例の一つとして、エジソンの発明として有名な白熱電球も、同時期に他に23名が考え付き発明されていた事実も指摘しています。

また、米国で近代文明を拒んだ生活をしているアーミッシュの人々がどういう形でテクノロジーを取り入れてきたのかを実際に調べてみて、人間とテクノロジーの関わりあいについても考えさせてくれます。

全般的に、示唆に富み、例示やグラフも積極的に取り入れ判り安さを重視しています。テクノロジーの発展についてだけでなく、生物の進化についても考えさせてくれる本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
”テクニウム”は普段まったく聞きなれない言葉であるが、敢えて解釈すれば、広義のテクノロジーを基盤とした共同体社会(コンソーシアム:生態系)として理解することは可能だと思う。(TECHN_IUM=TECHN_ology + consort_IUM?) ・・・レビュアーの定義

そもそも、一般原則としての進化とは環境への適応である。生物は進化の過程で自らと自らの周囲の環境を変えてきた。人類も同様に、過去何十万年も前から自らと自らの周囲の環境を変えてきた。従来、この環境は文明とか文化と呼ばれるが、その基底にある本質(技術的基盤)に着目すれば、それはテクノロジーの殻(shell)として捉えることができる。この関係性をテクニウムと考えるのが良いだろう。

但し、人類にとってその殻(shell)は既に極めて厚くなってしまい、新たな自然界の様な存在(疑似自然界)になってしまった。また、人類の定義を「人類+テクノロジー」として再定義するならば、広義の人類とはメタ生命体であり、そこに含まれるテクノロジーの進化の法則は生命の進化の法則を必然的に踏襲することになる。(生命進化と技術進化の類似性)

従って個人としての人間は、自らを直接的に囲んでいる環境であるテクノロジーの性格を、自然界を理解するのと同様に(場合によってはそれ以上に)正しく理解し
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
テクニウムとはすごく荒く言いますと「技術そのものを生態として捉えたもの」です。もちろん技術は人がいてこそ成り立ちますが、いつしか技術によって人の行動や生活がコントロールされてしまうという現象には大きな異論はないかと思います。この本はそういった人類と技術との関わり合いの今までとこれからについて書かれています。
なんらかの名前をつけると見通しが良くなるのは常々感じることですが、この「テクニウム」という名付けも「民主主義」や「無意識」にも負けず劣らず後世に残る可能性を感じます。シンギュラリティやポストヒューマンという言葉も一般的に聞かれるようになった現代で、そこに通底する概念としてテクニウムを理解するには良い本だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック