通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テガミバチ 5 (ジャンプコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

テガミバチ 5 (ジャンプコミックス) コミックス – 2008/10/3

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
テガミバチ コミック 全20巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テガミバチ 5 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 4 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,419
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2008/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088745841
  • ISBN-13: 978-4088745848
  • 発売日: 2008/10/3
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ゆき 投稿日 2008/10/14
形式: コミック
この巻では、ファンにとって目が離せない新展開が繰り広げられます。
久々に登場するゴーシュ、ロダ、不穏な動きを見せる「リバース」・・。
話の展開と相まって、画の美しさにも惹きつけられます。
今後、「こころ」の世界が、どう広がっていくか?
浅田先生の手腕に注目です。
  個人的に、5巻ではニッチが可愛い!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ハニーウォーターズでの戦いが終わる。
そして、鎧虫との戦いで見えたこころの記憶から、消息不明になったゴーシュの映像が浮かび上がる。

断片的な映像から、反政府組織「リバース」と「聖霊になれなかった者」のキーワードは出てくるが、すべてが解明したというよりも、解明したのは一部で、謎は更に深まった印象がありますね。

リバースは、何を求めているのか?
聖霊になれなかった者とは何なのか?

リバースの不気味な影が大きくなる中で、ラグはゴーシュと再会を果たす。
この辺りから物語の核心に触れるので重くなってくるんですよね。
これは、誰にも解決できない問題なのではないか…とすら思えてしまうんですよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告