通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」 (S... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」 (SEIRINDO BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2014/4/25

5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/4/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 179

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」 (SEIRINDO BOOKS)
  • +
  • テキサス親父の熱血講座 日本は世界一だ!宣言
  • +
  • 素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

マラーノ,トニー
1949年生まれ。幼少期からティーンエイジまでニューヨーク・ブルックリンで過ごす。アメリカ、テキサス州在住。2007年よりYouTubeに動画のアップロードをはじめる。環境保護団体シー・シェパードの問題に関して、日本を擁護する意見を投稿し日本ユーザーの注目を集める。以降、日本を取り巻く諸外国との関係について、アメリカ人として保守的な観点から評論を続け話題に。「テキサス親父」の愛称で親しまれ、インターネットだけではなく様々な媒体で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 249ページ
  • 出版社: 青林堂 (2014/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792604923
  • ISBN-13: 978-4792604929
  • 発売日: 2014/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

つい先日のオバマとパククネの共同会見が報じられ、暗鬱たる気持ちになった。
『慰安婦問題は非常に無残な人権侵害問題だ(オバマ)』
韓国を小国と侮っていたらこのザマである。
 
テキサス親父こと、トニー・マラーノ氏が日本に関するトピックスを
YouTubeに投稿を始めたのは2008年から。誰に頼まれたわけでもなく、
自身が疑問に思ったことを裏付けを取りながら、動画として投稿してきた。

マラーノ氏は驚くほどに日本と特定アジア(中韓)との問題点を熟知している。
パククネが政権発足時から日本叩きに勤しむ姿を「身代わりの犠牲」にしていると看破している。

日韓基本条約において全ての請求権は消失している。
個人への補償は我々が請け負うとした日本に「いや、代わりにやるんで」と応じ、
巨額の援助資金を別の事に使ったのは他でもない、パククネの父親である。
高木正雄を名乗り、帝国海軍の将校であった朴正煕は、韓国の定義からすれば「親日派」である。
親日派財産没収法に従うならば、パククネの父親は墓を暴かれ、クネに受け継がれたであろう
資産は没収されるはずなのだ。つまりクネは視線を逸らすために「日本を身代わりに」している。

フラ
...続きを読む ›
2 コメント 514人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
テキサス親父さんこと、トニー・マラーノさんは、
アメリカ一の親日家として有名です。
また、歴史の真実を棚上げにした中国や韓国の反日活動を、
厳しく批判されています。

全249ページの内容は、充実しています。

戦時中、アメリカ軍は、慰安婦を売春婦として、明確に定義していました。

ところが、テキサス親父さんは
「慰安婦は日本に強制されたのではなく、雇用された」
という話を聞き、それが事実かワシントンの国立公文書館に確認をとりました。

戦時中のアメリカ軍は、日本にとって悪い情報を探していました。
それらを世界中にばらまいて、プロパガンダとして利用するためです。

それを実行するために、米軍は、ビルマで慰安婦を捕まえ、
20名に対して、調査確認をしたそうです。1944年(昭和19年)のことです。

ところが慰安婦は、日本に売春を強制されてはいない、と答えたそうです。
何度、確認しても、売春強要の事実を、引き出せなかったそうです。

それどころか、女性は、自ら志願し、
そして雇用されていたことを話したそうです。

雇用の対価として、高給を
...続きを読む ›
1 コメント 533人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
私は、アメリカ人には、日本人のような、深い洞察力などないだろう、と実は少し、見くびっていたところがありました。

アメリカ人は、ほぼ全員、自分は善人で、アメリカは善の国で、世界はアメリカを見習えばいい、位に単純な人ばかりだと思っていました。大国だけに、他国の事を殆ど知らず、第二次世界大戦に独り勝ちした為に「アメリカが正しかったから、戦争に勝ったんだ」ぐらいで世の中を理解しているだろう、と思っていました。

ところが、このテキサス親父は、全然違いました。

日本と中韓、または過激環境団体との、いびつな関係が、相手の偽善と欺瞞に満ちた理屈の宣伝で、第三者(国)には中々伝わらず、日本が悩まされている状況、、、などを、涙が出る程、理解して、それを世界に発信してくれています。

驚いたのは、私はこの人は「親日から」これらの活動を始めたのかと思っていたんですが、実は、そうではないんですね。

日本に関係しないアメリカ内の欺瞞・偽善などに意見しているうちに、世界に目が向いて、そう言えば、正しい行動をしているのに、日本ばかりがこういう詐欺的連中の標的になってるな、と気づかれたんです。

つまり「正論」で世の中を見ていたら、日本周辺で起きている「欺瞞・偽善」に自然と辿り付いて気づい
...続きを読む ›
コメント 352人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レビュー #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/26
歴史を捏造して反日を繰り返す韓国に対し、批判と疑問を投げかけているテキサス親父こと、トニー・マラーノさん。
著者の様に第三者が客観的に見ても韓国の主張は無理がある事は明らかですし、日本は歴史の捏造を認めてはいけません。
捏造に騙されない人が世界にも存在する事は、日本人として非常に心強く思います。
1 コメント 269人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック