通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テガミバチ 7 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★送料無料★迅速発送★表紙に少々のスレ・傷みが見受けられますが 中身は書き込み・目立つ傷など無くきれいな状態です。Amazon配送センターが責任をもって、迅速かつ丁寧に商品管理、梱包、配送を行いますので安心してご購入いただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

テガミバチ 7 (ジャンプコミックス) コミック – 2009/6/4

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 8 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,419
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/6/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088746783
  • ISBN-13: 978-4088746784
  • 発売日: 2009/6/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
・ブルー・ノーツ・ブルースに着いた、ラグとニッチ+ステーキ
 そこで知った村の伝説、洞窟の地底瑚で出合った摩訶とニッチの双子の姉。
 ニッチと姉の生い立ち、摩訶と鎧虫との関係。
・同時期、テガミの集荷中のザジを襲ったノワール。
 次に狙うものは…

1冊の大半が、ニッチと双子の姉と魔訶の話で短編はないが
それでも、とても面白かった。

私的に、1番興味深かったのは「鎧虫の成り立ち」。
洞窟に無数にある氷柱の中の幼虫に、おぞましさを感じたが
鎧虫が生物ではない事、なのに成虫化する事がより不気味に思えた。

それと、ラグのニッチに対する感情が
慈悲や保護のようなものが強いかと思っていたが
お互いに頼りにし、支え合い思い合う愛情がある事が、心弾によって語られたのが良かった。

あと、お姉さんも「あの顔」するのと、摩訶がニッチのおデコを磨いてやったのが微笑ましかった。

本編とは別の楽しみが、巻末の「サンダーランド博士、本日の復習」
いつもながら、暴走(妄想?)が笑えて好きです。
本編ではシリアスだったシーンも、このページだと笑えます。

本人も言っていますが、「
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ゴーシュの足跡を追うため、北の辺境にあるブルー・ノーツ・ブルースへと向かうラグとニッチ。
そこは、ニッチのルーツと呼ばれていて、伝説の生物・摩訶(まか)の目撃情報がある場所である。
そこで、ニッチはお姉さんと再会するが…。

ニッチは、髪の毛が刃物になるし、もちろん人間ではないと思ってはいたが、まさか二百年以上生きていたとは驚きですね。
人間と摩訶の関係、ニッチとお姉さんとの関係…。
そこに人間の欲望が絡んでしまうためか、人間の欲深さと利己主義的な考え方が見えてしまうんですよね。
でも、ラグたちは現実を受け入れて前に進んでしまうのがすごいなと思ってしまいます。
テガミバチは読んでいて、飽きないどころか、どんどん続きが読みたくなってしまうんですよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 ニッチの故郷で、ニッチの過去と摩訶の役割を知ったラグ。同じ頃、ザジはゴーシュと接触していた。ゴーシュの足取りがつかめたから、次巻あたりは物語の核心に迫りそう。
 一人でお留守番のシルベットは何か寂しそう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告