通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。a3501_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

テガミバチ 1 (ジャンプコミックス) コミック – 2007/1/4

5つ星のうち 4.6 39件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 473
¥ 473 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 2 (ジャンプコミックス)
  • +
  • テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,379
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



マンガ読みが選ぶ2016年の一推!
「マンガ大賞2017」ノミネート13作品決定!東村アキコ氏『東京タラレバ娘』など 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

夜が明けることのないAG(アンバーグラウンド)という名の地。首都を照らす人工太陽の光も届かない危険な土地で人々のテガミを届ける仕事があった。命を賭してテガミに託された“こころ”を運ぶ彼らを、人はテガミバチと呼んだ!


登録情報

  • コミック: 196ページ
  • 出版社: 集英社 (2007/1/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088743121
  • ISBN-13: 978-4088743127
  • 発売日: 2007/1/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この作品の舞台となる"アンバーグラウンド"と呼ばれる大地は、
その世界の大方が常闇に包まれており、昼夜問わず頭上には星々が瞬いている。そんな世界です。
その世界観とそれに副った演出とが相成って、1ページ1ページ、まるでその中にたくさんの星を詰めこんだかのような...。
私にとってこの「テガミバチ」は思わずそんな錯覚を覚えてしまうような、とても芸術的な作品でした。

その世界を照らす唯一の光、人工太陽。
その恩恵を受けることを許されるのはわずかな特権階級の人間に限られており、多くの人々は光の届かぬ極寒の地での生活を余儀なくされています。
夜の明けることのない一面の銀世界、その暗闇に閉ざされた世界の架け橋を担う使命を帯びた者、それがテガミバチ。

彼らが対峙することとなる危険の一つに、「鎧虫(ガイチュウ)」と呼ばれる存在があります。
これは剣より硬く、拳銃の弾をもはじき返すほど強固な外郭を持つという、人を襲う習性を持ったこの世界に生息する生物です。
そしてこの敵を倒す唯一の手段は、相手(の心?)に自身の「こころ」を共鳴させるということ。

これは悪はただ打ち滅ぼすのみ、というような代物とは異なり、この趣向にも興味を惹かれました。
人々の「こころ」を
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
発売されて間もない頃、ふと立ち寄った本屋で見かけたときから、

表紙の絵の綺麗さに惹かれたのを今でも覚えています。

感想としては、すごく儚くて繊細なファンタジー漫画ですね。

戦闘シーンも、武器の使い方も、もちろん話自体も美しい。

絵は丁寧で綺麗だし、キャラは可愛い。胸にグッとくるシーンもあります。

でも、絵が綺麗すぎて少々見えにくいところがちらほら。

精神性を重視した漫画だから、体育会系さんは苦手なジャンルかも。

あまり少年漫画っぽくないので、少年よりも大人が普通に楽しめるかと。

私は個人的にすごく気に入りました。

主人公があんまり泣くもんだから、こっちまでウルウルしてしまいます。

続きもセヒ読みたいですね。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「テガミ」と「こころ」をキーワードに描くファンタジー。
ベタな設定と感動エピソードが満載ですが、そのどれもがとてもキレイ。
まさに高水準の画力とストーリー展開力、作者の「少年漫画家としての良心」の成せる業。
まさに性別問わず、全年齢推奨の良作です。

ときにページが賑やか過ぎて、ちょこっと読み難さを感じることもありましたが、そんなものはすぐに慣れます。
騙されたと思ってとりあえずこの1巻、最後まで読んでみて下さい。

☆が1つ少ないのは、続巻への「評価の伸びシロ」です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LATO 投稿日 2012/5/5
形式: コミック
くらい純粋で心が洗われる作品です。子供らしい子供をよくここまで心理描写できたものだと関心しました。毎巻泣かされましたよ。ずっと大事に手元に置いておくつもりです。この漫画は以前から知っていましたが、古本屋でパラッと見た感じは「絵が上手い雰囲気だけの漫画か〜郵便屋って設定も地味だし、つまらなそう」と思っていました。しかし、今回初めて読んでみたところ、その美しい世界観に圧倒されました。話の内容は宮沢賢治とは全く関係ないのですが、どこか宮沢賢治と共通した匂いを感じました。雰囲気はもちろんいいのですが、読み進めるうちに設定にも深みが出てきてどんどん面白くなっていきました。子供の頃、宮沢賢治を読んでも理解できず、大人になって読み返して初めてその良さが分かったような経験はありませんか?そんな方々にオススメしたい作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ココロを届ける公務員、テガミバチの話。
薄暗さと危険を漂わせる、ちょっとメルヘンチックな夜の世界にて。
テガミバチは、手紙を引き受けたらどんな危険をも乗り越えて手紙に添えられたココロを届けなければなりません。

世界の不可思議、少年のあこがれと夢、冒険、差別社会の重圧。これらが程よく混ぜ合わされて良い雰囲気をかもしています。

世界観がしっかりしていて、それらが違和感無く読者に伝わるように描かれているのは作者の手腕を感じます。

これからの展開が楽しみです。
期待作なので星4つ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー